FC2ブログ

農業とレストア vol.2

平成25年1月30日
タバコ屋がかつて過ごした同志社大学自動車部の一期
後輩で、長身、筋肉隆々、頭脳明晰と三拍子揃ったO氏
は、キャプテンも務め、卒業後は出身地の東広島市に
に帰りました。
東広島市は旧西条町が中心で賀茂鶴など昔から酒処
として有名で、また近年は広島大学、近畿大学等が当
地へ移転し、現在は学園都市として20万人近くの人口
を擁する雄市に発展しています。

そこの企画課(多分)に永年お勤めで、地域おこしに随
分尽力されたとお聞きしています。さしづめ、東広島版
山本覚馬といったところでしょうか。
ただし覚馬氏とは異なり、チャーミングな京女の正妻殿
がご健在で後妻さんをもらったという話は聞きません。
(関連記事:八重のこと vol.3参照願います)
東広島市2
東広島市(西条町)の遠景です。随分大きな町ですよね。
実はタバコ屋の次男も市のはずれの高屋というところに
ある近畿大学工学部でお世話になりました。
パチンコパーラー1
訪問した時に昼時となりパーラー大学と書いてある看
板があったのでてっきり大学関係の食堂だと思い、飛び
込んだら、そこはパチンコ屋だったという笑えない話が
ありました。タバコ屋の恐ろしい思い込みで、パーラー
ならカレーくらいは食べられるだろうと思ったのでした。
東広島市3
倅のところへ行った時、多分O氏がお勤めになっている
であろうと思いつつ会釈しながら?通過した東広島市
役所です。立派な建物でいきなり訪問するのには気が
引けました。

そのO氏なら地域おこし等に携わったと思うので、よく口
にし、耳慣れもした言葉だと思いますが「環境整備」とか
「環境保全」というようなややカタイ言葉についてです。
まず環境整備についてですが、お役所や企業等では、
地域や企業内のインフラ整備(道路や公園や建物、工場
等の整備)のイメージがあります。
タバコ屋流の環境整備とは、まずいるものといらないも
のを分別し、不要なものを捨て去りどうしても必要なもの
だけを残す。次に残ったものを徹底的にきれいに磨き
(または修復し)大切に長く使えるようにする。これが定
義です。(尚いらない物とは3年以内に使う予定のない
ものを指します)
次に環境保全についてですが、O氏なら詳しく知っている
はずで、国が補助金を出し、国土や農地の保全を図る
といった意味に使われていると思いますが、タバコ屋流
の環境保全とはみかん畑等園地の維持管理又は修復
(レストア)を指します。

お堅い話は退屈でしょうから、わかりやすいお話にしたい
と思います。前回の記事で素人のタバコ屋がみかん畑
の管理といよかん栽培に挑戦することになり、無知ゆえ
の困難さに音(ね)を上げつつあることはすでに述べまし
た。そこで一度タバコ屋はどうしたいのか、またどうすれ
ばいいのかということを考えてみたいのです。
大浦湾遠景3
話は飛びますが、遠く700年昔の南北朝時代、中島は
南朝方として瀬戸内海の覇権を握り、最も栄えた忽那
(くつな)水軍の時代がありました。
栄華は200年程続きましたが、戦国の世も終わりその後
秀吉に逆らった忽那水軍は伊予松山の河野氏とともに
攻め滅ぼされ、それ以降は二度と歴史の表舞台に立つ
ことはありませんでした。天下統一により戦乱による対
立の構図がなくなり、水軍の存在意義が失われたことも
その一因だったと思います。
(関連記事:鉄腕ダッシュと水軍参照願います)

それ以降、江戸時代、維新後も長い貧困の時代が続い
たあと、戦前には生姜(ショウガ)の生産で豊かになった
時代もありましたが戦後の高度成長期、瀬戸内海一帯
を潤した、いわゆるみかんバブルの時代が到来し、争う
ように開墾、みかんの植付をし増産、毎年新築ラッシュ
で立派な長屋門を備えたみかん御殿が建ち並んだ時代
がありました。今のお金で2,000万くらいの年収がザラに
あったのではないかと推察します。言葉は悪いですが
にわか成金です。

しかしいいことはいつまでも続きません。やがてみかん
を山盛りにしたコタツを囲んで紅白歌合戦を家族全員で
見るというようなライフスタイルがなくなり、みかんを前
ほど食べなくなった結果、にしんの来なくなった番屋の
ごとく、またあれほど黒い宝石とまで言われた石炭が不
要となった三池や夕張炭鉱のごとく、みかんの産地中島
は今、収入が激減し閉塞感で満たされています。
学園都市、広島のベッドタウンとして発展を続ける東広
島市を見るにつけ、何とかしなければという気持ちもあり
ます。

話を個人のことに戻します。
まずタバコ屋は何をしたいのか、KJ法でもないですが、
考えの断片を集めてみたいと思います。
■農薬を使わない農業をしたい
■いろんな品種を作ってみたい
■しんどいことは避けたい
■一般農家のまねをしたくない
■そこそこの収入は得たい
■生きがいの一助としたい  
■独自ブランドを確立したい
■観光農園をやりたい

現実はどうなのか
■農薬を使わない農業をしたい・・・害虫、病気、雑草に
より生産量が激減し、草刈だけでも重労働なので気持ち
がへし折れ、今年からは除草剤を使うことにしました。
また害虫、病気に対しては最低限度の薬剤を使用する
ことを検討中。
■いろんな品種を作ってみたい・・・今の畑はいよかん
バブル全盛期のままでほとんどいよかんだけなので、
いわゆる品種更新をやりたいところですが、技術や知識
がないため成木の管理もろくに出来ておらず、苗木の育
成技術、高接ぎの技術(高接ぎとは既存の成木の幹を
カットし違う品種の芽を移植し生まれ変わらせる外科手
術のこと)などを早くマスターしたいと思います。
■しんどいことは避けたい・・・と虫のいいこと考えました
が、本気でやろうとおもえばしんどいことは避けて通れそ
うにありません。いわゆる3K(危険、きたない、きつい)
職場で、後継者がいなくなるという現実もわかるような気
がします。
ただしそれを解消または緩和する専門のキカイはいろい
ろありまた別の項でご紹介しますが、それも購入にはお
金がかかりまたキカイゆえ取り扱いを誤ればケガをする
ことになります。
■一般農家のまねをしたくない・・・そう思い、当初無農
薬栽培に挑戦しましたが、現実は甘くなく、上記の結果
となりつつあります。ただ今後は農薬を極力控えた、
減農薬栽培を目指そうと考えています。
■そこそこの収入は得たい・・・販売先は本家の従兄弟
がやっていた時はJAに所属していましたが、タバコ屋は
別事業でみかんの販売会社を運営しているので販売に
ついては不安はあまりありません。
ただしろくなものが出来てないので恥ずかしながら年間
数十万の収入しかなく、本気出してせめて100万程度の
収入にはしたいと思います。そうでないと肥料、薬剤、
ガソリン代等がまかなえずキカイの購入も出来ません。
■生きがいの一助としたい・・・収入も大切ですが、やは
り60の手習いとはいうものの、やるからには今後の負担
になるのではなく生きがいの一つとなるようにしたいもの。
もう若い時のようにがむしゃらにやる訳にはいかずクオリ
ティ・オブライフを目指すべき年齢なので、そこらあたり
の考え方が大切になると思います。
■独自ブランドを確立したい・・・これについては既にタバ
コ屋が始めたみかん事業で「希望の島」という地域ブラン
ドを確立し、生果とオリジナルジュース、ジャム等に生か
されていますので目的はある程度達成されています。
タバコ屋はショウバイ人が本業なので、マーケティング、
マーチャンダイジングについてはプロであり、この辺は
地元の農家さんとは異次元のオシゴトをやってきたと
思います。
(関連記事:人生いろどり参照願います)
ジュースギフト250ml6JM1FS1-2
手前味噌で恐縮ながら、写真のほうがわかりやすいと
思い掲載しました。タバコ屋が開発したオリジナルの
ジュース、ジャム、フルーツソースの詰合せです。
関西にお住まいの方ならご存知でしょうが、いかりスー
パーさんにはジュースを販売してもらっています。また
ギフトはコープこうべさんで採用頂いたこともあります。
あと有機農産物を中心に宅配等やっているひこばえさん
でも取り扱って頂いていますが、偶然にもそこの女専務
さんがタバコ屋の母校同志社大学の先輩でした。
■観光農園をやりたい・・・皆さん意外に思われるでしょ
うが、みかんの大産地中島には観光みかん園が一軒も
ありません。やはり離島であることが大きな障害になっ
ているんでしょうか。
タバコ屋が若かりし頃、滋賀の「叶匠寿庵」さんの主催
する催しに招かれたことがありました。「叶匠寿庵」さん
は故松下幸之助氏がこよなく愛した和菓子屋さんとし
て皆さんもよくご存知のことと思います。
そこではタバコ屋お得意のカルチャーショックだらけでし
たが、最もスゴイなと思ったのが、数万坪の山林を丸ご
と買い取って自社の直営農園とし、お菓子に使う梅や
各種の果物等を無農薬で栽培していることでした。
また山腹にはそれらを加工する自社工房も作っていて、
タバコ屋がイメージする桃源郷に近いものでした。その
モチーフは今でもずっと頭の中に残っており、そこまで
いかなくてもせめて観光農園くらいは出来るのではない
かと思うのです。そもそもこの無謀なことを引き受けたの
もその時の強烈な印象が忘れられないせいだったのかも
知れません。

結局は、前述の元同志社大学自動車部キャプテンのO氏
が手掛けきた東広島市地域おこしの中島版、個人版を
生きがいのある形でやりたいのだと思うのです。
「環境整備」とか「環境保全」とかいうお堅い言葉が伴うに
しても・・・。

今回、タバコ屋は何をやりたいのかについてKJ法的にお
話させて頂きました。
蛇足ながらKJ法は文化人類学者であり京都大学出身の
川喜田二郎先生が散らばったデータ(かけら)をまとめて
一つの結論を導くために発明した手法ですよね。
後日企業等でもさかんに取り入れられ、問題解決の有力
な手法として活用されてきました。
(皆さんも魚骨図にKJカードいっぱい貼り付けて熱い議論
をやった思い出があると思いますが・・・)
これは世界に誇るべき日本の発明だと思います。

尚、今回O氏に無断でプライベートなことを記事にしてし
まいましたが、元同釜のよしみにてお許し頂きたいと思い
ます。次回はもう少し具体的にやや汗臭くみかん農業の
ことをお話したいと思います。

農業とレストア vol.1

平成25年1月27日
昨今、復刻ばやりですが、復刻、修復、復元、等、日本
語にも様々な表現があるように英語でもreproduction、
restore、repair、等様々な言い方があるようです。

話は飛びますが、日本と言う国は古来より文化は外国
から来るものという観念があり、古くは飛鳥、奈良時代よ
り遣隋使、遣唐使によって中国の文明、文化が日本に
もたらされました。
当時の中国、特に唐は今のアメリカのごとく世界随一の
文明国家で世界中の人と文化が行き交い極東のちっぽ
けな島国である日本から見ればそれこそ夢の国で、
それゆえ隋、唐の文明、文化を有難く押し頂くことに専念
してきました。ただ賢いことに律令制は取り入れても科挙
や宦官の制度は採用しませんでした。
同じパクリでも朝鮮は丸ごとコピーしたので、その後それ
の弊害が出て、国自体が停滞することになります。

平安時代には中国伝来文化の一つである仏教について
も硬直化しつつあった奈良仏教にかわり、最澄(天台)、
空海(真言)という二人の天才により唐から新しい仏教
が伝えられました。
この時期は極東のイナカッペであった日本が隋、唐の
あらゆる文明、文化を貪欲に吸収し新しい日本のカタチ
が出来上がった意味で第一の日本文化大革命とも言え
ます。

平安末期には平清盛が、宋との貿易で巨万の富を蓄え
その財力で宮島の厳島神社の造営を果たし後世に文化
を残しました。
鎌倉時代には文化どころではなく、元の軍隊が押し寄せ
てきて日本は必死で防戦、かろうじて独立を維持しまし
たが、朝鮮は元(げん)の属国となり果てていました。
フランシスコザビエル1
室町時代になると中国の明との交流がさかんとなり
それに伴い、書院造り等家の構造や能、書画、しきたり
等今日まで続く日本の伝統文化が確立されました。

その後、戦国時代は中国よりも当時世界の海へ勇躍
乗り出していたポルトガルの影響を強く受け、鉄砲伝来
やフランシスコ・ザビエルの来日等を機に南蛮文化、
キリスト教文化が伝わりました。
中国以外の西欧文化、文明が初めて伝わり日本に根付
いたという意味で第二の日本文化大革命だったのでは
ないでしょうか。

徳川時代は鎖国政策により外来文明の点では暗黒時
代となり逆に日本独自の感性が醸成された時期でも
あります。

やがて激動の幕末、維新を経て明治となると今度は
ヨーロッパやアメリカの文明、文化が徳川の禁制時代
の反動とでも言うのでしょうか、怒涛のように日本に押し
寄せ、またそれが砂漠に水を注ぐごとく吸収されました。

ヨーロッパからは主に憲法や政治の仕組み、陸海軍の
軍隊の形、武器の調達、鉄の大量生産の方法から西洋
料理のレシピまで、アメリカからは、黒船による空前の
カルチャーショックに始まり、プロテスタント・キリスト教
や自由の精神といったものが挙げられ、それこそありと
あらゆる西欧文明、文化が取り入れられました。

遣隋使、遣唐使による中国文化の吸収に始まり、途中
南蛮文化との出会いを経て今度は本格的に西欧文明を
取り入れることとなり、ある意味、明治時代というのは
第三の日本文化大革命と言える時期でもありました。

日清、日露の戦いによる奇跡的な勝利とその後の日本
の奢りによる膨張政策により、不幸な太平洋戦争による
初めての悲惨な敗北を経て、戦後の復興、高度成長時
代には、あれほど敵対したアメリカの文明、文化を一転、
丸ごとガブ飲みに近い形で再び吸収することとなりました。

アメリカとの安全保障条約締結によるいわゆるアメリカ
の傘に組み込まれることを手始めに、アメリカ語の日本
語化、コークに代表されるアメリカ流の食べ物、アイビー
ファッションなどの服飾品や3種の神器(テレビ、冷蔵庫、
洗濯機)などの家電製品等、アメリカのライフスタイルが
明治維新以来、またしても怒涛のように押し寄せました。
これは第四の日本文化大革命と呼べるのではないでしょ
うか。われわれ戦後団塊世代及び、準団塊世代はその
真っ只中で育った訳です。
(関連記事:アイデンティティ参照願います)

これらのことから、日本人が文化は外国から来るものと
思うのも当然と言うか、歴史の必然として仕方のなかっ
たことかも知れません。

話を復刻のことに戻します。その熱にうなされたような
高度経済成長時代はスクラップアンドビルド、朝令暮改、
使い捨て、右肩上がりの何でもありの時代でしたが、
オイルショック、平成バブルの破綻を経て、日本人は落ち
着きを取り戻し、自分たち固有の歴史を見直すことや、
過去のものを大切に保存したり、修復して再利用すると
いったことに関心を持つようになりました。
遺跡、蒸気機関車、古民家のブーム、またTVのビフォー
アフターによるリフォームの大人気等、それを物語ってい
ます。

タバコ屋の趣味のオクルマの世界でも、同世代の方で
古いクルマを修復、復刻(レストア)して楽しむという風潮
が感じられます。
西欧ではオクルマの歴史が長く、かなり以前からそういう
レストア文化があり、同好の士がクラブを作ったりして
随分盛んです。
(関連記事:復刻と改造参照願います)

またメーカーレベルでも近年、我々団塊世代を当て込ん
でかどうか、過去に生産した名車と呼ばれるものを現代
風にアレンジして再び世に出すという「復刻版」の販売が
見られるようになりました。
新ミニ-12
名車オースチン・ミニを現代風に復刻したBMWミニが皮
切りだったように思うのですがこれが大ヒット、他のメーカ
ーも指をくわえて見ている訳にはいかなくなりました。
Nワン-1
HONDAが発売しヒット中のN-ONEです。HONDAはN360
の復刻版というような言い方をしていますが元N360に乗
っていたタバコ屋としては、メカは言い分ないにしても
デザインに納得がいきません。全体のバランスが悪く、
お顔も間が抜けたようで、自称HONDA-PTA会長として
は残念です。
コンセプトカー
これはHONDAの近未来カーのデザイン習作で未発表の
ものですが、フロントフェイスのデザインはこちらのほう
がN360の現代版としてよほどマッチしていると思うので
すが、皆さんはどう思われますか・・・。
トヨタ2000GT-SEV-1
これは特殊な例ですが、往年の名車トヨタ2000GTを修復
するだけでなく、現代の最先端技術を加えて復刻製作し
た現代版2000GTですが、どうもリチウムイオン電池と
ソーラーパネルを組み合わせ電気モーターで駆動する
EVのようです。
ただしトランスミッションはATでなく6速マニュアルです。
市販を計画しているわけではないのですが、こういう復刻
の方法もあるという事例としてご紹介しました。

話がうんと飛びすぎました。今回のテーマは農業にかかわ
る復刻、修復のお話でした。実はタバコ屋は今、一日の
かなりの時間を農業にそれもみかん農業に割いているの
ですが、タバコ屋、ゴフク屋、果てはスーパー、ホーム
センターをやっている人間が何故全く異分野、異業種の
みかん農業に精を出しているのか、不思議に思われる方
もいらっしゃると思います。
実はウチの本家筋が代々みかん農家で先代はその本家
からウチへ養子に入ったいきさつがあります。
その本家の跡取りである私の従兄弟が7年程前に急死し、
家業であるみかん農業を誰も引き受ける人がなく、タバコ
屋は本家が潰れてしまうのは忍びないと思い、後先考え
ずにという面もありましたが、一面当時タバコ屋はみかん
の販売やジュース製造事業にも乗り出していましたので、
後々ためになることもあるだろうという考えで、管理を引き
受けたのでした。それは甘い考えであったことが後々思い
知らされることになるのですが・・・。
(関連記事:苦渋の選択参照願います)
いよかん園地2
写真はタバコ屋が無農薬で作っているいよかんです。
しかし数年間やってみると、害虫、病気、雑草にやられ
まくりで生産量は激減、写真のように立派なものはあま
りとれなくなりました。何せ引き受けた面積が半端でなく
当初1.5町歩(4,500坪)あり、草刈りだけでも超重労働
でさすがの筋金入り元学ラン体育会もねを上げ、面積を
1町歩余りに削減、それでも全部には目が行き届かない
のにもってきて、近年は広島県の倉橋方面から泳ぎ渡っ
てきたイノシシが異常繁殖し、荒らしまくるようになり、
現在中島の山間部とみかん園地はイノシシに実効支配
されてしまいました。当然無農薬で草の多いタバコ屋の
園地はイノシシの楽園みたいなもので、雑草と合わせて
二大天敵に園地を征服されつつあります。

そのような中、このままでは荒れ果ててしまうと強い危
機感を持つようになりました。そこで今期から除草剤を
使用することにしました。
農業従事の方なら誰でも知っているサンフーロンという
薬剤です。またイノシシの被害を防ぐためフェンスで畑
を囲い込む作業も手がけました。
中島園地風景1
栽培管理を引き受けた当時のいよかん畑です。
いよかんがたわわに実り収穫直前の12月頃の写真だと
思われますが、今後のタバコ屋のテーマはみかん園地
復刻です。

農業後継者の方のように若い時から農業専門学校で学
び、また自分のみかん畑で実務をこなしてきたみかん
農業プロと違い、タバコ屋は小学校時代に理科の実験
でモヤシの発芽を経験したくらいで、基礎知識も技術も
経験もないまま、大面積のみかん栽培に直面した訳で、
目くらヘビに怖じずとはこのことだと思います。
しかし毎日畑に通いだすと素人なりに課題がいろいろ
見えて来るもので、今後いろいろご紹介しながら泣き笑い
の奮闘記をお届けしたいと思います。

長くなりますので今日はこの辺にて。


八重のこと(付録)

平成25年1月25日
今月の気になる写真で採り上げたものですが記事に残し
ておくほうが良いかと思い、書き加えて再度掲載しました。
旧新島邸1
同志社英学校創設の地、寺町丸太町上るに保存されて
いる新島旧邸です。恥ずかしながらタバコ屋は知りませ
んでしたが、襄と八重が結婚以来共に暮らしたゆかりの
建物です。
外観は和洋折衷感覚ですが、室内はセントラルヒーティ
ング、洋式トイレ、洋式寝室等、当時としては超モダン
で、ハイカラな襄がアメリカでの生活体験をもとに自分
で設計した自慢の建物でした。尚、建物周囲はベランダ
兼用の回廊でとてもオシャレなたたずまいです。

余談ですがベランダというのはポルトガル語なのを皆
さんご存知でしたか。フランシスコ・ザビエルがキリスト
教と南蛮文化を日本に伝えましたが、その時大量の
ポルトガル語が日本に入りまた定着して外来日本語と
なりました。
例えば食べ物ではカステラとかタルト、また衣料品の
メリヤス、ラシャ、マント、ボタンなどもすべてそうです。
時代が時代だけに工業製品などはなく、ほとんど身の
回りの生活用品の名前ですが、当時としてはいわゆる
南蛮渡来の超ハイカラな品々だった訳です。

ついでながら、日本人は外来語を日本語に取り入れる
のが上手で近年ではメリケン波止場を皮切りにおもに
アメリカ語をカタカナの日本語にしてしまったものは数え
切れないほどです。

ご存知の方も多いでしょうが新島旧邸の内部をご紹介し
ておきます。
旧新島邸11
一階の応接間です。18畳の広さです。
旧新島邸10
新島襄先生の書斎です。アメリカ帰りだけあって書棚の
本はほとんど洋書だそうです。
旧新島邸8
ご夫婦のベッドで奥が襄、手前が八重のもので、八重用
は日本人であることを考慮して和洋折衷とも何とも形容
しがたいカタチに・・・。
旧新島邸12
セントラルヒーティング用の暖炉で、ここの炉の余熱を
ダクトで各部屋に送風するしかけです。
旧新島邸13
台所、手前からかまど、流し、調理台、取水井戸が横一
線となっており、当時としては非常にモダンな設計です。
ただし八重はもともと上士階級の生まれだったのと、男
勝りの鉄砲使いだったこともあり、当初家事はほとんど
家政婦まかせでやらなかったそうです。もっとも八重の
性格から家政婦がことごとくやめてしまったので途中か
らは仕方なく自分でやりだしたとか。
旧新島邸14
多分日本初かまたは非常に珍しい腰掛け式和洋折衷の
トイレです。
旧新島邸9
五右衛門式のお風呂、ほとんどの箇所を襄自身が手掛
けたモダンな設計でしたがお風呂だけはアイデアが浮か
ばなかったのか一般的です。ただ鉄製ではなく木製なの
で入り心地は良かったことでしょう。

物静かなタイプの襄にとって、じゃじゃ馬の八重との生活
は慣れるまで大変だったでしょうし、家事はきらいで当初
ほとんど家政婦任せだったようですので、建物は襄自慢
のハイカラなものだったにもかかわらず、仕事から帰ると
新妻の手料理がお出迎えといったイメージとはかなり違
ったものだったかも知れません。

しかし「彼女の生き方はハンサムです」と自身述懐してい
たように、襄はそういう八重のことをお気に入りだったの
でしょう。

皆さんのご家庭はどうか、タバコ屋には遠い明治のお話
ではあるもののかなり身につまされるコトも多いような・・。

今回は短い記事でしたが、八重のことの付録として書き
ました。
京都在住の方は新島旧邸に行かれたりご存知の方も多
いと思いましたが、タバコ屋を含め知らない方のために
あえて記事にして残しました。

(尚、写真については同志社政法会(同志社社史資料
センター)の資料より引用させて頂きました。また人物の
性格描写等については私個人の私的な想像であること
をご了解願います。)


八重のこと vol.3

平成25年1月22日
【新島八重と山本覚馬の意外な絆】
今まで知りませんでしたが、八重のお兄さんである山本
覚馬氏が寄贈してくれた同志社今出川校地は6,000坪も
あるそうです。
タバコ屋が在学中はもっぱら近くの新町校舎が多く、また
自動車部のガレージも新町校舎の北東隅にあったので、
今出川の校地についてはあまり気にも留めていませんで
した。
タバコ屋はスーパーとホームセンターをやっている関係
上、ショウバイの基準でものを見る傾向がありますが、
大規模な郊外型ショッピングセンター1個分の広さです。
それにしても6,000坪もの用地をよく寄贈してくれたもの
です。(一説には寄贈ではなく形式上の安い金額にして
も有償譲渡だったとも言われています)
D:今出川キャンパス2
面白いことに現在用地のほぼ西半分を同志社大学が、
東半分を同志社女子大が使用していますが、襄が同志
社英学校を設立しその後同志社大学に発展したのに対し、
同志社女子大は八重が当時、嫁入り前の女子を対象に
お裁縫や読み書きを私的に教えていたことから同志社
女学校の設立に至った訳で、同志社大学が襄の業績と
すれば同志社女子大は八重の業績と言えるのではない
でしょうか。(写真の今出川校地はかなり以前のもので
すが、手前見える範囲が西側の同志社大学で奥の東側
同志社女子大はほとんど見えていません)

今回のテーマは二人のパトロンとも言えた山本覚馬氏の
ことなのですが、この八重のお兄さんも八重に劣らずとい
うか、八重の運命に多大な影響を与えつつ、自身も波乱
万丈の人生だったようです。
山本覚馬2
晩年のものと思われる失明後の写真ですが、これには
訳がありました。
会津藩士山本覚馬、砲術師範の家柄に生まれ、その長
男として大筒(大砲)や鉄砲の扱いについては英才教育
を受け、会津一等の若武者として成長した訳ですが、
時は幕末、血気にはやる覚馬はそれだけでは飽き足らず、
江戸に出て当時トレンドリーダーだった佐久間象山のもと
で後の勝海舟らとともに洋学、最新の砲術等を学び、
佐久間象山が同じ弟子の吉田松陰の暴挙が元で失脚
後も他の塾で蘭学等を習得、28歳で会津に戻り日新館
教授として指導者になるものの、覚馬の思いは江戸での
体験からくる会津藩軍制のイノベーション(つまり攘夷は
弓矢では果たせず、近代的な大砲、連発銃などによる
装備の近代化)が急務であるとし、執行部に進言したもの
のそれは守旧派批判でもあったので1年間の禁足処分と
なりました。

しかしそれにもめげず、改革を訴え続けやがて軍事取調
役兼大砲頭取に抜擢されます。時は幕末風雲急を告げる
文久2年、京都守護職に就任した藩主・松平容保に従い
京に上り京都の治安維持、防衛に当たるのですが、やが
て長州藩若手の暴発により発生した、いわゆる禁門の変
(蛤御門の変)において活躍し、得意の近代装備で鎮圧
に成功、これにより覚馬は、皮肉にも当時は友軍であっ
た薩摩藩の西郷隆盛をはじめ、幕府や諸藩の名士と面
識となりました。
しかし不幸にも戦いの最中、大砲の破片か何かで目を
負傷し、また持病の白内障の悪化等により徐々に視力
が衰え、やがて後日には完全に失明に至りました。

激動の日々を重ね、やがて慶応4年鳥羽・伏見の戦いに
際しては幕府軍の多くが大阪に逃げ帰った後も京都に
残ったため、薩摩軍に捕われて同藩邸に収容されました
が、西郷隆盛はじめ同藩首脳部は先の蛤御門の変での
覚馬の活躍とその聡明さを覚えており、決して粗末に扱
わなかったうえに、この捕らわれの身の間に将来の日本
のビジョンとも言える建白書『管見』を口述筆記し藩主に
上程、これを読んだ小松帯刀、西郷隆盛らはますます敬
服し、一層待遇を厚くしたといいます。
その間、故郷の会津では凄惨な若松城攻防戦の末、
会津藩が降伏したことはあったにしても、拘束されていた
覚馬自身は明治2年に釈放されることとなりました。

自由の身となった覚馬はその優秀さを買われ、明治3年
には参事として府政の実権を握っていた槇村正直(のち
京都府令・知事)に請われて、京都府顧問として就任、
当時東京遷都により地盤沈下が懸念され不満の多かっ
た京都府政の活性化にその才能を発揮することとなりま
した。いわゆる巨大な街興しのリーダーになったのです。

その当時ふとしたきっかけでアメリカの宣教医ゴルドン
から贈られた『天道溯源』という本を読んで大いに共鳴、
キリスト教こそが真に新しい日本を導く力となり得ると
信じるに至りました。
その頃、足繁く京都府庁に出入りしていた新島襄と知り
合い、彼の学校設立計画を知り、自身の京都再生構想
とも合致したのでそれ以降、新島襄に対し全面的な協力
をするようになりました。
前回の記事でも述べたように、覚馬は維新後のどさくさ
に購入していた旧薩摩藩邸の敷地約6,000坪!を学校
用地として新島に譲渡、次いで新島との連名で「私学開
業願」を文部省に出願し認められ明治9年に寺町丸太町
の同志社英学校から今出川校地に移転開校、その志は
後日同志社大学に継承され、現在の今出川キャンパス
となっている訳ですが、同志社設立は新島襄一人のもの
ではなく山本覚馬あってこそ成し得た一大事業であった
のです。言い過ぎかもしれませんが、今日の同志社があ
るのは会津のお蔭であったとも言えます。
余談ながら同志社の名は覚馬の命名であったと言われ
ています。

話は前後しますがそれより少し前、明治4年には会津戦
争で敗北した八重の家族(母佐久、八重、覚馬の娘みね、
父は戦死)が維新出世を果たした覚馬をたよって上洛し
てきました。
もちろん当時は会津藩家老であった西郷頼母の一族の
ごとく20数人が自刃し果てたような例が多数あり、その数
数百人にも及びました。
自害したのはほとんど婦女子ですが、理由は言葉は悪
いもののおもに敵軍によるレイプを恐れてのことでした。
従って八重の家族が無事で生き残ったのは奇跡的とも
言えます。

覚馬にとって新島襄は憎からぬ男であり(つまりお気に
入り)、自分の妹である八重を襄の嫁にと思ったのは
無理からぬ成行きだったと思います。襄と八重は明治
9年目、出度く結婚と相成ります。この時の覚馬のお膳
立てにより、八重のその後の運命は決定付けられること
になりました。
(関連記事:八重のこと vol.1参照願います)

明治10年京都府顧問を退職後は初代の府会議員となり、
初代議長に就任しかしそれも程なく辞職しその後は同志
社の運営に参画、明治18年には京都商工会議所会長に
就任し活躍しましたが、明治23年には義弟でもある新島
襄が46才の若さで他界、覚馬は一時同志社臨時総長を
引き受けるなど、その後の同志社発展に尽力するも、
襄の後を追うように明治25年、64才で亡くなりました。
小田時栄1
突然の写真で恐縮ですが、激動を生きた覚馬の人生で
さらにドラマチックな出来事がありました。後に覚馬の後
妻となる小田時栄さんだと思われます。

覚馬は蛤御門の変で目を負傷し、不自由な体となりまし
たが、かねてより親しくしていた御所にお出入りの小田
勝太郎なる武士がそれを見かねて、こともあろうに自分
の幼い妹を覚馬のお世話役として差出し、以後覚馬の
身の周りのお世話をすることになったのです。
当時覚馬39歳、時栄13才だったと言いますから親子程
年が離れており、身の回りのお世話とはいえ、モテる男
は違いますよね。
その後戊辰戦争で捕らわれの身になった後も西郷隆盛
らの粋なはからいで、時栄はお出入りを許され、ずっと
覚馬の世話を焼くことになります。

時は過ぎ、八重らの家族が覚馬をたよって上洛した頃は
覚馬44才、時栄18才になっていました。覚馬は既婚で事
実、母佐久と妹の八重とともに娘のみねも一緒に上洛し
てきた訳ですが、正妻のうらはその気配を女の勘と言う
んでしょうか、敏感に悟って上洛せず、その後離婚してし
まいました。
結局その年覚馬と時栄は目出度く?結婚することとなる
のですが、親子ほども年の離れた二人だったとはいえ
男女には違いなく、奇妙と言うかドラマチックというか
そういう結果となりました。
(関連記事:八重のこと vol.1参照願います)
小田久栄1
八重たち山本家の家族が上洛した時、二人の間にはすで
に久栄という娘が生まれていました。久栄さんだと思われ
る写真です。

以下の記述は新島襄の教え子であり徳富蘇峰の弟でも
あった後の小説家、徳富蘆花(健次郎)が小説に書き残
したものであり事実だったかどうか確証はないものの、
それが山本家のお家騒動へと発展することになります。
二人が再婚後10年余りが経過し、覚馬50才後半、時栄
30才過ぎの頃、ある事件が持ち上がります。
時栄が再び妊娠した様子であるものの覚馬は身に覚え
がないと言い出し、いろいろ聞きただしたところどうも相
手は山本家が将来養子にと思い会津から呼び寄せ同志
社へ入学させ山本家にも出入りしていた青年だったよう
で、覚馬にしてみればその頃失明に加え、足も不自由に
なっておりいわば不具者の身で時栄に対し負い目があり、
クリスチャンとして洗礼も受けていたこともあって、時栄を
許すことにしました。
それで事は穏便に収まるかに見えたのですが、そこへ
小姑の八重と実娘のみねが立ちはだかり、時栄を問い詰
めたあげく、覚馬に遠慮せずとうとう家から追い出し、
明治19年には離婚する事態となりました。
新島八重7
もともと覚馬の母・佐久、妹八重、娘みねをキリスト教に
入信させ洗礼を受けさせたのは覚馬だったのですが、
思わぬところで横槍が入り、事が穏便に済まなかった訳
で、それには烈女、悪女と言われた八重の一徹な性格が
色濃く出ています。
事実だったのかどうかそれを小説に書き残したのは時栄
の娘久栄と恋仲になりながらも結果として新島襄夫婦に
仲を裂かれ、傷心のまま熊本に帰った徳富蘆花の恨み
のようなものや妄想が込められていたのかも知れません。

新島襄は後日そのことを残念がり、13才の時から覚馬を
お世話し続けた時栄に対し、八重のやったことはあまり
にも非情であるという意味のことを言ったそうです。

ともあれ物書きの蘆花が小説に書き残したというだけで、
事実だったかどうかの確証はまったくなく、離婚の真の
原因は他の事だったかも知れません。例えば小姑の八
重と時栄の折り合いが悪く女の業とでも言いますか、
性格上の確執が起こり抜き差しならない事態になったの
かも知れず、事実八重は自宅の家政婦さんとはうまくい
かずことごとくやめさせてしまったという事実もあるよう
です。
また八重は同志社の学生に対しても元の仇だった薩摩
出身の学生は冷遇し、会津出身者は極端に可愛がる等
して、ひんしゅくを買うほどの烈女ぶりでした。
ゆえに覚馬と時栄の名誉のためにもこのことについての
軽率な想像は控えるべきだと思います。

八重の人生に多大な影響を与えた覚馬も逆に八重によ
って人生を左右されることになり、そこに意外と言うか
切り離せない深い絆が感じられます。
ともかく幕末から維新、明治と京都を舞台に活躍した
山本覚馬の人生は公私にわたりドラマチックだったのは
確かなようです。

(尚、人物写真と歴史記述についてはウィキペディアより
引用させて頂きました。また人物の性格描写については
タバコ屋個人の私的な見方であることをご了解願います。)


八重のこと vol.2

平成25年1月14日
「八重の桜」第2回目で綾瀬はるかさんいよいよ登場で
す。実際の八重女史とはかなり落差がありますが、
ドラマなのでそれもよしとしたいです。
八重の桜3
お知らせと独り言の欄に書いたことですが新島襄が大学
設立のためとはいえ、何故現在の今出川に広大な敷地を
手に入れることが出来たのかについて、再度その真相を
書き加えておきます。

京都の方ならよくご存知でしょうが、襄が大学設立のた
め足繁く出入りしていた京都府庁は、当初の同志社英
学校があった寺町丸太町通りから西へ烏丸通りを隔て
てすぐのところにあり、足繁くの意味も納得できます。
尚、同志社英学校は開校翌年、現在の今出川校地に
引っ越しますが、その土地は八重の兄、山本覚馬が
維新の混乱期に購入!していた旧薩摩藩邸跡地を
襄と八重の結婚を機に(持参金?として)寄贈したもの
で、世間では何と言われようが、襄が八重に頭が上がら
なかったのもこれでうなづけますよね。
                          
蛇足ながら、旧同志社英学校からすぐ北のことろには
京都府立医大付属病院があり、タバコ屋の祖父は昭和
10年代前半、難しい病気(癌)で瀬戸の中島からそこに
入院し、当時珍しかったラジウムの治療を受けました。
その後は島に帰り、八重女史にも匹敵する、祖母の献身
的な看護により、主治医もビックリする10年の余命を全う
しました。
祖母は明治生まれの典型的なタイプで、ナイチンゲール
とマリア様をいっしょにしたような本当に心優しい女性だ
ったのをタバコ屋は忘れることが出来ません。もちろん
タバコ屋も子供時代、随分可愛がってもらいました。

同志社の話を少し続けます。現在の同志社大学には
医学部がなく、その設置運営は永年の悲願だそうです
が、(慶応大学には医学部と付属病院がありますよね、
つまり西の慶応大学にしたい訳です)
どうも水面下ではその設立に動いているようです。
村田教授2
今度新学長に就任する気鋭で論客でもある村田教授
48才(関西の某TV過激番組などに出演)の代には実現
するかも知れません。
D:良心館6
突然ですが、皆さん既にもうご存知のごとく、昨年暮れ
に竣工した今出川新校舎「良心館」です。今出川キャン
パスの向かって左(北側)にあった同志社中学校が移
転した跡地に建てられました。

今春から文科系の一般教養課程1・2回生が田辺校地
から再び引越し使用するそうです。つまり我々が学生時
代だった頃に逆戻りです。
条例で、建物は高く出来ないかわりに間口と奥行きは
ものすごくあり、写真レンガ色の建物は左右もすべて
良心館で同志社最大の校舎となりそうです。
新島襄も八重もかつて掘っ立て小屋のような学舎でスタ
ートしただけに、生きていればそのスケールにビックリ仰
天するのではないかと思います。
D:志高館2
また、今出川から烏丸通りを少し北へ上った所にも烏丸
キャンパスとして「志高館」が竣工しました。どうも工学部
系と新規国際学部が使用するようです。

これは一般企業では莫大な投資に当たる訳で、タバコ屋
の当てずっぽうな推測ながら、今のうちに今出川周辺を
環境整備しておき、既存学部をなるべく集約した上で、
余裕の出来る田辺校地を悲願の医学部設置に当てるの
ではないかと思ったりします。
それでは付属病院が出来た場合、田辺では患者さんが
不便なので、もしくは同志社女子大を田辺へ移転させ、
その跡地を使うとか。タバコ屋的構想ではそれがベスト
ですが、逆に同志社女子大が黙ってはいないでしょう。
う~ん、門外漢にて、そのあたりのことはまったく的外れ
かも知れませんが・・・。

八重の話に戻ります。
そのように八重のお兄さんである山本覚馬氏が寄贈した
今出川の土地は有効活用され、八重もさぞかし鼻高々
だったと思いますが、設立当初は一般住民や僧侶、神
官達から悪病神のように嫌われ、八重もその性格ゆえ
誤解ととばっちりを受け、共々非難された同志社でした
が、現在では全国から学生を集め、言葉が悪いですが
京都市の有力な集金マシンとして街興しの機能も果たし
ています。
リンダリチャーズ3
襄と八重のやりたかったことの一つに病院経営とそれに
付随する医師や看護婦の養成がありました。事実同志
社英学校設立後10年程して明治19年には、同志社病院
と京都看病婦学校を開設、キリスト教精神に基づく医療・
保健・看護活動、及びキリスト教伝道の拠点としての役
割を担うことになりました。
写真は当時の看護婦さんのお仕事スタイルで、時代を感
じさせます。
リンダリチャーズ2
この施設にて初代学校長として看護指導に当たる事とな
ったのが、ナイチンゲールに師事し、アメリカ最初の有資
格看護婦であり経験豊富なリンダ・リチャーズ女史でした。
このような高名な女性を迎えることが出来たのもアメリカ
時代の襄の学校と教会の幅広い人脈のおかげでした。
時は移り、今度同志社に医学部と付属病院が出来れば、
それこそ襄と八重の悲願がかなうというものです。

ここで新島襄の思想の基本となるキリスト教について、
前回詳しく触れなかったので若干のご説明をしたいと
思います。ただ教科書ではないので、以下はあくまでも
タバコ屋の私見です。

紀元前はるか前古代エジプト王朝が栄えていた頃より
ユダヤの民によって創案された世界の創造主ゴッドまた
ゼウス(神)の概念は、ローマ時代には邪宗として迫
害されましたが、その最中に今のパレスチナ自治区の
片田舎ベツレヘムでキリストが生誕し、その後キリストは
神の遣わした子であるとして、信仰対象となります。
ローマの迫害は熾烈を極めイエスは皆さんご存知の磔
(はりつけ)の刑となるのですが、奇跡の復活をとげ生き
返ったと聖書には書かれています。(ただし誰も証明す
ることは出来ません)
(関連記事:鈴鹿サーキットのこと VOL.4:絶頂期参照
願います)

その後、時代を経て、ローマ帝国はキリスト教を異民族
統治の思想ツールとして使う場合、非常に便利なことに
気づきました。
そこで迫害から一転、異民族や自国民を飼いならす思想
ツールとして逆に奨励し、その総本家になってしまったの
です。バチカンに今もそのなごりであるローマ教皇が残っ
ていますよね。それが今も続くカトリック・キリスト教と言わ
れるものです。
しかしその多くが日常のまつり事と化してしまい、それに
従い司祭階級の官僚化が起こり、民を救う宗教ではなく
なりつつありました。
そのヨーロッパの暗黒時代と呼ばれるカトリック支配によ
る中世
が長く続いた後、カトリックの連中はけしからんとして
ルターやカルビンによる宗教改革運動が起こります。
ヨーロッパではやがてルネッサンスが起こり暗黒時代に
終止符が打たれるのですが、日本は戦国時代の初め
頃だったのではないでしょうか。

ルターやカルビンとは別に保守改革派と言いますか、
けしからぬ事には違いないものの、襟を正してカトリック
を本来のキリスト教に戻そうと言う運動も起こり、それが
ロヨラの提唱したイエズス会でした。その宣教師として
ジパング(日本)にやってきたのがあの有名なフランシ
スコ・ザビエルで、従って日本で初めてのキリスト教は
カトリックであった訳です。
(関連記事:アイデンティティ及び
お尻だって洗ってほしい参照願います)

やがてルターの宗教改革運動はイギリスにも波及し当時
のイギリス国教会は過激派の追求によりたじたじとなりま
すが、それでも思うような改革には至らず、業を煮やした
過激派(というか真剣な信者)はイギリスに絶望し新天地
を求め、有名なメイフラワー号に乗って、未知の希望に
あふれたアメリカへ旅立ちました。
その後の歴史は皆さんご存知だと思いますが、今のアメ
リカ東部ボストン周辺に住みついたイギリスからの最初
の移民たちは自分たちの理想とするキリスト教をすべて
の生活の基本とする清教徒(ピューリタン)とも呼ばれ
同じキリスト教でもカトリックに対してプロテスタントとして
明確な区別をすることになりました。
教会運営もそれぞれが自立運営をする会衆派と呼ばれ
る一派を形成しました。新島襄が単身アメリカに密航した
時、その渦中へ飛び込んだと言うわけです。
(関連記事:八重のこと VOL.1参照願います)

ついでながら、一般的なイメージとしては、カトリックの方
が戒律が厳しく、プロテスタントは自由でゆるやかなイメ
ージがありますが、実際は逆で、カトリックの方が教義が
形骸化してゆるやかであり、プロテスタントはあくまでも
教義そのものを自己の判断のものさし(価値観)とし、
日常生活でその教義を実践するというストイック(禁欲的、
克己的)な面を強く持っています。

日本の仏教の歴史もある意味似たところがあって、奈良
時代に日本に入ってきた仏教は国家護持を願う支配層
のもので、庶民とは縁のないものでした。しかも国営だっ
たので僧侶の官僚化が進み、ますます民を救済するよう
な宗教ではなくなりました。

やがて平安末期には新しい宗教運動が起こり、天台宗、
真言宗、を創出、鎌倉ともなると宗教爆発にも近いもの
となり、浄土宗、浄土真宗、日蓮宗、禅宗(臨済、曹洞)
といったように百花繚乱、国家護持でなく個人の悟りや
救済を探求するリアルなものとなりました。

不思議なことにそれ以降、日本の仏教は進化が止まっ
てしまい今日に至っているのですが、私も含めてほとん
どの皆さんは仏教の本質を知らずに、まつり事の一つと
して割り切っておられると思います。

私見につき話に飛躍があったとは思いますが、カトリック
とプロテスタントの違いについて、概ねわかって頂けたか
と思います。
従って各種学校も、どの系統の宗派が設立したかによっ
て、カラーが変わってくることになります。

カラーといえば、この記事は同志社カラーについて書こう
と思っていたのですが、例によって長い道草を食ってしま
いました。皆さん高貴な色と言うとどんな色を想像されま
すか。
エジプト国旗
以前の記事でクイーン・エリザベス号にからみ赤、白、黒
の組み合わせの色は高貴なイメージがすると申し上げま
した。写真はこの3色を組み合わせたエジプトの国旗です。
いかがでしょうか。
(関連記事:高貴な色参照願います)
それはそれとして、日本古来の高貴な伝統色ということに
なると、元ゴフク屋でもあるタバコ屋は、訪問着やさまざま
な和服に接した経験から高貴な色としては古代紫、青磁、
浅葱色(あさぎ・・淡いブルー)、海老茶、等が思い浮かび
ます。
古代紫
その中でも古来より袱紗(ふくさ)などに用いられてきた
高貴な色の代表格は古代紫でしょうか。
江戸紫
それに対しはんなりとした明るい紫が江戸紫と呼ばれる
ものでかなりカジュアルな雰囲気となってきます。
同志社校章
全同志社の校章です。正三角形を3つ寄せ合わせたもの
で、知・徳・体の三位一体あるいは調和をめざす理念を
表したものだそうです。
考案者は同志社OBで学者の湯浅半月氏です。同志社
英学校創立から20年近く経った明治26年に制定された
ようです。
タバコ屋にとっては難しい理屈よりも単純に、三つ葉の
クローバーを図案化したものと言ってもらったほうがすっ
きりとわかりやすいのですが。色はロイヤル・パープル
(古代紫と江戸紫の中間色)と白の2色で創立者新島襄
の母校アーモスト大学のスクールカラーにちなんだもの
だそうです。
タバコ屋は母校であるかどうかは別にして、シンプルな
図案といい、高貴な配色といい、お気に入りのデザイン
です。
綾瀬はるか2
突然の写真で恐縮です。「八重の桜」の綾瀬はるかさん
です。右隣の八重女史が苦笑されているようにも見える
お写真で、若さはち切れんばかりですが、どうしてもある
特定の場所に目がいってしまうのはタバコ屋だけでしょう
か。
ちなみに八重女史も若い時は、はるかちゃんをはるかに
圧倒するほどのプリプリボインでした。

八重の話をもう少ししたいところですが、紙数も尽きた
ようですので次回をお楽しみに・・・。

(尚、写真の一部はウィキペディアより引用させて頂きま
した。またキリスト教及び仏教の歴史説明等については
タバコ屋個人の私的な考え方であることをご了解願い
ます。)




八重のこと vol.1

平成25年1月11日
NHK大河ドラマ「八重の桜」いよいよ始まりましたね。
幕末のジャンヌダルクと言われた新島八重(旧姓山本
八重)女史は会津藩の武家であり砲術師範の家柄でも
あった山本家の長女として生まれました。幼少より男勝
りの八重でしたが、やがて時は激動の幕末を迎えること
となります。
話は江戸初期にさかのぼりますが会津藩の藩祖、保科
正之は第3代将軍徳川家光の異母弟で、家光と4代将軍
家綱を輔佐し、幕閣に重きをなした名君でしたが、その
正之は家訓を定めました。
「会津藩はいかような事態になろうとも徳川幕府に忠誠を
尽し徳川家を守護すべし」というものでした。この家訓が
後々会津藩に重大な悲劇をもたらすことになろうとは・・。
松平容保
幕末の藩主、松平容保(かたもり)はこの遺訓を忠実に
守り、佐幕派の中心的存在として、当初はやりたくなか
った京都警備元締め(京都守護職)を引き受け混迷の
京都に進駐、新撰組等とも協同して治安維持に勤めまし
たが時代の趨勢はもう旧来の体制が維持出来ない程
逼迫し、時の将軍、徳川慶喜は大政奉還により、朝廷
にひたすら恭順を示すも、それだけでは収まらず、
鳥羽伏見の戦いを発端として戊辰戦争へと発展します。
薩長にしてみれば、関が原の戦いに端を発する積年の
恨みを、この際晴らさずしてなるものかという心境だっ
たと思われます。
徳川慶喜1
本来なら緒戦の鳥羽伏見の戦いで不利になったとはいえ、
大阪に本拠を構える幕軍は圧倒的に有利な戦力を保持
しており負けるはずはなかったのですが、その敗因は
将軍慶喜の意気地なさにありました。何と容保ら側近を
従え海路江戸へ逃げ帰ったのです。それには重大な理
由がありました。当時国学でもあった儒教のせいでした。

儒教はご存知のように中国の孔子の教えですが、紀元
前の春秋時代に生きた孔子のカビが生えたような教え
は、後の宋の時代に北方民族の女真族(金王朝)に国土
を侵略され南に逃れ南宋として生き延びた漢民族が、
そのことが悔しくてたまらず真の王(皇帝)は我々であり、
夷敵は打ち払うべしという尊王攘夷思想を発案、それを
儒教の教えにの中にアレンジして組み込み、宋学、朱子
学と言われるものに変化しました。

南宋の大義名分イデオロギー学である宋学が発達した
頃、日本は鎌倉時代でしたがその後室町、戦国時代を
経て江戸時代となって武士の基本理念として再度見直
されるようになったのです。
その理念とはわかりやすく言えば一つの正義というもの
を考え、それ以外は全部悪で、許しがたいものであると
いう思想です。
日本では南北朝時代に活躍した南朝方の武将、楠正成
などは、ひたすら南朝に忠義を尽くした正義の味方として
英雄視されました。
kan6-a12[1]
皆さん意外に思われるでしょうが、タバコ屋の住んでいる
中島で、かつての南北朝当時瀬戸内海一帯の覇権を握
っていた忽那(くつな)水軍の武将忽那義範公も南朝の
ためによく働き、楠正成に次ぐ南朝方の英雄として顕彰さ
れ、写真の立派な記念碑が島に残されています。
尚、建てられたのは軍国主義華やかなりし昭和の初期
です。
(関連記事:鉄腕ダッシュと水軍参照願います)

その朱子学(宋学)の研究の中心が将軍慶喜の出身で
ある水戸藩で別名水戸学とも呼ばれる程でした。
皮肉なことに敵であるクーデター派の方が尊王攘夷の
錦の御旗を掲げて戦を仕掛けて来たために本家本元で
あるはずの慶喜はそのイデオロギー(大義名分)に対し
腰が引けたということなのです。

比類なき才はあったにしても、腰抜けの慶喜は自業自得
でしたが、可愛そうなのは容保でした。まじめだったがゆ
えに慶喜が職場放棄をした後も、最後まで家訓を守り抜
き、滅びゆく徳川家と運命を共にしたのでした。戊辰戦争
に至るまでにはそうしたいきさつがありました。

後日談ですが、その後容保は生き残り維新後は華族に
列せられましたが、残された藩士とその一族は会津藩
没収の上、草木も生えない極寒の下北半島に追われ、
筆舌に尽しがたい苦労をすることとなるのです。

また錦の御旗であった尊王攘夷イデオロギーは明治維
新の成立後、尊王はともかく攘夷は跡形もなく消え去り、
世は開国、西欧文化熱烈大歓迎一色となったのはどう
いうことなのでしょうか。それでは維新の捨て石となった
会津藩があまりにも可愛そうです。

余談になりますが、大体イデオロギーなどというものに
ろくなものがなく一皮むけばアホみたいな内容なのです。
あのイデオロギー大国だったソビエトも今はなく、中国も
北朝鮮もいずれ自己崩壊する運命です。
タバコ屋が大学に入学する年の前後も学園闘争まっさ
かりで、イデオロギーをかざしたヘルメットの闘士たちが
意気さかんに破壊活動を繰り広げましたがその要求は
他愛ない授業料値上げ断固反対みたいなことでした。
あの連中もタバコ屋とは同期もつれでしたが、今はどん
な顔して生きているんだろうか。

八重の話に戻ります。
新島八重3
え~!これが史実の八重さんなのか・・・。絶句に近い
ものがあります。いつ写したものかはわかりませんが、
かなり老け顔で写っていますよね。おそらく会津若松城
に篭城する直前だったのかどうか右手には銃を持って
おり、ただごとではないことはよくわかります。
左には死地に赴く檄文のようなものが・・・。
戊辰戦争時には断髪、男装し家芸であった砲術をマスタ
ーしていたため、若松城籠城戦で自らもスペンサー銃を
持って奮戦しました。

(後日訂正:八重の名誉のために訂正致します。この写
真は鶴ヶ城防衛戦の当時を再現するため、八重が晩年
になってわざわざ撮影したものだそうで、道理で老け顔の
はずです。TVの八重役の綾瀬はるかちゃんほどではない
にしても、当時の八重はもっと若々しくはつらつとしていた
はずなのです。)

尚、蛇足ながら檄文のようなものが・・・というのは城明け
渡しの時に、八重が城の壁にかんざしで彫り残したと言
われる句で、「明日の夜は何国(いづこ)の誰かながむ
(眺む)らん、馴れしみ城に残す月影(つきかげ)」という無
念さが込められた和歌でした。

話は前後しますが、兄覚馬の江戸遊学時代からの親友
であった川崎尚之助のことです。川崎尚之助は但馬出石
藩医家の生れで、蘭学と舎密術(理化学)を修めた若くて
有能な洋学者で安政四年八重が11才の頃、覚馬の招き
により会津にやってきて、山本家に寄宿するようになって
いました。尚之助は覚馬が開設した会津藩蘭学所の教授
を勤めながら、鉄砲の使い方や弾丸の製造法を指導して
いました。やがて八重も年頃となり恐らく兄覚馬の勧めで
尚之助と八重は結婚することとなります。戊辰戦争が始ま
る3年前、八重19才の時でした。

若松城籠城戦を前にして子供も生まれていなかったこと
もありいったん離婚、一緒に立て籠もり戦ったものの、
新政府軍の圧倒的な火力の前に容保は降伏を決意、
その前後には白虎隊の悲劇や、婦女子の集団自決等、
悲惨なことが相次いでいました。いよいよ降伏開城を目
前にして夫尚之助は会津藩士ではなかったため、強制
されたのか自分からだったのか不明ながら城外に去り、
その後は消息がわからなくなり、結局生き別れとなりま
した。
父はこの戦で討ち死に、また弟の三郎は鳥羽伏見の戦い
で戦死しており、兄の覚馬も行方不明で捕らえられ処刑
されたという噂もあり(覚馬は実は薩摩藩により手厚く
保護されていたのですが)藩家が倒れただけでなく、八重
はこの時点ではすがりつくべき一切のものを失って絶望
のどん底にあったと思われます。
新島八重1
失意の底にありながら、死んだと思っていた兄覚馬が
京都で生きていることが判明、兄覚馬は戊辰戦争では
新政府軍の捕虜となっていたにもかかわらず、その聡
明さを買われ手厚く保護されており、その才能ゆえ維新
後は、何と新政府下で京都府顧問となっていました。
そこで八重と母佐久、覚馬の娘みねの三人は明治4年、
兄覚馬を頼って上洛することになりました。当時覚馬の
正妻うらは会津に健在でしたが、ある事情により上洛せ
ず、その後離婚してしまうことになります。
(関連記事:八重のこと vol.3参照願います)

それはともかく、八重たち家族は覚馬のおかげで京都に
安住の地を得ることが出来ました。その翌年に八重は兄
の推薦により、京都女紅場(にょこうば、後の府立第一
高女)の教師として奉職することとなりました。
多分その頃の写真ではないかと思うのですが、美人では
ないまでも目鼻立ちの整った品の良さが感じられる八重
の顔で、温和な表情の中にも会津武士の娘としてのリン
とした矜持が伺われますよね。
新島襄1
その後、偶然にも兄の元に出入りしていた新島襄と知り
合い多分兄覚馬の計らいにより明治8年に新島襄と婚約。
当時、新島襄の新キリスト教学校の建設計画を阻止しよ
うと町の僧侶、神官たちが連日のように抗議集会を開き
圧力をかけ、八重までもが女紅場を解雇されたりする事
件があったのち、明治9年に結婚、京都初の日本人同士
のキリスト教式結婚式であったそうです。
新島八重4
欧米流のレディファーストが身に付いていた物静かな
性格の襄と、男勝りの歯に衣を着せぬ性格だった八重
は似合いの夫婦であったといいます。しかし世間からは
夫をかしずかせ、車にも夫より先に乗る姿を見て悪妻、
烈婦と評されました。会津女の八重らしいですよね。

ここでタバコ屋の母校、同志社大学の創始者である新島
襄について触れておかねばならないと思います。
新島襄は上州安中藩の藩士、板倉家の生まれとはいう
ものの、神田江戸屋敷で生まれ育ったチャキチャキの
江戸っ子でした。
長じては幕末の激動期ペリーの黒船来航にからみアメ
リカへの憧れから、函館~上海経由でアメリカに密航、
その時の密航船のオーナーだったハーディー氏に可愛
がられ、後に同志社大学とは深い関係を持つことになる
アーモスト大学を卒業しました。

ついでながらアーモスト大学というのは同志社大学流の
言い方でアメリカではアマースト大学と呼ばれています。
またアーモスト大学は正確にはユニバーシティではなく
カレッジでした。アメリカのカレッジとは学生数が1,000人
程度の少人数の大学で、しかも全寮制となっているのが
特徴ですが、アーモストはアメリカでもNO.1の名門校でし
た。またカレッジと言っても日本の高校とは意味が異なり
ます。
余談ですが、青年よ大志をいだけで有名な札幌農学校
へ赴任したクラーク博士は当時アーモスト大学の化学
教授で襄は日本人学生第一号としてクラーク博士と親
しくなり、それがご縁で後日、日本への来日を果たすこ
ととなります。

襄はアメリカへの密航者であり罪人であったのですが、
当時の日本には通訳がほとんどおらず、訪米した岩倉
使節団により襄の存在が知れ、通訳を務めることとなり
密航の件はうやむやになりました。その後、襄は改めて
アンドーヴァー神学校を卒業し、プロテスタント(新教)
の会派である会衆派の牧師となりました。
こういうことがトントン拍子にいった新島襄に比べ、同じ
ようなことを試みた吉田松陰は死罪だったわけで、
松陰の不器用さに比べ、運の良さもさることながら新島
襄の性格が激烈でなく、素直で周りの人に可愛がられた
結果だと思います。

余談になりますが、新島襄の本名は七五三太(しめた)
といい、この名前は、祖父が女子が4人続いた後の初の
男子誕生に喜び「しめた」と言った事から命名されたとい
うダジャレのような説があるくらいですが、襄が密出国時
にアメリカまで乗せてもらったワイルド・ローヴァー号の
テイラー船長から七五三太(しめた)とは言いにくいので、
JOE(ジョー)という愛称で呼ばれていたことから、以後
その名を使い始めました。
その後生活の面倒から大学入学まで、果ては日本に帰
国後も資金援助を続ける等、我が子以上に可愛がって
くれたワイルド・ローヴァー号の船主ハーディー夫妻も
ジョーと呼んでいたようで、結局後年の帰国後は襄と名
乗ることとなりました。
もっとも、ドラエモンに出てくるキャラクターのような本名
ではスマート好みだった襄もその後やりにくかったかも
知れません。つまり同志社の創始者の名がシメタでは
全くシマラないと申しますか・・・。

日本にはキリスト教系の大学がかなりありますが、上智
大学はカトリック系というように同じキリスト教系でもその
生い立ちが異なります。以来同志社大学はプロテスタン
トの会衆派の教えを基本理念として今日に至っています。

尚、会衆派とはイギリス国教会の改革に見切りを付けた
清教徒(ピューリタン)と呼ばれる過激派が新天地を求め
てアメリカに移住した時からのオーセンティックな宗派で
それこそ朱子学にも匹敵するような、正義かそれとも悪か
のような絶対無二の価値観を持ち、後々アメリカの原理
主義として、世界中に波紋を投げかけることになります。

例えが悪いですが、第二次大戦の時、日本に対し原爆
を落とさずとも戦争終結は図れたのに何故あのような
むごいことをしてまで終結を急いだのか。ソ連への脅威
とかいろいろ政治的な理由はあったにしろ、アメリカの
意思決定の根底にはこの原理主義が働いているように
思います。つまり悪は根絶しなくてはならないという潔癖
な思想・・・、ある意味朱子学と一緒ですよね。

その会衆派教会から莫大な寄付を得ることで、日本に
キリスト教大学を設立することをけしかけられた?襄は、
一念発起、日本に帰国し旧安中藩主が以前京都所司代
を勤めていた関係で新島家は公家に顔が利き、華族の
高松家よりその屋敷の一部を借りる事に成功。今風に
言うと言葉は悪いですが、一種のデベロッパーの仕事
をした訳です。しかしいきなり大学と言う訳にはいかず、
まずは京都府知事の槇村正直、府顧問・山本覚馬の賛
同を得て同志社英学校を開校することになりました。
その最中に山本覚馬の妹、八重との出会いがあったの
でした。
翌年には手狭になったのか旧薩摩藩邸だった今出川の
現在の校地に移転しました。その後同志社女学校(のち
の同志社女子大学)を設立しましたが、なかなか同志社
大学設立には至りません。

教育者としては大隈重信とも親交があり今日同志社大学
と早稲田大学の間で学生交流(国内留学)制度があるの
はそのためです。
明治23年、やっとの思いで同志社大学設立の目処が立っ
た時、襄は病に倒れ享年46歳という若さで志半ばにして
急逝しました。
葬儀は同志社前のチャペルで営まれ、京都東山若王子
山頂に葬られました。墓碑銘は元々江戸っ子だった襄と
親交のあった勝海舟の筆によるものでした。
同志社クラーク記念館1
新島襄と八重の永年の悲願だった同志社大学設立は
大正9年、私学としては関西初の大学として認可されまし
た。写真は今出川キャンパス内のクラーク記念館です。
近年大改修工事より、竣工当時の姿に復元されました。
最近では東京駅も昔の姿に復元されましたよね。
レンガ造りの建物というのは落ち着きと威厳があり時代
を経てもその良さは失われないと思います。

余談ながら、同志社の建学精神はキリスト教精神に基
づく「良心」であり現在の今出川キャンパスには「良心碑」
として新島襄の残した「良心之全身ニ充満シタル丈夫
(マスラオ)ノ起リ来ラン事ヲ」という言葉が設立理念とし
て刻まれています。
(関連記事:今出川でのことVOL.1参照願います)
新島八重2
タバコ屋の母校とはいえ、新島襄と同志社のことが長く
なりました。八重女史の話に戻ります。
2人の間には子供が授からなかったため養子を迎えまし
たが、この養子とはうまくいかず、疎遠であったといいま
す。さらに八重はその後の同志社を支えた襄の門人たち
とも性格的にそりが合わず、同志社とも次第に距離を置
くようになったようです。
その後は女紅場時代に知りあった千宗室のもとで茶道
教授の資格を取得。以後は京都に女性向けの茶道教室
を開いて裏千家流を広めることに貢献しました。

日清戦争、日露戦争では赤十字志願看護婦となり戦傷
兵の看護にあたりました。八重にしてみれば、会津攻防
戦で生死をさまよい白虎隊の悲惨な最期を経験しており、
これくらいのことは朝飯前だったのだと思います。

また晩年には禅宗の寺院に出入りして、またまた物議を
かもすこととなりましたが、一宗派の人間が他の宗派の
話を聞いて何が悪いと、気にも留めなかったそうです。
考えてみれば、新島襄はもともと江戸っ子のモダンボー
イだった訳で、アメリカのライフスタイルとプロテスタント
キリスト教という何か未知の希望を抱かせるような宗教
にすんなり溶け込めたのでしょうが、会津の保守的な
武家の価値観で育った八重にとっては洗礼を受けた
クリスチャンだったにしても、そのライフスタイルに何か
馴染めないものがあったのではないかと思います。

最期は寺町丸太町上ルの自邸(現・新島旧邸)にて86歳
を一期として逝去。当時としては長命だったと思います。
葬儀は「同志社社葬」として4,000人もの参列者があった
そうです。墓所は襄と同じ京都東山若王子山頂の同志社
墓地に埋葬されました。

生前、世間からは烈婦、悪妻などと悪口を言われながら
も自分の信念を貫いた八重でしたが、新島襄はアメリカ
の友人への手紙で「彼女は見た目は決して美しくはあり
ません。ただ生き方がハンサムなのです。私にはそれで
十分です。」と書いていたそうで、会津女らしい一途な
八重の性格を物語るエピソードとなっています。

偶然ですが、この記事を書いている最中にNHKの「歴史
秘話ヒストリア」で八重の特集があり、ご覧になった方は
内容が重複している部分もあると思いますがご容赦願い
たいと思います。
八重についてお話することはまだ沢山ありますが、長く
なので今回はこのあたりで一旦終わりに致します。

(尚、写真と歴史の記述の一部はウィキペディアより、
朱子学についての説明は司馬遼太郎氏の著書を参考に
させて頂きました)


高貴な色

平成25年1月5日
タバコ屋は小さい頃から動くものなら何でも好きで、特に
島の子でしたから船は特別好きな部類でした。子供の
頃プラモデルが流行ったことがあり当時は軍艦が主体
でしたが大和とか長門とか、お年玉とかで買える範囲の
ささやかな金額の安物を買っては組み立てては飾り、
悦に入っていたのを思い出します。
タミヤとか、ニチモとか、フジミ模型とかいったメーカー
が発売していたように憶えています。
大和4
昭和15年(1940年)極秘のうちに建造された当時世界
最強の戦艦「大和」です。6万トン強という巨体を蒸気ター
ビンエンジンで30ノット近くもの速度で走らせ、46センチ
砲という途方もない巨砲で敵の大砲の弾が届かない射
程外から攻撃して敵艦を撃滅するというアウトレンジ戦
法を前提に開発された空前絶後の戦艦でした。

大しけの中で決行された試運転でも、ほとんど揺れなか
ったといいますから不沈戦艦と呼ばれたのもうなずけます。
ただ残念なことに、完成した頃には戦艦同士の砲撃戦な
どというのは時代遅れになりつつあり、航空機が主体の
戦闘形態に移行しており、活躍の場がほとんど与えられ
ないまま悲劇の最後を遂げたことは皆さんよくご存知の
悲しい歴史の事実です。
(関連記事:ヤマトとラムネ参照願います)
大和2
余談ですが大和は横から見ると、とてもカッコいいのです
が、プラモデルを組み立ててみると横幅がとても広く肥満
体だったのでやや意外だった思い出があります。それは
防御のための装甲装備のためだったことが後からわかり
納得出来ました。
もちろんタバコ屋が組み立てたのは写真のような立派な
ものではなく、もっとショボいものでしたが・・・。
(関連記事:技術の粋参照願います)
ビスマルク1
その点、ドイツ海軍の戦艦ビスマルクはスマートでかっこ
よかったように思います。ドイツ海軍最初で最後の悲劇
の戦艦ビスマルク・・・。
第二次大戦が始まって間もない頃、当時ドイツの最新鋭
戦艦だったビスマルクは、イギリス海軍の新鋭戦艦プリ
ンスオブウエールズを擁する機動部隊と一騎打ちとなり、
一時は優勢だったものの、航空機部隊の攻撃により航
行不能となり最後は自爆自沈しました。
ビスマルク2
いったん勝利を収めたプリンスオブウエールズもその後
日本軍の南方進出阻止のため極東派遣となり、日本海
軍の航空爆撃隊によりあえなく撃沈されることとなります。
時代の主役はヒコーキになりつつあることを自ら証明し
て見せた日本海軍が、大和を持て余すことになるとは
何と言う歴史の皮肉でしょうか。
ミズーリ2
大和を除き世界最強を誇ったのがアメリカ海軍の戦艦
ミズーリでした。この戦艦は大和に対抗するため建造さ
れたもので、その戦闘能力は大和に劣るものの、最強の
能力が生かされなかった大和とちがい、アメリカ海軍機
動部隊の一員として硫黄島作戦、日本本土空爆作戦、
沖縄作戦、はてはポツダム宣言受諾による日本の降伏
調印式が艦上で行われる等、十分な活躍をしました。

ただし、大和の名誉のために一言申し添えますと、ミズ
ーリにあって大和になかった最大のものは燃料でした。
当時のハイテク戦艦と言えども腹が減ってはイクサが
出来ないのです。とにかく大和は大食いで、一日動かそ
うものなら約600トンもの重油が必要だったのです。
(車の燃費方式で表現すると2m/L!ということです)
そのため大和は乾坤一擲の大勝負の時以外は出動出
来ず、一時はその居心地の良さゆえ、YAMATO-HOTEL
などと陰口を叩かれた程でした。それに引き換え、ミズー
リは豊富な燃料にものを言わせ、お気軽出動が可能だっ
た訳で、へたな鉄砲も数撃ちゃ・・・で、活躍の場が与えら
れたことが大和との決定的な差となりました。
歴史にIFはありませんが、大和も十分な燃料を与えられ
ていれば、それこそアウトレンジ戦法で、ミズーリを轟沈
させていたかも知れません。
ミズーリは戦後、朝鮮戦争で活躍した後一旦退役となり
洋上博物館的に使用されましたが、何と30年後に復活
することになります。
ミズーリ1
昭和61年(1986年)ミサイルやその他近代兵器をてんこ
盛りに再装備、中東沖でのタンカー護衛任務の後、湾岸
戦争が勃発し、ミサイルから大砲から撃ちまくりここでも
大活躍をしました。その後平成4年(1992年)長い現役を
全うし退役となりました。何の関係もないですがHONDA
がF1を撤退した年でもありました。
ミズーリ6
戦艦ミズーリのプラモデルです。大和とコンセプトは全く
一緒ながら、かなりスマートに感じられます。防御よりも
俊敏さを優先した結果だそうです。
こうして見ると、戦艦などというものは本当に寿命が短く、
ちなみにビスマルクやプリンスオブウエールズは建造
後僅か2年、大切に温存された大和でも5年!でその生
涯を終えており、ミズーリのみが例外的な長寿で足掛け
50年近く活躍しましたが、それとても30年のブランクを
差し引けば20年足らずということになりますか。

日露戦争時の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を
完膚なきまで全滅させた日本海軍の旗艦「三笠」が修復
保存されている如く大和も戦わなくてもよかったから生き
残り、呉か江田島に保存出来ていたら良きにつけ悪しき
につけ、後世の我々の記念碑になっていたでしょうに。

話をもとに戻します。
中学生になった頃、近所に滅茶苦茶手先の器用な1年先
輩のお兄さんがいて、自分で無垢の木を彫り模型の船を
作るのです。それも大和とか、そっくりに仕上げていました。
タバコ屋は学校が終わるとそこへ遊びに行き、終日製作
風景を眺めては感心していた記憶があります。
あまりにも熱心に通うので、その先輩も嬉しかったのか、
煩わしかったのか、タバコ屋のために一隻の船の模型を
作ってくれました。貨物船でしたがモーターで走らせるよう
になっており、それはそれで有難く拝受し、当分の間、
近くの池で走らせたり、飽きもせず眺めていたりしていた
記憶があります。やがて高校ともなると、そういうことも
過去の思い出として何隻かの艦船模型は、飾り棚で埃を
かぶったままとなりました。

時は過ぎ、タバコ屋が同志社大学に入学する頃、一大事
件がありました。
クイーンエリザベス2-8
昭和40年代前半当時、急激に台頭しつつあったジェット旅
客機にその主役を奪われつつあったものの、依然として
ヨーロッパとアメリカを結ぶ主要な移動手段であり平和と
繁栄の象徴でもあった大西洋航路に豪華客船クイーン・
エリザベス二世号が就航したのです。
(後に世界一周クルーズ船に改装されました)

もうそれは戦艦などという無骨なカタチではなく、オードリ
ーとエリザベス・テイラーと夏目雅子ちゃんを一緒にした
ような優雅で気品があり、しかもある種のクラクラを誘う
ような色香も備えた20世紀の海の女王ともいえるもので
した。
クイーンエリザベス2-3
本船はイギリスのキュナード社所有で、長らく同社のフラ
ッグシップとしてまた当時世界最大の客船として活躍しま
した。
このような種類の船のスペックを申し上げても仕方ないの
ですが一応簡単に説明しますと、
総トン数7万トンで大和よりもやや大きく長くて巾が狭く、
スマートな船体が特徴です。ちなみに全長293mで全幅
は30mとなっており、パナマ運河を通行出来るように船巾
の設計がされたそうで、奇しくも戦艦ミズーリも同様の理
由で似たような巾でした。
動力はデビュー当時、重油ボイラーによる蒸気タービン
エンジンでしたが24時間で600t!(大和並み)もの重油を
消費する極めて効率の悪いものであったため、途中大改
装し9基のターボディーゼルエンジンで発電しその電力で
2基の電気モーターを駆動する電気推進方式となり、
残りの電気で艦内の他の電力も賄うという効率的なもの
としました。その結果重油の消費量は約35%も節約出来
るようになったそうです。ちなみに2基のモーターは合わ
せて13万馬力という途方もないもので、大和やミズーリと
ほぼ同じ30ノット(時速60km弱)で航行することが可能で
した。
意外なことに竣工当時は前進か停止しか出来ず、入出
港時にはかなり不便でしたが、改装時にスクリューが可変
ピッチ方式となり同じエンジン回転方向でも後進切替えが
可能なメカとなりました。
客室は900余りで、乗客1,800人、クルー1,000人を乗せて
各地の港に寄港しながら世界一周のクルーズを楽しめる
ようにしつらえてありました。ご存知のように、このような
巨大客船は20世紀当初、タイタニックの悲惨な事故もあ
ったように大西洋横断定期航路に使用されてきましたが、
ジェット旅客機の普及によりその役割を終え、もっぱら
レジャーを楽しむ豪華クルーザーとしてお化粧直しをす
ることになったのです。
クイーンエリザベス2-1
数々の夢と希望、あるいは悲喜こもごものドラマを乗せて
世界の海を周航したクイーン・エルザベス2も、途中フォー
クランド紛争で軍用船として使用されたりしたこともあり、
船内外の老朽化が目立ち、平成20年(2008年)この写真
の大阪天保山港への寄港を最後に引退し現在はアラブ
首長国連邦のドバイで海上ホテルとして使用されている
そうです。
クイーンエリザベス2-4
突然ながら、ここまで長々とクイーン・エリザベス2のこと
を書いてきたのは船体の色を見てほしかったためです。
赤、白、黒、の3色を使い分けているのですが、それによ
り随分気品のある高貴な雰囲気が醸し出されていると
思いませんか。もちろん船体のデザインのスマートさと
も相まって相乗効果が出ているのでしょうが・・・。
タバコ屋は後にも先にもこれ程エレガントなオフネを見た
ことがありません。我が愛すべき日本にも飛鳥Ⅱとか
豪華客船があり、内装とかはひけを取らないのでしょう
が、このエクステリアは他を寄せ付けない凛とした気品
があるように思います。
やや残念なのは、理由はわかりませんが、メインマスト
が途中からやや前かがみに折れ曲がったようになって
いることです。何故なんだろう???。
クイーンエリザベス3-3
クイーン・エリザベス2の後日談です。その後クイーン・
エリザベス3が就航し現在に至っていますが、写真でお
わかりのように運航効率優先のため、船体の上部は
びっしり客室で船上マンションのようなデザインとなり、
それなりの機能美は感じるものの、タバコ屋の考える
優美さとかは遠のいたように思います。他のクルーズ船
もほとんど同じコンセプトで設計されています。
ちなみに大きさはQE2が7万トンだったのに対しQE3は
9万トンで、こうなってくるともう洋上の動く城どころか動
く街といってもいいくらいのビッグスケールです。
クイーンエリザベス2-10
何故クイーン・エリザベス2がスマートだったのかについ
て再度調べた結果意外なことがわかりました。
QE2は竣工時にはオーシャンライナー(定期航路客船)
として、正確性や速さが求められ、スマートな船体や、
非効率ながら大出力のエンジンを採用した訳だったの
です。
途中でジェット旅客機にその座を譲ってからは、いわゆる
クルーズ専用船として大改装が施されました。
最初からクルーズ船として設計されたQE3等とは外観、
メカ(高効率省エネ型)ともに異なるのが当たり前でしょ
うが、それは時代の要請によるものだったのです。

つまりモノの設計やデザインというのは、その時代の
ニーズに大きく左右されるということが今更ながらよくわ
かりました。
ついでながら正確な名称はクイーン・エリザベス二世号
ではなく、クイーン・エリザベス2(ツー)だそうです。

梅ちゃんセンセ~に共感して涙する昭和人間のタバコ
屋ですので、モノの見方、感じ方はオクルマであろうが、
オフネであろうが同じだと自分ながら思います。
ただ、新年にあたり、すがすがしい気分で高貴な色に
ついて思い巡らせた時、どう言う訳かクイーン・エリザ
ベス2の船体色、即ち赤、白、黒の3色カラーが思い浮か
んできたのです。
その説明をするために大和やらのことまで長々と書いて
しまいました。今日はこのあたりで終わることに致します。

(尚、写真の一部はウィキペディア、他より引用させて頂き
ました)


アイデンティティ

平成25年1月2日
新しい年が明けました。希望に満ちた一年にしたいと
思います。安倍さんが首相となり、日本を明るくしてくれ
ることを大いに期待している一人です。

衣食足りて礼節を知る」とてもいい言葉だと思います。
衣食足りても不平不満を唱えるというのが現在の日本で
すが、自分に夢があれば不満なんか言っているヒマは
ないのです。ただひたすら夢の実現を信じて明るく前進
したいものです。
梅ちゃんセンセ~、何故かタバコ屋はこのコトバが急に
思い浮かびました。
梅ちゃん先生6
ドラマの初期の写真ですが、戦後の焼け跡蒲田でホン
ト明るく前向きに生きましたよね。堀北真希さんのすば
らしいヘタウマ演技も大いに貢献したのでしょうが。
梅ちゃん先生8
しかし、ドラマとはいえあの当時、いくら実家が医者の家
とは言っても、女医さんを目指すのは大変だったと思う
のです。
しかしグチ一つこぼさず、根性でやり遂げました。タバコ
屋はああいうストーリー弱いです。つい涙ぐみながら見て
しまいます。
梅ちゃん先生7
梅ちゃん先生のメインキャストです。原作者の尾崎将也
さんもすばらしい才能をお持ちの方だと思いますが、また
配役もそれぞれ魅力溢れる方々でした。
梅ちゃん先生9
タバコ屋が久しぶりに大満足のドラマだった理由は時代
背景が戦後の復興期で共感を覚える場面が多くあった
のと、ドラマの冒頭に出てくるこの画面がタバコ屋の幼い
頃の島のはちまん通りの原風景と重なり、ドラマへの愛
着が余計強まったのだと思います。
ちなみに時代背景は別にしてこういう家のミニチュア模型
のことを、ドールハウスと言うんですってね。特に昭和の
レトロなイメージを再現するのが今密かなブームだと聞き
ました。
そのルーツはお雛さんヨーロッパ版とでも言うんでしょうか、
19世紀、ヨーロッパのお人形さん遊びの舞台装置として
考案された伝統玩具だったものが近年日本にも紹介され
今日に至ったようです。それでドールハウスの名前が納
得出来ますよね。
ついでながら、梅ちゃん先生のタイトルロゴ、何かノスタ
ルジックでとてもいいロゴだと思うのですが、皆さんどう
思われますか。
梅ちゃん先生3
梅ちゃん先生こと堀北真希さんは、あどけない役柄で
タバコ屋はこの目で見つめられてもゴールデンバット吸っ
た時みたいにクラクラはあまり起きませんが、今後タバコ
屋の記憶に強く残る女優さんであることは間違いなさそう
です。即ちタバコ屋のお気に入りということです。
いつでも夢を1
いきなりで恐縮ながら、自分で笑う前に皆さんに笑われ
そうな写真です。ご存知若き日の橋幸夫さんと吉永小百
合さんが歌った「いつでも夢を」のレコードジャケットです。
昭和37年(1962年)に発表され、その年の日本レコード大
賞を受賞しました。いわゆる高度成長期が始まる年でも
あり、その後、昭和39年(1964年)になると新幹線開通、
名神高速道路開通、東京オリンピック開催、等々沸き立
つような出来事が次々と続き、その時代を象徴する曲と
もなりました。
いつでも夢を2
何と初々しい写真でしょう。夢と希望はこの写真のため
にあるようなものです。この目で見られると、クラクラとい
うよりも小百合ちゃんのためにも頑張るぞという気分に
なるのが不思議です。言ってみれば「希望」という名の
セント・マリア様です。

余談ですが、マリア様は不思議な魔力を持っています。
日本人が初めて遭遇した西欧人であった、聖フランシス
コ・ザビエルもイエズス会に所属するセントマリア様に仕
える敬虔なナイト(騎士)でした。その後ザビエルにより、
日本はヨーロッパを知ることとなり、またヨーロッパも
ジパング(日本)という国を知ることとなります。またザビ
エルは日本に初めてゴッド(神)という概念を持ち込んだ
人物でもあり、その後の日本に良きにしろ、悪しきにしろ
大きな波紋を投げかけることになります。
もちろんザビエルの時代には小百合さんのような素敵な
マリア様はいなかったと思いますが、ザビエルが聖マリア
様に一生を捧げたのは事実です。ちなみにポルトガル
国王より東洋に派遣されたザビエルは今のスペインと
フランスの国境をなすピレネー山脈の麓に住む少数民
族バスクの貴族出身でした。ザビエルの生まれた城は
今も現存します。

当時の日本はまだ貧しかった中にも何か新しい時代を
予感する夢と希望があふれていました。ちなみに、あれ
ほどの短期間にまるで熱病にでもうなされたように突き
進み、途方もない大変革を成し遂げ、かつ成功した国は
世界広しといえども日本だけだそうです。
いつでも夢を3
このレコードにしても無茶で、橋さんも吉永さんも超多忙
のため、デュエットでの吹き込みが出来ず別々に録音し
たものを合成して発売にこぎ着けたという話です。
しかし最近でもサントリーがお茶のCMにこの曲を使用す
る等、日本人の琴線に訴える何かがあるのでしょうね。
梅ちゃん先生1
不謹慎ながら戦後の栄養失調の時代設定とはいえ、
真希ちゃんがもっとプリプリボインだったら、このシーン
かなり悩ましいものになったと思うのですが・・・。
それにより視聴率が上がったか、はたまた下がったか、
それはハムレットの問題です。

それはさておき、
戦後の復興時代は先進の欧米にはあって日本にはない
ものを手に入れることが一つのささやかな(実は大きな)
夢の一つだったのですが、例えば3種の神器と言われた
テレビ、冷蔵庫、洗濯機は梅ちゃん先生にも出て来た当
時の主婦の夢、あこがれでもあった訳です。やがてその
後、高度成長期ともなるとその夢は3Cと言われるカラー
テレビ、カー、クーラーへとエスカレートし、作る、売れる、
お給料も上がる、という循環構図になり、結果は世界に
も稀な一億総中流階級(意識も実際も)の国となりました。
日本が成功した理由の一つは、生産や輸出で儲かった
お金の配分が国民に広く行き渡り所得格差があまり出
来ずに中流階級が多く生まれたことだと言われています。
今の中国とは正反対です。

そのような時代を経て、現在は世界でもトップレベルの
生活水準に達し、当時の夢は実現されたと言っても過言
ではありません。
ただ夢と言うのは際限がなく次から次へとキリのないも
のではあるのでしょうが、現在の夢と言えば当時のシナ
モノへの執着はやや薄れ、身の回りのささいなこと例え
ば、家族が健康でいたい、また争いごとをなくしたい、
お金はそこそこ稼ぎたい、自分の人生目標を実現したい、
老後の生活を安心なものにしたい、等々様々ですが決し
て荒唐無稽なものではなくごく日常的なもので、それで
もって幸せになりたいといったささやかなものでしょう。

宝くじと違い、それは座して手に入るものではなく正しい
努力、言ってみれば心の持ち方をどのようにするかが
必要でしょう。
貧しかった戦後の時代、タバコ屋が子供の頃を思い出し
ても、お金や便利な電化製品等はなかったものの今より
随分のんびりしていて季節ごとのいろいろな地域行事や、
家の行事もあって結構楽しく、幸せと思える日々があり
ました。
また普段()と紋日(ハレ)のメリハリ、節度がはっきりし
ていて、それゆえ紋日が待ち遠しい(もういくつ寝るとお
正月)気分にもなりました。
余談ながら、日本に古くからあったケとハレの考え方を一
般に紹介したのは民俗学者の柳田国男氏です。

このように夢と幸せの内容は、戦後から高度成長期、
平成バブルの時代、そして現在といろいろ変わって来て
いるでしょうが、夢が際限のないものである以上幸せと
感じるには、ないものを追い続けることでなく、過去に
あったものを大切に思う心、また今あるものに感謝と満
足の心を持つことが必要に思います。
病気、破産、争いごと、事故、別離、等々の辛い渦中に
あって、今を幸せに感じ、今に感謝するという心の持ち方
は非常に難しいことだと思いますが、しかしそう思うこと
しか幸せになることは出来ないような気もします。
(関連記事:こまどり姉妹参照願います)

ところで今後仮に世の中が上向きに良くなっていく場合
でも、もはや昔の価値観のままでは駄目なような気がし
ます。
戦後の日本は、とにかく欧米に追いつけ追い越せで、
朝令暮改は朝飯前、一夜にして昨日のコンセプトを捨て
新しいものに飛び付くのが日本のお家芸と言われるほど、
何でもありの時代でした。
(関連記事:GTのお話 vol.2 参照願います)

今後は何でも総入れ替えするのでなく、昔からの良い伝
統や文化は大切に残し、それを踏まえて新しいものに挑
戦する姿勢が大切だと思うのです。ないものを得ることに
必死になった時代を経て、それが満たされつつある現在、
過去の伝統や文化を再度見直し、果たして私は何者なの
か、まわりの人や社会はどのように自分を認識しているの
か、つまり自分が自分である証(氏素性)は何かということ
をはっきりさせることが大切なように思います。
それは「アイデンティティ」とも言われアメリカの心理学者
であるエリクソン氏が提唱した考え方ですが、今ではコー
ポレート・アイデンティティというような表現で広く社会に
普及しました。
その意味ではブランドともよく似たもので、ブランドとは元
々、自分の家畜などに焼印を施し、他者の家畜と区別す
るために行われた行為でしたが現在では企業のイメージ
や商品が明らかに他の一般的なものと差別化されたもの
をブランドと呼ぶようになりました。タバコ屋の理解では、
ブランドとはアイデンティティ(氏素性)を歴史と文化で発
酵させ、それをカタチやコトバで表現し、一つのイメージと
して鮮明にしたものではないかと思うのです。
 
賢明な読者の皆さんはもうお気づきでしょう。日本は衣
食住にわたり長い歴史と伝統文化を持ち、アイデンティ
ティは十分でブランドも数え切れないほど存在してきま
した。
タバコ屋は呉服屋でもあったので、中国の呉の国で着
用されていたウエアの改良版を後生大事に販売していた
頃もありました。しかしこのブログに度々登場するオクル
マの世界では、日本はまったく歴史と伝統を持っていま
せんでした。つまりどこの馬の骨ともわからない東洋の
国がいきなり世界に打って出た訳ですからアイデンティ
ティもブランドもあったものじゃありません。

しかし日本も先達の血の滲むような努力で、オクルマの
世界にも歴史と輝かしい伝統が生まれたのです。
今後はその日本独自のアイデンティティを良きブランドに
醸成し、世界に冠たる日本であってほしいものです。
それはオクルマに留まらず、タバコ屋自身にとっても今
まで60年余り生きてきた証を、アイデンティティを、何かの
カタチで明らかにしたいという欲求が湧きおかしなブログ
を書く羽目になったのではありますが・・・。

(尚写真の一部はウィキペディアより、特殊な記述の一部
は司馬遼太郎氏の街道をゆくより引用させて頂きました)


★★島のタバコ屋の独り言★★
【7月31日:ああ創業100年】 島のタバコ屋、即ち富永呉服店が創業100年を迎えたことは先般お伝えした通りですが、皆さんよくご存知の世界的宇宙物理学者、故ホーキング博士によれば、100年なんて宇宙的時間軸で言えば、一瞬のまばたきに過ぎない訳で「島でのことも夢のまた夢」ということになりましょう。それはともかく4才の頃から道端の草にも「コンニチハ」なんて愛想を振り撒いて来たタバコ屋にしてみれば「店は客のためにある!」以上、未来永劫、店の続く限りそのテーゼを実践し続けるしかないのです。京都で300年続く老舗料亭、老舗呉服問屋もその志があったのかどうか、お聞きしたことはありませんが、当らずとも遠からじではないでしょうか。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる