FC2ブログ

時事雑感 vol.8:とと姉ちゃんのこと

平成28年8月19日
最近のNHK朝ドラはビックリ・ポンのあさが来たを始め
ヒットの連発で、只今放送中のとと姉ちゃんも大人気に
て、タバコ屋も前回のあさちゃんのめざましい活躍以来、
毎朝TVにかじり付いています。
今は故人となりましたが、京都長岡京に在住だった叔父
がお勤め中はTVなんか見ない人でしたが、定年退職後
は当時の朝ドラにかじり付いていたのを思い出し、ああ
自分もそのような年になったのかと感慨深いものがあり
ます。
(関連記事:島のビックリポン酢開発 vol.4参照願います)
とと姉ちゃん2
さてこの物語は戦後荒廃した日本の日常生活を憂い、
衣食住にわたりその生活文化の検証と提言及び啓蒙
に多大な影響力を及ぼした雑誌「暮しの手帖」を創刊し
た大橋鎭子とそのパートナーだった花森安治が苦闘を
重ねた実話をもとにしていますよね。
(関連記事:アイビーで朝食を vol.1:いざ倉敷へ参照
願います)
とと姉ちゃん7
高畑充希(たかはた みつき)さん演じるとと姉ちゃんこと
小橋常子は幾多の困難を乗り越えて「あなたの暮し」と
いう雑誌を支えていくのですが、これは今風に言えば
生活情報発信誌とも言える斬新なもので、当時の生活
者、特に女性からは圧倒的な支持を受けました。
とと姉ちゃん9
只今ドラマは佳境に入りつつありますが、そのキモは
2つあり一つは雑誌に広告を載せないということで、広
告を載せるとそのスポンサーからの影響を受け記事内
容が歪められるおそれがあったからです。
二つ目は戦後当時粗悪商品の多かった時代にあって
メーカーに頼らず自社で商品テストを実施し、雑誌を通
じて読者に商品の優劣やその選択及び正しい使用法
を啓蒙したことでした。
暮しの手帖1
そのような熱き編集理念を実践した雑誌ですから当時
公平な情報など皆無に等しかった生活者から圧倒的な
支持を得たことは当然だったのかも知れません。
朝鮮戦争特需1
「暮しの手帖」が創刊されたのは昭和28年(1953年)で
すが、昭和30年代に入ると朝鮮戦争による特需により
日本が奇跡的な復興を果たし、高度成長を始めた頃で
白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫が3種の神器としてもては
やされました。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.1
参照願います)
零戦-11
話しはいきなり飛びます。戦争により完膚なきまでに破
壊された航空機産業は戦後アメリカにより、封印されて
しまった訳ですが、そのかわりに台頭してきたのがオク
ルマ産業で、行き場を失った多くの優秀なヒコーキ技術
者が心機一転、今まで培った技術を駆使して国産車の
開発、製造に乗り出すことになりました。
(関連記事:零戦の末裔参照願います)
アメリカンドリーム3
皆さん意外でしょうが、当時オクルマで世界最高峰の技
術と品質を誇っていたのはアメリカでした。2番3番はな
きに等しい状態でしたが、しいて言えば大衆車の分野で
イギリス、フランス、ドイツが続いていたくらいでしょうか。
つまり戦争により国力を消耗し尽くしてしまっていた各国
はオクルマをまともに作る力が残っていませんでした。
唯一アメリカだけはあれほどの戦争でもびくともせず逆
に戦後の一大繁栄を謳歌した訳です。
(関連記事:混沌と秩序 vol.3:流通編(後編)参照願い
ます)

しかし時間が経つにつれ、アメリカ以外の戦勝国も敗戦
国も徐々に国力を回復し、国産車の開発、製造により
急速に力を付け、果ては豊かな国アメリカへの輸出を
開始するに至りました。

奇跡の復興を遂げた日本も例外ではありませんでした
が、戦時中世界でもトップクラスの技術を誇った航空機
はともかく、オクルマでは欧米各国に比べ歴史と技術の
蓄積がなく、国産車とはいえお粗末なものしか作る能
力がなかったのです。
CG創刊号1-2
そのような時代背景のもと昭和37年(1962年)ジャーナ
リストの小林彰太郎氏を中心とするメンバーにより二玄
社からCARグラフィックが創刊されました。
その編集理念は「暮しの手帖」とよく似ており、厳正中立
な評論と豊富な海外レース情報を中心に、美しい写真で
紙面を飾るというもので、ややこじつけながらオクルマ版
「暮しの手帖」とも言えるものでした。
小林彰太郎1-1
ただ編集長の小林彰太郎氏はイギリス車の熱心な信奉
者であり、創刊当時から一貫してイギリス車はもとより
ヨーロッパ車は大絶賛で、一方国産車はボロクソという
評価でした。当時日本はそれだけの実力しかなかった
訳で厳正中立な評価と言う点では当然でした。
当時の国産車メーカーの技術者はCARグラフィックの記
事により随分悔しい思いをしたと思うのですが、それが
バネともなり、短期間で飛躍的な性能向上を果たすこと
になります。
つまり「暮しの手帖」が日常生活のバイブルならCARグラ
フィックはオクルマのバイブルであり啓蒙書でもあった訳
です。
(関連記事:アイビーで朝食を vol.1:いざ倉敷へ参照願
います)
CG2
その後、昭和40年代に入りタバコ屋が同志社大学自動
車部に在籍していた頃には誌名もCAR GRAPHICと改
められ、我々オクルマ好きのビンボー学生にとっても
バイブルとなっていきました。ただし当時かなり高価な
雑誌だったので常時は購入することが出来ず、今出川
キャンパスに程近い本屋のおじさんのハタキを覚悟で
立ち読みをさせて頂いたことは1度や2度ではありませ
んでした。
CG5 雑誌NAVI-4
やがてCAR GRAPHICは絶頂期を迎え、昭和59年(19
84年)には姉妹誌としてNAVIを創刊しました。
CAR GRAPHICがハードウエア主体の記事に対しNAVI
はソフトウエア主体の記事で、各界専門家の対談やエッ
セイ等、ユニークな記事が満載でした。
著作1
今は故人となりましたがヘタウマ漫画やマルビ・マルキ
ン等のおもしろ流行語を発明する等で有名だったナベゾ
画伯こと渡辺和博氏が「エンスーへの道」というタイトル
のコラムにユニークな漫画入りの記事を連載していまし
た。
著作4
ちなみに、今では当たり前となったオクルマ・オタクを指
すエンスージアストを略した「エンスー」という流行語は
渡辺氏が発明したものです。
(関連記事:島のスイーツ開発 vol.5:ナベゾさんのこと
参照願います)

「暮しの手帖」の最大の特徴であった独自の商品テスト
を行い公正な評価をするという点においてはCAR GRA
PHICでも自社で最新のオクルマを購入し長期テストに
よる性能の総合評価を実施していました。
ただとても高価な商品なので注目されている一部の車
だけを購入しあとはメーカー広報車を借り出してその性
能をチェックする現実的な方法を採っていました。
暮しの手帖3
さて現在です。商品は過剰なほど溢れ返りまたその品
質も戦後当時とは雲泥の差で向上しました。またそれ
を伝える雑誌等の情報も同様に溢れ返り、おまけに
インターネットという瞬時に世界を駆け巡る情報伝達手
段が普及するに及んで、「暮しの手帖」やCAR GRAPH
ICのような雑誌による情報発信は時代の役割を終えた
ように思います。両方とも存続しているものの、かつて
我々が熱病にうなされるように読みあさり、影響を受け
たそれらの雑誌は時代の主役ではなくなりつつあります。
(注:NAVIは平成22年(2010年)より休刊)

ただいくら時代が変わろうとも、生活者、消費者に正し
い情報を伝えたいという熱い理念は残るべきで、その
手段は雑誌ではなくインターネット(WEB)によって引き
継がれていきつつあるのだと思います。

時事雑感 vol.7:アベノミクスの是非

平成28年3月6日
ここ最近、円安の進行で、日本国内の輸出を主たる業
務とするオクルマ産業は莫大な利益を上げつつあり、
VWのディーゼル排ガス規制の不正問題等の追い風?
等もあり、トヨタは世界NO.1の座を勝ち得ています。
その波及効果で日本全体が景気良くなってほしいと
安倍総理も願い、タバコ屋も祈っていた矢先、どういう
訳か、その状況は一変し急激に円高が進行しつつあり
大企業の好業績を背景に日本の好景気を誘導すると
いう安倍総理の目論見は先行き不透明な状況になりつ
つあります。
安倍晋三首相5
安倍総理は野党のバッシングにもめげずよく頑張って
いらっしゃると思うのですが、僭越の極みながらタバコ屋
が仮にもし総理であるなら、大企業への他力本願ではな
く、自力本願での行政施策により、日本を好景気に導き
たいと思います。その施策とは何でしょうか。
ピラミッド3
それは「クフ王のピラミッド建設」プロジェクトなんです。
皆さんご存知のように、有史以前の紀元前2,500年以上
という気が遠くなるような昔、悠久のナイル川の恩恵を受
けた古代エジプトは、穀物(小麦)の生産によりその歴代
王朝に莫大な富をもたらした訳ですが、さてそれをどう使
うかという段になって、クフ王は考えました。ロールスや
フェラーリ?を何百台買ったって、たかが知れていると。
戦車1-1
最新の戦車(2輪馬車)だって周辺諸国最強の台数を揃
えており今の戦力で十分である。それよりもその莫大な
富を下層民に提供して(お給料として)ピラミッド作ったら
皆に喜ばれ、長期的な好景気循環みたいなシステム作
れるんじゃないだろうかと。それには短期間で出来てしま
うようなショボイ物ではだめで、完成に何十年もかかるよ
うな巨大プロジェクトでなければ経済効果が薄い・・・。

余談ながら、クフ王がどこの大学出たのか知りませんが、
こんな巨大プロジェクトを一人の思い付きで出来る訳も
なく、それを支えるテクノクラート集団がいた筈なんです。
具体的には、王の構想(コンセプト)を具体化する総合プ
ロデューサーから始まって、設計、施工、労務者管理、
経理、賄い、その他諸々のエキスパートが大勢いた筈
です。そもそもピラミッド建設はクフ王よりも数代前の王
から始まったようですが、その構想を王が言い出したの
か側近のブレーンが言い出したのか、今となってはミス
テリーの部分ではあるにしてもです。
ピラミッド1
クフ王は実践しました。しかしピラミッドは純粋な王墓で
はなかったと思うんです。それは公共事業プロジェクトの
モニュメントであり、副次効果として当時崇拝されていた
太陽神の象徴として空前絶後の巨大王墓兼神殿?とし
ての役割も果たすと言う、一石二鳥の大プロジェクトだっ
たと思うんです。
ご愛嬌にスフィンクスなどという可愛い脇役を添えたりし
て。まあ、仏教(真言宗)で言えば守護神の不動明王み
たいなもんでしょうが。
(尚、一般的な通説は王墓ということになっています。)
スカイツリー1-1
それにしても建設後4,000年も耐える建造物を作るなん
て凄いことだと思いませんか。東京スカイツリー、4,000
年後はどうなっているんだろう。
兵馬俑2
中国でも隋の煬帝(ようだい)が北方騎馬民族(当時は
突厥)の侵入に備えて万里の長城を建設したほか、大
運河の整備や兵馬俑で有名な巨大墳墓、始皇帝陵を
作ったりしましたが、数十万人に及ぶ労働者を奴隷とし
て働かせ、お給料は払っていなかったと思うんです。
従ってピラミッドのような公共性、普遍性はなかったと思
います。それが証拠に隋は煬帝の死と共に脆くも消滅し
てしまったじゃないですか。
仁徳天皇陵2
日本ではこのようなビッグスケールの公共プロジェクトは
少ないと思うのですが、古代では仁徳天皇の前方後円
墳が有名で、すべて人力であった当時ハンパではない
オシゴトだったと思うんです。また平城京とか平安京の首
都建設や大仏殿のような巨大建造物の造営が挙げられ
ます。
大阪城7
近世では普請好きだった豊臣秀吉が聚楽第を始め信長
の安土城コンセプトを一歩進め、戦国時代の集大成とし
ての巨大プロジェクト、大阪城の造営を果たしました。
大阪城を一言で言い表すならば、基本的には商人であっ
た秀吉の戦略思想、人生観をカタチにしたモニュメントだ
と思います。
大阪城2
余談ながら信長・秀吉時代から家康の治世に移行した
歴史的意味を申しますと、事業家、商人感覚の信長と
その遺志を引き継いだアグレッシブ感覚の秀吉に対し、
百姓感覚の保守性一点張りだった家康の世となり、徳
川260年の安泰は勝ち得たものの、その間日本はルネ
サンスに始まるヨーロッパ世界の急激な近代化という
潮流からは完全に取り残されてしまったというのが真の
日本史です。わかりやすく申しますと、信長・秀吉=ゼニ、
利害、得失、華美、先進的、片や家康=米、身分制によ
る上下秩序、質素、引きこもり、といった図式でしょうか。

蛇足ながら、巷間良く知られているお話でホトトギスを例
にトップリーダーの性格を言い表しているたとえがありま
すよね。「鳴かずんば」の後に続ける言葉として、信長=
殺してしまえ、秀吉=鳴かせてみせよう、家康=鳴くまで
待とう、ズバリその性格を言い得ていますよね。
では「鳴かずんば、諦めましょう」というリーダーの場合
はどんな評価となるんでしょうね。
鹿鳴館1
やがて明治維新と言う一大クーデターにより、徳川家に
とっては賊軍であり虐げられた薩摩(島津)と長州(毛利)
は積年の恨みを晴らすことにより皮肉にも世界史でも稀
な奇跡的近代化を果たすことになりました。
東京オリンピック7
話を、ピラミッド建設に戻します。
現代では戦後の高度成長時代の引き金となった東京オ
リピック、大阪万博による大規模な国家レベルのインフ
ラ整備が行われ、また今太閤とも言われた田中角栄首
相の列島改造論に基づく新幹線網の整備、及び全国レ
ベルでの砂防堰堤、防波堤の整備(いわゆる公共土木
工事)により日本全国コンクリート漬けになってしまいは
したものの、こと景気推進ということに関しては絶大な効
果を発揮して来たと思うんです。
リニアモーターカー3
さて、アベノミクスです。東京オリンピック開催が決まり、
それなりの一大効果はあるでしょう。またリニア新幹線
構想とその推進も景気を押し上げる大きい要因だと思
います。しかしアベノミクスの神髄は円安誘導によりまず
大企業の業績を向上させそれによる波及効果により景
気拡大を狙っている訳で、株価の下落等により円高にな
ればその目論見が怪しくなるという他力本願的な要素が
あると思うんです。

そこで、悠久のピラミッドまで遡る必要はないにしても、
国民が納得するような超巨大プロジェクトを立ち上げ、
その推進をすることで数十年に及ぶ好景気循環システ
ムを作ってはどうかと思うんです。

具体的には荒唐無稽なお話ながら、以下タバコ屋ミクス
プラン
をご提案したいと思います。
白き砂浜11-1
1.国土復刻プロジェクト
かつて田中角栄首相によって日本総コンクリート要塞化
された沿岸部をかつての白き砂浜、青き松原の状態に
復刻(レストア)する。ご存じのように沿岸部には大抵主
要道路が走っており、その保全の意味もあって防波堤
がある訳ですが、例えば道路を陸地側へ移し替え、また
道路のない海岸部は防波堤の必要もないと思うので壊
し元通りにする。(三陸地方等津波の心配が大きいとこ
ろは逆に防波堤を強化するのは当然ですが)
では壊したコンクリートの瓦礫はどこへ捨てるのですかっ
て?。それは簡単です。沖の海に投入して魚礁にすれ
ば減ってしまった魚がまた戻ってくると思います。
50年かかろうが100年かかろうがいいじゃないですか。
それにより新たな雇用が生まれ、国土が美しくなるんだ
ったら、何でも反対の某政党だって反論出来ないんじゃ
ないでしょうか。
(関連記事:夏の日の思い出 vol.1:プロローグ参照願い
ます)
原爆7
2.核兵器無力化プロジェクト
以前の記事でも書いたことがありますが、現在日本がい
くら核兵器を廃絶しようと世界に呼びかけても既に核兵
器を所有している5大国は真剣に向き合ってはくれず、
北朝鮮に至っては世界の良心を踏みにじるが如く更なる
核兵器開発に邁進するという暴挙に出ています。

こうなったら、日本の取るべき道は只一つ、核兵器ハン
タ~イなんて言ってないで、世界唯一の核被爆国として、
かつては日本国そのものが滅亡寸前まで追い込まれた
訳ですから、ここは毅然として実力阻止に出ようではあり
ませんか。即ち現在の核爆弾(原爆、水爆)を無力化して
しまうシステムを作ればいいんです。世界に冠たる日本
の優秀な頭脳を結集すれば出来ないことはないと確信
します。ニュートリノの研究もいいですけど、ここは国家
プロジェクトとして10兆円かかろうが100兆円かかろうが
最優先で取り組むべきです。そのお金は決して無駄には
なりません。その開発過程で無数の周辺技術が確立し、
例えば原発の危険性問題なんかも嘘のように解決する
かも知れません。だって核兵器の無力化ということは原
発を自在にコントロールする技術の確立と言うことじゃな
いですか。声を大にして言いたいです、東大、京大の優
秀な諸君、あれこれとっ散らかった研究しないで、今こそ
世界平和のために核兵器無力化の研究をせよと!。

それに対する研究者のモチベーションが必要だと仰るな
らば、簡単なことです。安倍総理が「今後我が国は核兵
器の無力化に関する研究に対し最大限の支援を致しま
す。」と一言仰ればいいんです。
(関連記事:時事雑感 vol.4:ヒロシマ・ナガサキ参照願い
ます)
海上基地4
3.祖国防衛のための基地は海上基地とせよ!
この提言は手前味噌ながら以前にも申し上げたことにて
多くを申しませんが、要するに陸上のしかも生活者圏内
に航空基地があるために諸々の難しい問題が起こる訳
で、それを移動可能な海上基地に換えればいいんです。
メガフロートもしくは軍事的にはMOBと言うそうですが、
何兆円かかったっていいじゃないですか。それで基地周
辺の生活者の困窮と危険が解消されるのであれば皆が
幸せモードになれますし、また海上基地建設ともなると、
そこには新しいテクノロジーと消費需要が生まれます。
だって一つの海上基地だけで3,000~5,000の人が生
活することになる訳ですから。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.3
参照願います)


以上3つの巨大プロジェクトの内、一つを実施するだけで
も自力本願による巨大なGDPと言う名の需要が発生する
訳で、為替や株価に一喜一憂しない日本国としての将来
基盤が出来ると思うんです。

タバコ屋手帳の読者の方で、安倍総理と親しいお方はい
らっしゃらないものでしょうか。いれば仲介のお世話を頂
き、このことを御提言申し上げたいと思うのですが・・・。

今回はNHK朝ドラのあさちゃんのカミヒコーキみたいな
飛んだお話にて島のタバコ屋もついに頭に来たかと思わ
れる読者の方もいらっしゃるかも知れませんが、体温計
では36度台ですし血圧も130前後にて発狂の自覚症状
はございません。

時事雑感 vol.6:VWの不正

平成27年9月22日
ゴールデンに対しシルバーウイークとは 中々憎い
ネーミングだとは思いますが、高度成長万博世代で
いつまでもやる気満々のタバコ屋としては、いつまで
休んでんねんと言いたくなるほど、逆フラストレーショ
ンの溜まる日々でしたが、皆さんはどのように過ごさ
れましたか。
まだ不確かな情報ながら、VW及びアウディがアメリカ
の排気ガス規制に関する検査で、ディーゼル車におい
て検査時のみ排気ガスの数値を有利にコントロール
するソフトウエアを搭載していたことが発覚したそうで
す。もしこれが事実とすればゆゆしき問題です。
VW1
ポルシェ博士が創業したVWと言えば創業以来一貫
して色気はないが誠実でウソのない技術一本槍の
メーカーとしてのイメージがありました。
アウディにしてもポルシェ博士の甥っ子のフェルディ
ナンド・ピエヒが社長になって、ど派手戦略を取るまで
は、地味で控えめな高品質メーカーのイメージがあり
ました。
ゴルフ7-1
ところがどうでしょう、親会社子会社の関係である現在
のVWとアウディが揃いもそろってアメリカに於ける排気
ガス検査時に数値が有利になるようなインチキシステム
を過去1,000万台以上に搭載していたとは驚きです。
その台数の多さからして、主力車種のほとんどのディー
ゼルエンジンが対象ではないのでしょうか。
VWディーゼルエンジン
何故このようなことが起きてしまったのでしょう。
他山の石と言ってしまえばそれまでですが、実は我が
トヨタでもつい最近売上げ世界一を焦るあまり、品質
管理がおろそかになり大規模なリコール(不良品無償
交換)が発生しました。片やHONDAでもドル箱商品
のフィットで開発を急ぐあまり事前テストの詰めが甘く
なり同様のリコールが頻発し、停滞を余儀なくされま
した。
プリウス1
現在VWグループとトヨタグループは販売台数世界一
の座を巡り激しいつばぜり合いを演じていますが、
トヨタは先般のリーマンショック時の大打撃等の苦い
経験から、今後はいたずらに販売台数を追うことは
せず品質最優先でいくことを宣言しました。
新型フィット20-2
HONDAはそこまでの宣言はしていないようですが、
かつて創業者の宗一郎氏が存命の頃、急成長して
いた時期にN360の欠陥車問題等で同様の苦い経験
をしており品質第一で来たはずです。しかし近年は
大企業病に陥り、その精神にほころびが出てきたの
かも知れません。
パサート1
それにしてもVWグループがデータ改ざんなどと言う
姑息な手段を使うとは夢にも思わず、米当局の単なる
いやがらせであってほしいところですが、もしこれが
事実ならば、2兆円以上!という天文学的な制裁金を
払わされ、その上刑事訴追を受けるということらしい
です。VWにとっては屋台骨を揺るがす一大事です。
世界企業であるVWが倒産することはないでしょうが、
株価は下がるはユーザーからは信頼を失って販売が
低迷するは、泣きっ面に蜂みたいなことになると思う
のです。販売台数世界一を狙うなんていうことを言っ
ている場合ではないんです。何故なら制裁金とリコー
ル費用を合わせれば3兆円くらいは必要でいくら世界
の優等生と言えども一気に大赤字となってしまうから
です。

オクルマ業界にかかわらず、すべての業界において
企業の社会的使命とは優秀な製品を製造または販売
することで顧客の生活文化の向上や購入の満足、喜び
を提供することであって、その結果企業は自ら大きく
なるのではなく、顧客によって大きくさせられるというの
が僭越ながらタバコ屋の考えるあるべき企業像です。
卑近な例で恐縮ながら、タケモトピアノのCMのように
顧客からもっと、もっと作ってチョウダイということにな
って、いやいやでも大きくさせられるのです。
新型プリウス6A
オクルマ業界では400万台クラブとか600万台クラブ
とかいう言葉があって、生産規模がそのレベルでない
と世界での生き残りが出来ないなどと浅学なマーケテ
ィング学者やビッグスリー等一部のメーカー首脳が考
えているようですが、タバコ屋は真っ向からその考え
に反対です。
新型プリウス10
独自の独創的で魅力的な技術を持ち、それを支持する
一定の顧客(ファン)を持っていれば、何も企業規模を
いたずらに拡大することはないのです。
ゆるやかな成長は必要でしょうが、規模追求のための
合従連衡は単なるコストダウンが待っているだけで
その企業の固有技術や文化は消滅してしまいます。
ヴィジヴ17
事実我が愛すべきSUBARUなどは元ヒコーキメー
カーにて、極めて地味なメーカーであったにも拘らず、
BOXERエンジンを始めとする独創的な技術を持ち、
スバリストと呼ばれる熱狂的な顧客(ファン)を持って
いるお蔭で、ちっぽけな(といっても巨大企業ですが)
生産規模にも拘らず世界の中で独自の立ち位置を
築きつつあることは皆さんご承知のことです。
ヴィジヴ10
また弱点だったデザインの点でもトヨタと親戚になって
からは急速にそのアカ抜け度を増しています。
SUBARUの社長のお言葉が素晴らしいと思います。
「当社はあまり多く作りたくないけど、お客様がもっと
作れというもので困っています!」と・・・。
FCVカー1
VWがそのようなことをやった理由は恐らく販売世界一
の座をトヨタから勝ち取るために焦った結果だと思うの
です。ご存じのように環境技術とハイブリッド技術及び
水素燃料技術ではトヨタに先行されており、VWの切り
札はディーゼル技術な訳ですが、排気ガスの浄化や
燃費でトヨタに劣るともろに販売台数に影響するので
秘かにインチキシステムを搭載したのではないでしょ
うか。それはインチキをするためのシステムではなかっ
たことを祈るのみですが、タバコ屋にはそれ以上のこ
とはわかりません。
トヨタFCV-13
ただタバコ屋にとって唯一関心があるのはゲルマンと
NIPPONとどっちが志が高いんや、と言うことだけです。
もちろんNIPPONと言いたいですよね。ゲルマン野郎
NIPPONを舐めるんじゃねーぞ。
FCEVコンセプト31
我がトヨタよHONDAよ、焦ることなかれ。企業の社会的
使命の原点に立ち返り、顧客に魅力的で安心な製品を
提供することだけを考えなさい。そうすれば顧客の方が
放っておくはずがなく、居ても立ってもおれずディーラー
に駆け込んで「それ下さい!」などと衝動的に叫んでしま
うと思うのです。販促活動なんかも最小限でいいんです。
もっと大切なことは、社長自身が一台一台に実印を押し
、愛着を持って世に出せているかどうかということです。
何も実印というのは銀行に行ってお金を借りる時だけ
に使用するものではありません。
ニュービートル1
多分、VWは社長がその実印を押す作業を怠った結果
だと推察しますが、この際わかっていないアナリストの
意見など聞く必要はなく、社長自身が再度自社製品に
実印を押せるかどうか検証すればよいだけなのです。

断片的な情報ながら、今回の事件は他山の石どころか
自山の石であり、いやしくも企業経営に携わっている方
や次期東京オリンピックのエンブレム迷走問題に象徴
されるように諸々の組織のトップに立たれている方の
姿勢が厳しく問われる出来事だと思います。

また更に言わせて頂くなら、今回の事件を契機にドイ
ツ勢が推進するディーゼルは信頼性を失って徐々に
失墜し、タバコ屋が以前から申し上げているように、
日本勢が推進するハイブリッド(HV)、さらにその発展
形のプラグインハイブリッド(PHV)が主流になってくる
と思うのです。日産のゴーンさんがお気に入りの電気
(EV)もありますが、意外なことに自動車の黎明期から
あった古典的システムにも拘らず、普及しないのは、
乗って楽しくないからだと思います。
多分PHVが主流となり、その後いよいよ次世代のエース
水素燃料電池車(FCV)のご登場ということになるのでは
ないでしょうか。

時事雑感 vol.5:エンブレム

平成27年9月5日
新国立競技場のゴタゴタに続いて、東京オリンピックの
エンブレムもトラブルとなり白紙撤回という無様な結果
となりました。タバコ屋はもとより皆さんも随分歯がゆい
思いをされたのではないでしょうか。
東京五輪エンブレム2
選定の経緯や責任をとやかく言う気はありませんが、
新国立競技場の時と同様、選定にあたっては日本を代
表するようなデザイナーや有識者が関わった筈なのに
このような事態になったことは残念でなりません。

日頃から日本のカーデザインについては、苦言を呈し
ているタバコ屋ですが、今回のエンブレムのデザインに
ついても一言意見を述べさせて頂きたいと思います。
アルファロメオ・エンブレム1
そもそもエンブレムとはシンボル、象徴のことで、具体
的には特定の人や組織、あるいは物を表現するための
図案を指します。厳密に言えば紋章とは異なりますが
近年では混同して使われている例が多くあります。
またエンブレムという言い方よりも、似たような意味の
ロゴマークと言った方が、一般的でわかりやすいと思い
ます。
ポルシェ・エンブレム2
従って特定のものを象徴的に表すエンブレムは、自己
証明書(アイデンティティ)を形にしたものなので、類似
のものがあってはならず、個性的であるべきで、また
ビジネスがからむ場合は商標登録をして盗用(パクリ)
を防止する必要があります。
また新規にデザインする場合は、過去の商標登録され
たものや、登録されてなくても一般に認知されているよう
なデザインは確認しておき、それと類似することを避け
なければなりません。

尚、余計なことながら、商標がらみで良く見かけるものに
®とTMのマークがありますよね。
R(レジスタードマーク)は特許庁で認められた登録商標
に付けられ、一方申請はしているもののまだ正式に商標
として認められていないものにはTM(トレードマーク)
付けられます。
(関連記事:アイデンティティ及び
ブランドに秘められたもの vol.2:外国車参照願います)
東京五輪エンブレム4
そのような常識はすべてわかっている方々が関わった
今回のオリンピック・エンブレムが何故ベルギーのリエー
ジュ劇場のロゴとそっくりなデザインを採用してしまった
のか。

肝心のデザイナーである佐野研二郎氏は盗用を全否定
していますが、その他の事例で次々に盗用や流用が明る
みに出て、抜き差しならない事態となり、採用辞退を申し
出、大会組織委員会がそれを受けて採用中止を決定した
という結果になったことは皆さんご存じの事柄です。
佐野氏に盗用の意図があったかどうかは別にしてそれを
採用した大会組織委員会と選定委員会にも責任はあると
思いますが、誰も責任を取らないようなので、ある意味
佐野氏は可愛そうな気もします。

白紙撤回により再度デザイン募集し、選定し直すという
いわば仕切り直しということなので、かなりの時間ロスと
発注済みのポスター等の廃棄による金銭の損害が出る
ことは当然ですが、今度は十分な吟味をして、NIPPON
らしい個性的なエンブレムを作って頂きたいと思います。
東京五輪エンブレム3
さて佐野氏が提案したデザインですが、タバコ屋は素人
ながら、コンピューターを駆使したいわゆるCG(コンピュ
ーターグラフィックス)であることは容易に想像出来ます。
CGそのものはデザイナーにとっては有力なツールで
あり、それを全面否定しようとは思いませんが、近年は
それに依存し過ぎて、またいろんな事例データの取り込
みや組み合わせ等が簡単に出来過ぎて、ついついこの
ような事例が起こりやすいのではないかと思います。

盗用騒ぎになる前は、佐野氏のデザインは、モダンで
力強いGOOD-DESIGNであると高い評価を受けていまし
た。しかしタバコ屋はいかにもCGを駆使した安易なデザ
インであり、あまり感動を覚えませんでした。

思うに、もっと自分の感性に素直に手書きのスケッチを
描き重ね、最後の最後でそれをCGに落とし込むという
ような地道な作業が出来なかったのでしょうか。
シエンタ1
話はうんと飛びますが、昨今の国産車デザインについて
どのメーカーもCGを駆使した複雑な曲線を多用し(タバコ
屋に言わせればチンケで無駄な曲線)逆に肝心な全体の
フォルムのバランスを台無しにしている例が多く、また
大切なエンブレムとも言うべきフロントフェイスもモデル
チェンジごとにくるくる変えて、そのクルマのアイデンティ
ティや固有のモチーフといったものはその都度使い捨て
状態となっています。
アウディA3コンセプト-1
悲しいです、何もメルセデスの引きつりオメメやアウディ
のパックリお口を真似なくてもいいんです。以前から申し
上げているように、NIPPONは面ではなく線の民なので
すから、線でも特に直線の民なんですから、直線を生か
したシンプルで品性のあるデザインは出来るはずです。
欲を言えば全体のフォルムがバランス良くしかも塊感の
表現が出来れば二重丸を差し上げてもいいと思います。
N-BOX・カスタム1
一番残念なのは、現在国内最大市場となっている軽四で
各社競ってチンケでグロテスクなオクルマの総合展示場
みたいになっています。
この際成長著しい新興国を視野に入れて、ワールドスタ
ンダードなボディサイズに修正し、シンプルなデザインと
最新のメカを搭載した新世界国民車を構想したらどうか
と思うのです。
VWワゴン6
具体的には、軽四ではハイトな1BOXでなければ軽四に
あらずという風潮ですが、いくら乗降が便利とは言えちょ
っと強い横風が吹いたら倒れそうな程、アンバランスな
縦横比を改め、1BOXと言うのであればあのグロテスク
な鼻づらをいっそボディで覆ってしまい、本当の1BOXに
すれば良いのにと思います。
N360-4.jpg
かつてのワーゲンが、ミニが、また日本ではN360が
果たしたあの役割を再びNIPPONのメーカーが果たし
てくれることを期待しています。そのさえあれば技術
大国NIPPONにとって実現は難しいことではないと思い
ます。
ヴィジヴ3-1
トヨタ、日産には申し上げても仕方がないですが、せめて
アバンギャルドのHONDAとSUBARUには独創的なメカ
もさることながら、独創的かつ持続性のあるモチーフを
伴ったデザインで世界に冠たるオクルマ大国のアイデン
ティティ
を示してほしいものです。

蛇足ながら写真はSUBARUのコンセプトカー「ヴィジヴ
ですが、シンプルで力強い躍動感に溢れており、また
SUBARUのアイデンティティである、特徴的なフロント
グリルはもとより、その中心部にはSUBARUのエンブレ
ムである六連星が光っています。
アイデンティティ(他とは違う自己の証明)と言うのは
こういうことを指すのではないでしょうか。
(関連記事:好みの基準 vol.4:品性とダイナミズム参照
願います)
スバルロゴ1
蛇足の付け足しながら、SUBARUはかつてのフォーク
歌手、高石友也のヒット曲「受験生ブルース」に似たとこ
ろがあり、「♪相手に優越感(期待感)与えておいて、後
でショックを与えるさ~」の一面があって、必ずしもこの
通りの市販車が販売される保証はありません。

今回のオリンピック・エンブレムの話題に関しデザイナー
である佐野氏及び大会組織委員会の志の低さを感じた
タバコ屋ですが、合わせて国産車デザインへの苦言と
なってしまいました。

余談ながら、新国立競技場問題、タバコ屋はイラク出身
のザハ・ハディド女史のデザインは独創的ながらお金が
掛かり過ぎなので没となったのは良しとしたいです。
ただタバコ屋の予想では2,600億円を2,000億円以内で
出来れば良いのにと思っていたら、1,550億円以内でや
るそうなので、国税を使う以上そうあるべきながら、極端
なダイエットとなり果たして中身は大丈夫かという要らぬ
心配をした次第です。

時事雑感 vol.4:ヒロシマ・ナガサキ

平成27年8月9日
核兵器廃絶への提言
広島、長崎にあの忌まわしい原爆が投下されて今年70
年目を迎え、両市で平和祈念式典が行われました。
その間、日本は唯一の核被爆国としてその廃絶を世界
に訴え続けてきましたが、核保有5か国は建前論に終始
し恫喝の武器としての核兵器を手放す気配はありません。
原爆1
祈りと平和活動で世界にその廃止を訴え続けている日本
ですが、かつての遠い幕末の時代アヘン戦争による敗北
を機に欧米列強に蹂躙された中国を間近に見た日本は
危機感を募らせ、尊王攘夷を声高に叫び始めましたが、
その間アメリカのクロフネが出現し大砲一発でその観念
論は消し飛び当時の幕府は世界最先端軍事技術の前
に為すすべもなく、開国に踏み切ったものの、攘夷のエ
ネルギーは余計に燃え盛り、それは革命運動に発展し
やがて明治維新に繋がったという歴史事実があります。
原爆2A
つまり、祈りは大切なことですが科学技術によって引き起
こされた困難な現実は、科学技術によって解決されねば
ならないというのがタバコ屋の考え方です。忌まわしい核
兵器は無力化によって廃絶しなければなりません。
原爆5
そんなことが出来るのならアメリカ、ロシア等がとっくの昔
に開発して新たな恫喝兵器として実用化しているよ、と言
った議論があります。しかしそうではありません。小さい
国の国家予算に匹敵する膨大なお金をかけて開発して
来た核兵器(原爆、水爆)をそうたやすく無力化すること
にお金をかけることにはためらいがあると思うのです。
また核兵器製造には巨大なシカケが必要であり、国営
にしろ民営にしろそれに関わる産業もハンパではなくそ
れを否定するような装置を開発することには大きな抵抗
が起こるのは間違いありません。
原爆4
核兵器の無力化、これは唯一被爆の経験国であり、また
真に世界平和を願いつつも世界に冠たる科学技術を持
つに至ったNIPPONが成すべきことなのです。今は祈りと
ともに最先端の科学技術をもってこの困難な現実を解決
すべき時です。
H2Bロケット8-3
科学には門外漢のタバコ屋ながら、日本は世界で唯一
それが出来ると確信しています。何故ならばかつて第二
次世界大戦で完膚なきまで破壊しつくされた中、零から
の出発で自動車産業を起こし、今や世界のトップリーダ
ーの地位に上り詰めました。また破壊どころかアメリカ
により封印されてしまった航空機産業も今後再び世界の
トップクラスに返り咲くことは間違いありません。宇宙分
野においても徐々にその道を歩みつつあります。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.2
初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.3
及び零戦の末裔参照願います)
LED-5.jpg
昨今では青色発光ダイオードの発明に端を発したLED
世界の照明を変えつつあり、日本の英知によってもたら
された平和技術が世界中の人々に福音を与えつつあり
ます。日本の科学技術者にとってやるべきことは山ほど
あるでしょうが最優先で取り組むべきこと、それは核兵器
の無力化技術
だと思います。
原爆6
具体的に言えばある種の移動物質(レーザー、マイクロ
波、ニュートリノ?等)を核兵器に照射することにより事
前爆発を起こさせるか、または内部機構を破壊する装
置を開発することです。尚爆発させても核反応は起こり
ませんからご安心下さい。実際の照射は、核兵器の製
造工場、貯蔵庫、発射場等へ行う場合と、飛行している
ミサイルに直接照射する場合が考えられると思います。
原爆7
ただこの場合は、対処療法と言いますか、核兵器を破壊
するという考え方なので、これはこれで大変な技術が要
求されると思いますが、核物資を根本的に無力化すると
いうことではありません。
究極の無力化とは主原料である濃縮ウラン等を核反応
しない安定物質に変えてしまうことなのです。これが出
来れば核兵器の根本無力化はおろか、原発の使用済み
燃料の無害化や稼働中の原発の安全性が飛躍的に高
まり、原発にまつわる種々の解決不可能な問題は一気
に解決することになります。
もっと言うならば、人為的に濃縮した物質の原子を人為
的に分裂させたり融合させたりして副産物として膨大な
熱と放射性物質を生み出しているのですから逆に放射
性物質にある物質をくっつけるか、化学変化させて放射
能を出さない安定物質に変えてやればいいのです。
荒唐無稽な話ながら研究すれば必ず出来ると信じます。
わかりやすく言えば、燃料として危険なガソリンも、水や
他の燃えない物質に化学分解してしまえば安全という訳
です。現にオクルマ業界では水素を燃料とし水と電気に
分解して走るFCV(燃料電池車)が実用段階にきている
ではありませんか。
(関連記事:EとHの相克参照願います)
米海軍空母1
タバコ屋は原子力を無くせとは言いません。それを無力
化する技術を我がNIPPONが開発し、恫喝の武器として
使用しようとする国に対してはそれが空しい努力だと悟
らせ、原子力は大型艦船の動力源や原発等の熱源とし
て大いに活用し、その後処理も安全に出来るという夢の
ような世界をNIPPONの科学技術によって成し遂げるべ
きだと考えます。
MAZDA787B-5A
世界で唯一の被爆都市である広島と長崎、二つの都市
は見事に復活を遂げ更なる発展をしつつあります。広島
にはMAZDAというユニークなオクルマメーカーがありま
すが、かつて世界中の誰も実用化出来なかったロータリ
ーエンジンを苦難の末実用化し、世界最高峰のスポーツ
カーレース、ルマン24ではNIPPONの自動車メーカーで初
めて、総合優勝という栄冠を勝ち取りました。MAZDAの
テストコースには故山本健一社長が残した「飽くなき挑戦
という言葉を刻んだ石碑があるそうですが、核兵器の無
力化は世界中の誰も出来ないにしても、NIPPONならば
やれると思います。その最困難な研究が広島の地でスタ
ート出来ればなおさら感慨深いものがあると思います。
(関連記事:荒ぶる心 vol.4:栄光のルマン参照願います)
長崎出島1A
一方長崎にしてもかつての鎖国時代、外国との唯一の
窓口として日本にもたらした西洋(オランダ)文化の重大
さはその後、アジア唯一の近代化を成し遂げた日本の原
動力になったことは言うまでもないことで、その歴史と素
地のある長崎の地で、核兵器の無力化技術に取り組む
科学者や研究組織が現れてもいいような気がします。
IMG_0886-1.jpg
また広島、長崎とは逆に第二次大戦中唯一空襲を免れ
た古都、京都は世界で最も人気のある観光都市という
表の顔とは裏腹に京セラを始め世界に冠たるハイテク
科学技術の集積都市という側面を持っており、京大を中
心とする最先端の研究環境がある中で、官民あげて核
兵器の無力化への研究は出来るはずです。
(関連記事:校長先生西瀬戸を行く vol.1:中島編及び
校長先生の見果てぬ夢 vol.1:プロローグ参照願います)
D:クラーク記念館2-1
手前味噌ながらタバコ屋の母校同志社大学にも一枚噛
んで欲しいのですが、そうなれば創始者新島襄、八重夫
妻も泉下から諸手を上げて喜んでくれることでしょう。
同志社の設立理念である「良心の全身に充満したる丈夫
(マスラオ)の起こり来たらんことを
」と願うのは新島襄だ
けではないと思います。
(関連記事:八重のこと vol.1及び八重のこと vol.2参照
願います)

当然、研究開発には膨大なオカネも掛かるでしょうが、
それは誰が出すの?と言えば安倍さんが出せばいいん
です。究極の世界平和と福音に繋がる尊い研究に対し、
野党の方々も無駄遣いだと仰る方はいないと思います
が、いらっしゃるとすれば議員バッジを付ける資格はな
いでしょう。
サターンⅤ型ロケット6-1
かつてケネディ大統領は70年までに人類を月に送り込ん
で見せると豪語しました。その時点では何の科学技術的
な裏付けはなかったそうですが、ソ連にボロ負けで悔しさ
のあまりハッタリ半分で言ったことは有名な逸話ですよね。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.3参照
願います)
安倍晋三首相5
安倍総理も、真に平和を願い世界のリーダーシップを取
って行かねばならないお立場ゆえ、ここはハッタリ半分で
もいいから「今後NIPPONは核兵器廃絶のための科学技
術を確立します
」と宣言すればいいんです。核保有5ヶ国
は嘲笑とともに苦々しく受け止めるでしょうがその他の平
和を願う多くの国々は賞賛と尊敬をもって拍手喝采だと
思います。ああNIPPONこそ呪われた核兵器を無力化し
世界を真の平和に導く救世主であると。
HONDARA270-1
かつてHONDAも創業者本田宗一郎氏がリンゴ箱の上に
立ち「我社は世界最高峰のレースであるF1に挑戦する」
と宣言したそうですが、その通りになりました。
(関連記事:鈴鹿サーキットのこと vol.2:発展期参照願い
ます)
F1マクラーレンホンダMP4・6-16C
再挑戦中の今は大苦戦をしていますがかつてはマクラー
レンと組んで世界中を席巻し、HONDAエンジン以外では
F1で勝てないと言わしめた時代もありました。
(関連記事:鈴鹿サーキットのこと vol.4:絶頂期参照願い
ます)
安倍晋三首相3
安倍総理も、リンゴ箱の上には立たなくて結構ですが、
どうしても箱が必要であれば希望の島のみかん箱を差
し上げますので、その上にお立ち下さい。その上で
NIPPONは核兵器廃絶を具体的な科学技術をもって
実現します
」とただ一言宣言すればいいんです。

その毅然たる姿勢が、かつて滅亡の危機に立たされな
がらも奇跡の復興を遂げ、世界をリードする科学技術大
国となったNIPPONの矜持というものではないでしょうか。

ショウバイ人であるタバコ屋はついオカネのことが心配に
なりますが、何百兆円かかろうともそれは実現すべきで
それが実現した暁には世界中の尊敬とプレステージが
NIPPONに対してより高まると共に副次的には核兵器無
力化と原発の安全化技術を世界中に輸出出来ることに
なり「NIPPONは核無力化技術でガッチリ!」などと打算
的な空想が浮かんだりもします。頑張れNIPPON!

広島、長崎の平和祈念式典を迎えるにあたり、タバコ屋
の妄想を一言述べさせて頂きました。

時事雑感 vol.3:安倍総理の決断

平成27年7月17日
今回の11号台風、去年の大水害の悪夢の再現にならない
ことを祈っていましたが、無事通り過ぎてくれました。
ヤレヤレです。それはともかく新国立競技場の建設に関し
て昨今大騒ぎとなりつつありましたが、本日安倍首相より
声明が出されました。
安倍晋三首相3
「現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで計画を見直す
そうです。首相は遠藤利明五輪相と下村博文文部科学相
に新たな計画づくりに着手するよう指示し、これを受けて
下村氏は「コンペをやり直す。半年以内にデザインを決め
る」と述べたそうです。

う~ん、英断じゃないですか。普通はあれやこれや調整を
して何とか落としどころを探ると言うのが常道だと思うので
すが、そういうモヤモヤをスパッと切捨てゼロからやり直す
という決断、タバコ屋は単純ながら爽快なものを感じました。

ただし、別の見方では、あれこれ落としどころをさぐったけど
落とせなかったので、仕方なく開き直ったとも見えますが、
真相はタバコ屋レベルではわかりません。
安倍晋三首相7
選考委員長の安藤忠雄氏の答弁なんかは、なにやら言い
訳がましく歯切れの悪い印象でしたが、安倍総理の鶴の
一声で、やり直しと決まった訳です。
その時仰ったのは「国民、アスリートから大きな批判があ
った。このままではみんなで祝福出来る大会にすることは
困難と判断した。」と述べました。

そうなんです。みんなで祝福し、喜び合う、それこそオリン
ピックを再び日本でやる意義があるというものでしょう。
文句たらたら、不平不満の渦の中でやることなんか全く
意味がないとタバコ屋は思います。現実的には森元総理
がオリンピック招致の偉いサンでもあり、あれこれ実力者
として動いているのでしょうが、森氏も安藤氏もここへ来
てにっちもさっちもいかなくなったと言うのが本音ではない
でしょうか。
安倍晋三首相5
世界に冠たる匠の国NIPPONゆえオリンピック開催までに
は必ず素晴らしく、建設費も妥当な新国立競技場が出来る
と確信しています。いざとなったらゼネコンさん儲けゼロでも
いいじゃないですか。だって国の威信を掛けたプロジェクト
なのですから。鹿島さん、清水さん、「当社は儲けは度外
視してNIPPONのために働きます」と何故言えないので
しょうか。それくらいのプライドと志を持てませんか、タバコ
屋だって持っているくらいですから。

時事雑感 vol.2:新国立競技場

平成27年7月16日
皆さんご存じのごとく2020年東京オリンピック用のメイン
スタジアムになる新国立競技場の建設を巡って、すった
もんだの大騒ぎになっていますよね。モメゴトの要点は
当初予算1,600億円余りに対して、どうも2,500億円以上
掛かりそうだということがわかり、いったいどないなって
んねん、金ないぞーということだと思います。
新国立競技場1
そもそも計画の当初は現代の売れっ子建築家の一人で
ある安藤忠雄氏を委員長にした国際デザインコンペにて
イラク出身の女性建築家、ザハ・ハディド女史の作品が
採用されたことに端を発します。

新国立競技場3

その作品は、スターウオーズの場面でも違和感がないよ
うな曲線を多用したモダンなものでした。安藤忠雄委員長
のもと、多くの応募作の中から彼女のデザインが採用さ
れたまでは良かったのですが、さあ建設と言う段になって
ゼネコン泣かせのとても難しい構造により建設見積がべら
ぼうに膨らんだというのが実情のようです。
安藤忠雄1
あれこれの意見がメディアを賑わせているようですが、タバ
コ屋の雑感としては、デザインコンペでプロフェッショナルの
安藤忠雄氏が委員長であったのならば、当初から予算は
決まっていた訳ですから、デザインだけでなく建設費用に
ついても実務考査されてしかるべきで、予算範囲に収まる
デザインの中から選出すべきであったことは明白です。
ザハハディド2-1
それ以上費用が掛かると言うのであればそれは設計者た
るザハ・ハディド女史に責任があると思いますし、デザイン
と建設費用は別物だと言うのであれば、その作品を選出
した選考委員会の長である安藤忠雄氏に責任があると
思います。
日露戦争3
安藤氏のことをとやかくは言いたくありませんが、一例で
すとタバコ屋の所属する松山市の中心部に司馬遼太郎
さんの小説「坂の上の雲」を記念して建設された「坂の上
の雲ミュージアム
」という施設があります。
坂の上の雲ミュージアム1
これが安藤忠雄さんの設計なんです。見た目は大変モダ
ンですがタバコ屋に言わせれば、外観はもとより内部も
奇をてらったチンケなデザインにて非常に見学しずらい
というか落ち着かないレイアウトになっています。
坂の上の雲ミュージアム3
故に、今回の新国立競技場のデザインコンペにしてもそう
いう奇をてらったチンケなものが選定された(うがった見方
をすれば安藤さん好みのもの)可能性も無きにしもありま
せん。
アウディ80-4-3
前回の記事のジウジアーロ氏を引き合いに出すのは筋違
いかも知れませんが、その点、ジウジアーロおじさんは顧
客の求めに応じ、コストや生産方法のことも熟慮した上で
デザインを起こしており、世界中の顧客から絶大な信頼を
得てきた訳です。一方ザハ・ハディド女史は今迄も「建てら
れない建築家
」という有難くないニックネームを拝命してい
るそうでその辺の実務考慮が全く足りていないと思います。
また選りによってそれを採用した安藤忠雄氏にも大きな責
任があると思うのです。
アウディ80クワトロラリー2
蛇足ながら、2枚の写真は若き日のジウジアーロ氏がアウ
ディ社のためにデザインしたアウディ80・90クワトロクーペ
で、ここだけのお話ですが、神田明神下の某氏はこれの
セダンヴァージョンを昔日に御愛用されたそうです。何と
も羨ましい限りですが多分、アウディ元御旗本のミシェル・
ムートン女史も喜んでくれていることでしょう。
デルタインテグラーレ26
余分なおせっかいながら、同じく直線の魔術師ジウジアーロ
おじさんの作品である、ランチアデルタHFインテグラーレに
も同様のデザインモチーフが活かされています。
初代レジェンド-1
どうでもよいことながら、この頃ジウジアーロが発案したのか
どうかわかりませんが、フェンダーの膨らませ方として写真
のブリスターフェンダーが流行っており、タバコ屋のかつて
の愛車、初代レジェンドにも採用されました。
新国立競技場2
新国立競技場のお話に戻りますと以上の結果として今回
のような大騒ぎになったように思います。
タバコ屋の私見としては、今回のデザイン(確かにインパ
クトはあると思います)はもうキャンセルするには遅すぎる
でしょうから、基本デザイン(コンセプト、モチーフ)はその
ままとし、プロフェッショナルである安藤忠雄氏が予算内に
収まるか、もしくは周りが納得する範囲の追加予算内
(タバコ屋の予想では2,000億円)で収まるようデザイン
修正するべきだと思います。選考委員会の責任において。

オクルマの世界ではデザイナーが提案したプロトタイプ
デザインに対し、最終製品は生産性等を考慮しかなり
修正されるというのはよくある事例じゃないですか。
皆さんはどう思われますか・・・。
例えば良し悪しは別にして直近のSUBARU-WRXとか。

時事雑感 vol.1:ジウジアーロ氏のこと

平成27年7月7日
本来なら今日は七夕ですよね。織姫と夏彦(牽牛、彦星)の
悲恋の物語もまた天の川にまつわるロマンティックな伝説
物語として、皆さんご存知のストーリーです。
(関連記事:博多・熊本巡礼 vol.1:大宰府界隈
参照願います)
ジウジアーロ3
さて、本日タバコ屋が入手した情報によれば、オクルマ業界
で世界的な巨匠と言われている(タバコ屋流に言えば現代の
ミケランジェロ、またはダビンチと言われる)ジウジアーロ氏
が自ら率いてきたカロッツェリア・イタルデザインの総帥の座
を退き、後は悠々自適の生活を送る旨、発表されました。
ジウジアーロ2
蛇足ながら、近年カーデザインは大手自動車メーカーが自社
でデザイナーを構えて、カロッツェリア等、外部デザインに
依存しない傾向にあり、従ってデザイン専門屋は食えなくなっ
てしまいました。イタルデザインは喜ばしいのか悲しむべき
か、VWグループの丸抱えという形で生き残りに成功した訳
ですが、ジウジアーロ氏にしてみれば、独立系でいた時の
様に、何でも自由にやれた時代は過ぎ、何かと窮屈な思いを
したんだと察しますが、この度イタルデザインの総帥の立場
を辞して、後は悠々自適に生きたいとのお考えのようです。

正直、タバコ屋もそんな人生を歩めたら幸せだと思います。
クオリティオブライフ、これがタバコ屋の究極の目標ですが
日本語でわかりやすく言えば、自己実現と言うのでしょうか。
もっとわかりやすく言えば、自分の信念に従い人生を全うし
一定の成果を得た後は悠々自適の晩年を送ると言う形です。
(関連記事:好みの基準 vol.6:セカンドカーのこと
参照願います)

それはさておき、タバコ屋お気に入りのジウジアーロ氏が
デザインした、かつてのオクルマの一部をご紹介し、彼への
惜別のエールとするのも悪くはないと思います。以下、彼の
作品の中からタバコ屋好みのオクルマをご紹介致します。
アルファロメオ1300GT-11
1.アルファロメオ・1300GTジュニア
ジウジアーロがベルトーネ在籍時代の作品です、昭和42年
当時としては高性能な直4DOHC1600ccエンジン、5速トラ
ンスミッション、4輪ディスクブレーキなどの最先端技術が
採用されていました。日本ではまだモータリゼーションの黎明
期であり、一部の俗福なマニアに支持されたに留まりました。
(関連記事:GTのお話 vol.2参照願います)
いすず117クーペ8
2.いすゞ117クーペ
昭和43年に発売されました。トヨタ2000GTが発売された翌年
ということになります。メカニズムは後輪駆動でエンジンは
水冷直列4気筒の1600ccDOHCで、サスペンションは前輪
ダブルウィッシュボーン、後輪リーフスプリングリジッドの
やや保守的な構成でした。最大の特徴はそのボディスタイ
リングにあり、流麗な4座クーペボディは当時イタリアのギア
社に在籍していたジウジアーロのデザインで国際デザイン
コンクールで大賞を受賞した作品でもありました。その惚れ
惚れするようなラインは当時の国産技術ではプレス加工で
の再現が難しく半ばハンドメイドでの生産でやっと発売に
こぎ着けた経緯があります。
ギャランサザンクロス
3.ミツビシ・ギャラン
ギャラン、タバコ屋世代にとっては懐かしいネーミングです
よね。発売は昭和44年で、タバコ屋が同志社大学自動車部
に入部した年です。当時国産他メーカーはメリハリに欠ける
ダルい!デザインだったのに対し、ミツビシはジウジアーロ
に依頼し、ウエッジを効かしたモダンなデザインを採用しま
した。ブルーバード510ほどの爆発的ヒットとはなりませんで
したが、それなりの存在感はあったと思います。写真はその
ギャランをチューンアップしたワークスラリーカーでオースト
ラリアで開催されていたサザンクロスラリーに出場しました。
名手A・コーワンのドライブにより見事優勝を飾ったことが
懐かしく思い出されます。
尚、フロントのデッカイ水中メガネみたいなものは、シビエの
ドライビング補助ライトだと思うのですが、ワークスチームが
使用するこのようなアイテムに対し、当時の若者は理由も
なく憧れたものです。
(関連記事:復刻と改造参照願います)
初代ゴルフ2
4.初代VWゴルフ
VWは長らく主力車種であったビートルの後継として全く新し
い大衆車を開発することとなり、昭和49年ジウジアーロの
デザインによる初代ゴルフを発売しました。当時新しいトレ
ンドとなりつつあった前輪駆動、横置きエンジン、2BOXスタ
イル(トランク部なし)を採用した新しい時代を告げる進歩的な
オクルマでした。ゴルフはそれ以降世界的なベストセラーと
してオクルマ業界を席巻し、各自動車メーカーの教科書とな
りました。これ以降、デザイナーのジウジアーロ氏のことを
直線の魔術師と呼ぶようになりました。(ただしそう呼んだの
は、タバコ屋だけかも知れませんが)
(関連記事:GTのお話 vol.2参照願います)
デルタインテグラーレ11
5.ランチアデルタ・HFインテグラーレ
昭和49年に発表されたVWゴルフが非常に大きな人気を博し
ており、2BOXカーの流行に沿って開発されました。スタイリ
ングはゴルフを手がけたジウジアーロが担当し、昭和54年に
発売され、ランチア初のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを
受賞しました。VWゴルフにも共通する直線を基調とした四角
いハコ型でした。デルタをベースとしWRCに打って出るため
にハイチューンしたモデルがインテグラーレで、WRCでは不
滅の6連覇という偉業を達成した歴史に残る名車でした。
(関連記事:好みの基準 vol.2:愛車変歴参照願います)
デルタインテグラーレ・WRC1
チューニングはアバルト社が担当していましたが、HFインテ
グラーレの前身のS4の時代は車両の改造許容範囲が大き
く高性能になりすぎて事故が多発したため、より市販車に近
い規定に変更されました。その規定にそって開発され、大活
躍したのがHFインテグラーレでした。
パンダ1
6.フィアット・パンダ
このオクルマは、当時経営状態が芳しくなかったフィアット史
上初めて、開発を全面的にジウジアーロのイタルデザインに
丸投げし、昭和55年に発売されたモデルです。製造コストの
低減のため、すべての窓を平らな板ガラスとするなど、ボデ
ィーは直線と平面による構成で、パッケージングの鬼才と
言われるジウジアーロらしく簡潔ながらもスペース効率にも
優れたスタイリングでした。
これ以降、デザイナーのジウジアーロ氏のことを平面の魔術
師と呼ぶようになりました。(ただしそう呼んだのは、恐らく
タバコ屋だけだと思います)
蛇足ながら、パンダは当時フィアットが中国市場をターゲット
にした大衆車だったためその中国にちなんでパンダと命名した
そうです。日本で言えばスズキ・アルトといった位置付けです。
ブレラ5
7.アルファロメオ・ブレラ
彼の偉大なところは、単なるモーターショー向けのコンセプト
モデルデザイナー(画家、彫刻家)ではなく、大量生産向け
オクルマのメカと生産工程をよく理解した上で、それに斬新
なデザインを施し、数多くのヒット作品を生み出したところに
あります。
写真は今から10年前の平成17年と比較的最近発売された
アルファロメオ・ブレラで、タバコ屋の大好きな塊感の表現は
十二分ながら、残念なことにスパゲティの国のオクルマは
フェラーリを除き日本ではあまり人気がなく、売れたと言う話
を聞いたことがありません。
ただ、いくら天才であっても油の乗り切った絶頂期とそうで
ない時期や、得意不得意の分野があると思うのです。
ジウジアーロの場合はイタルデザイン社を立ち上げて以降、
今日まで第一線で活躍したのですが、タバコ屋の私見では
近年の作品にはやや往年の輝きが感じられなくなっていま
した。恐らく組織が大きくなるに従い、ジウジアーロ個人の
センスが十分生かされなくなってきたのだと思います。
アウディnanukクワトロコンセプト8
8.アウディ・ナヌーク・クワトロ
ジウジアーロ=イタルデザイン社がVWグループに吸収され
て以降、つい最近の作品ですが、VWグループ、アウディの
SUVコンセプトモデルです。
アウディnanukクワトロコンセプト11
多分、アレンジされて近々発売されると思います。タバコ屋
的には、近年のジウジアーロ作品では評価出来る唯一の
デザインではないでしょうか。それ以外は見るべきものがなく
なってしまいました。それともVWのもとで活動はしていながら
名前は表に出ないのかも知れません。いずれにしろ、一つの
時代が終わりつつあるように思います。
(関連記事:沖縄巡礼 vol.4:気がかりなこと参照願います)
アウディクワトロコンセプト7
以上のごく限られたジウジアーロの作品を見ると、初期は
曲線を多用し、それ以後は直線を生かしたデザインが多く
見られます。また近年は直線と曲線を融合させたデザイン
へと変化しているように思います。いくら独創的な造形とは
いえ、時代ごとのトレンドはうまく取り入れているのは流石
です。
      
D4-1-1.jpg

9.ニコン一眼レフカメラ・D6等
ジウジアーロは工業デザイナーとしても活躍しました。鉄道
の車両デザインをはじめ椅子、ヘルメット、自転車、等々多
岐にわたりました。わかりやすいものとしてはニコンのカメラ
でしょうか。一眼レフはメカの制約があり自由にデザインする
と言う訳にはいかないでしょうが、それでも各部にジウジアー
ロらしいモダンなセンスが感じられますよね。マクラーレンの
ロゴにも似た赤いラインなど中々渋いです。タバコ屋は長年
キャノンを愛用して来ましたがデジタルに移行して以来、写り
が暗いので最近はニコンに切り替えつつあります。
尚、それ以上の詳細についてはカメラおたくの平尾センセに
お聞き願いたいと思います。また神田明神下のSUBARU-
WRXのオーナー氏に至っては、写真家の秋山庄太郎氏の
元お弟子さんだったので、もっとお詳しいと思います。

またジウジアーロ及びイタルデザインの特徴は顧客の求め
に応じて、カーデザインに留まらず工業製品全般を手掛け
たことで、その最大のお得意さんは我が日本だったように
思います。つまり日本とは大変ご縁が深いデザイナーだっ
た訳です。

ちなみに今回は取り上げませんでしたが、トヨタ・カローラや
アリスト、いすゞピアッツァ、ジェミニ、スバルアルシオーネ、
果てはダイハツ・ムーブに至るまでジウジアーロおじさんの
お世話になってきたことを申し添えます。

★★島のタバコ屋の独り言★★
【7月31日:ああ創業100年】 島のタバコ屋、即ち富永呉服店が創業100年を迎えたことは先般お伝えした通りですが、皆さんよくご存知の世界的宇宙物理学者、故ホーキング博士によれば、100年なんて宇宙的時間軸で言えば、一瞬のまばたきに過ぎない訳で「島でのことも夢のまた夢」ということになりましょう。それはともかく4才の頃から道端の草にも「コンニチハ」なんて愛想を振り撒いて来たタバコ屋にしてみれば「店は客のためにある!」以上、未来永劫、店の続く限りそのテーゼを実践し続けるしかないのです。京都で300年続く老舗料亭、老舗呉服問屋もその志があったのかどうか、お聞きしたことはありませんが、当らずとも遠からじではないでしょうか。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる