FC2ブログ

時事雑感 vol.6:VWの不正

平成27年9月22日
ゴールデンに対しシルバーウイークとは 中々憎い
ネーミングだとは思いますが、高度成長万博世代で
いつまでもやる気満々のタバコ屋としては、いつまで
休んでんねんと言いたくなるほど、逆フラストレーショ
ンの溜まる日々でしたが、皆さんはどのように過ごさ
れましたか。
まだ不確かな情報ながら、VW及びアウディがアメリカ
の排気ガス規制に関する検査で、ディーゼル車におい
て検査時のみ排気ガスの数値を有利にコントロール
するソフトウエアを搭載していたことが発覚したそうで
す。もしこれが事実とすればゆゆしき問題です。
VW1
ポルシェ博士が創業したVWと言えば創業以来一貫
して色気はないが誠実でウソのない技術一本槍の
メーカーとしてのイメージがありました。
アウディにしてもポルシェ博士の甥っ子のフェルディ
ナンド・ピエヒが社長になって、ど派手戦略を取るまで
は、地味で控えめな高品質メーカーのイメージがあり
ました。
ゴルフ7-1
ところがどうでしょう、親会社子会社の関係である現在
のVWとアウディが揃いもそろってアメリカに於ける排気
ガス検査時に数値が有利になるようなインチキシステム
を過去1,000万台以上に搭載していたとは驚きです。
その台数の多さからして、主力車種のほとんどのディー
ゼルエンジンが対象ではないのでしょうか。
VWディーゼルエンジン
何故このようなことが起きてしまったのでしょう。
他山の石と言ってしまえばそれまでですが、実は我が
トヨタでもつい最近売上げ世界一を焦るあまり、品質
管理がおろそかになり大規模なリコール(不良品無償
交換)が発生しました。片やHONDAでもドル箱商品
のフィットで開発を急ぐあまり事前テストの詰めが甘く
なり同様のリコールが頻発し、停滞を余儀なくされま
した。
プリウス1
現在VWグループとトヨタグループは販売台数世界一
の座を巡り激しいつばぜり合いを演じていますが、
トヨタは先般のリーマンショック時の大打撃等の苦い
経験から、今後はいたずらに販売台数を追うことは
せず品質最優先でいくことを宣言しました。
新型フィット20-2
HONDAはそこまでの宣言はしていないようですが、
かつて創業者の宗一郎氏が存命の頃、急成長して
いた時期にN360の欠陥車問題等で同様の苦い経験
をしており品質第一で来たはずです。しかし近年は
大企業病に陥り、その精神にほころびが出てきたの
かも知れません。
パサート1
それにしてもVWグループがデータ改ざんなどと言う
姑息な手段を使うとは夢にも思わず、米当局の単なる
いやがらせであってほしいところですが、もしこれが
事実ならば、2兆円以上!という天文学的な制裁金を
払わされ、その上刑事訴追を受けるということらしい
です。VWにとっては屋台骨を揺るがす一大事です。
世界企業であるVWが倒産することはないでしょうが、
株価は下がるはユーザーからは信頼を失って販売が
低迷するは、泣きっ面に蜂みたいなことになると思う
のです。販売台数世界一を狙うなんていうことを言っ
ている場合ではないんです。何故なら制裁金とリコー
ル費用を合わせれば3兆円くらいは必要でいくら世界
の優等生と言えども一気に大赤字となってしまうから
です。

オクルマ業界にかかわらず、すべての業界において
企業の社会的使命とは優秀な製品を製造または販売
することで顧客の生活文化の向上や購入の満足、喜び
を提供することであって、その結果企業は自ら大きく
なるのではなく、顧客によって大きくさせられるというの
が僭越ながらタバコ屋の考えるあるべき企業像です。
卑近な例で恐縮ながら、タケモトピアノのCMのように
顧客からもっと、もっと作ってチョウダイということにな
って、いやいやでも大きくさせられるのです。
新型プリウス6A
オクルマ業界では400万台クラブとか600万台クラブ
とかいう言葉があって、生産規模がそのレベルでない
と世界での生き残りが出来ないなどと浅学なマーケテ
ィング学者やビッグスリー等一部のメーカー首脳が考
えているようですが、タバコ屋は真っ向からその考え
に反対です。
新型プリウス10
独自の独創的で魅力的な技術を持ち、それを支持する
一定の顧客(ファン)を持っていれば、何も企業規模を
いたずらに拡大することはないのです。
ゆるやかな成長は必要でしょうが、規模追求のための
合従連衡は単なるコストダウンが待っているだけで
その企業の固有技術や文化は消滅してしまいます。
ヴィジヴ17
事実我が愛すべきSUBARUなどは元ヒコーキメー
カーにて、極めて地味なメーカーであったにも拘らず、
BOXERエンジンを始めとする独創的な技術を持ち、
スバリストと呼ばれる熱狂的な顧客(ファン)を持って
いるお蔭で、ちっぽけな(といっても巨大企業ですが)
生産規模にも拘らず世界の中で独自の立ち位置を
築きつつあることは皆さんご承知のことです。
ヴィジヴ10
また弱点だったデザインの点でもトヨタと親戚になって
からは急速にそのアカ抜け度を増しています。
SUBARUの社長のお言葉が素晴らしいと思います。
「当社はあまり多く作りたくないけど、お客様がもっと
作れというもので困っています!」と・・・。
FCVカー1
VWがそのようなことをやった理由は恐らく販売世界一
の座をトヨタから勝ち取るために焦った結果だと思うの
です。ご存じのように環境技術とハイブリッド技術及び
水素燃料技術ではトヨタに先行されており、VWの切り
札はディーゼル技術な訳ですが、排気ガスの浄化や
燃費でトヨタに劣るともろに販売台数に影響するので
秘かにインチキシステムを搭載したのではないでしょ
うか。それはインチキをするためのシステムではなかっ
たことを祈るのみですが、タバコ屋にはそれ以上のこ
とはわかりません。
トヨタFCV-13
ただタバコ屋にとって唯一関心があるのはゲルマンと
NIPPONとどっちが志が高いんや、と言うことだけです。
もちろんNIPPONと言いたいですよね。ゲルマン野郎
NIPPONを舐めるんじゃねーぞ。
FCEVコンセプト31
我がトヨタよHONDAよ、焦ることなかれ。企業の社会的
使命の原点に立ち返り、顧客に魅力的で安心な製品を
提供することだけを考えなさい。そうすれば顧客の方が
放っておくはずがなく、居ても立ってもおれずディーラー
に駆け込んで「それ下さい!」などと衝動的に叫んでしま
うと思うのです。販促活動なんかも最小限でいいんです。
もっと大切なことは、社長自身が一台一台に実印を押し
、愛着を持って世に出せているかどうかということです。
何も実印というのは銀行に行ってお金を借りる時だけ
に使用するものではありません。
ニュービートル1
多分、VWは社長がその実印を押す作業を怠った結果
だと推察しますが、この際わかっていないアナリストの
意見など聞く必要はなく、社長自身が再度自社製品に
実印を押せるかどうか検証すればよいだけなのです。

断片的な情報ながら、今回の事件は他山の石どころか
自山の石であり、いやしくも企業経営に携わっている方
や次期東京オリンピックのエンブレム迷走問題に象徴
されるように諸々の組織のトップに立たれている方の
姿勢が厳しく問われる出来事だと思います。

また更に言わせて頂くなら、今回の事件を契機にドイ
ツ勢が推進するディーゼルは信頼性を失って徐々に
失墜し、タバコ屋が以前から申し上げているように、
日本勢が推進するハイブリッド(HV)、さらにその発展
形のプラグインハイブリッド(PHV)が主流になってくる
と思うのです。日産のゴーンさんがお気に入りの電気
(EV)もありますが、意外なことに自動車の黎明期から
あった古典的システムにも拘らず、普及しないのは、
乗って楽しくないからだと思います。
多分PHVが主流となり、その後いよいよ次世代のエース
水素燃料電池車(FCV)のご登場ということになるのでは
ないでしょうか。

燃えよ剣 vol.3:HONDAの苦悩

平成27年9月14日
先日の記事にて御紹介したように、HONDAは只今F1に
再挑戦中なんですが、勝てないどころか最下位に近い
ところを低迷しており、誇り高きマクラーレンとHONDAは
無責任なメディアから袋叩きに会い、そのプライドは大い
に傷付きつつあります。
マクラーレンHONDA-MP4・30-39A
しかしここは正念場なんです。何が正念場かと申しますと
二流の人間や組織はここで自己保身のため、周りを非難
するんです。相手(パートナー)が悪い、環境や条件が悪
い、果ては地球が悪い、宇宙が悪いと・・・。

一流は違います、黙して語らずただひたすら良い方向に
向かうための改善策を見つけようと努力します。
その点、マクラーレンはやや焦り気味で、HONDAに対し
現場監督の新井氏を更迭せよとか、軽率な言動に出てい
るようですが、HONDAにはそういう行動は取ってほしくな
いと思います。浮世離れしたスーパーカーでは世界から
一定の評価は受けつつあるものの、所詮はちっぽけな
マクラーレンとは違いHONDAは世界企業でありジェット
機まで作っている世界に冠たるテクノロジーを有する企業
なんですから。マクラーレンとは志のレベルが違うんです。
(注:タバコ屋がHONDAの社長ならそう考えます)
HONDAF1-RA108(2008マシン)
とはいっても、オールHONDAで臨んだ近年のF1では全く
勝利からは見放されていましたので、あまり大きいことは
言えません。ただHONDAの名誉のために申し添えますと
いよいよ撤退という段になってやり手のロス・ブラウン
HONDAチームの後を委ねたのですが、その翌年、平成
21年(2009年)にはいきなりF1世界チャンピオンとなった
ので、歴史にIFはないものの、HONDAもあと一年辛抱し
ていれば栄光が微笑んだのかも知れません。
マクラーレンHONDA-MP4・30-20-1
さて前置きが長くなりました。前回の記事でHONDAが何
故勝てないのか、何故遅いのかということについて、タバ
コ屋がくどくどと小姑話しをしたのでしたが、結論は熱の
処理がうまくいってないために、ハイブリッドシステムの
補助動力装置であるMGU-K(制動エナジー回生発電機
+電気モーター)及びもう一つの発電装置であるMGU-H
(排気エナジー回生発電機)の性能が低下もしくは破損
したことと、トータルでの有効利用方法に問題があること
でした。
(関連記事:燃えよ剣 vol.2:HONDAの挑戦参照願います)
マクラーレンHONDA-MP4・30-27A
どうも突き詰めるとMGU-H(発電機)に究極の原因がある
ことが最近わかったようです。元々エンジンについては
かつて30年近く前、マクラーレン・HONDAでF1を席巻した
時代より世界NO.1の自負と実績があり、今回もエンジン
単体ではメルセデス、フェラーリ、ルノーに劣ってはおら
ず、互角の実力があるようです。全くの推測ながら1.6L
シングルターボエンジン単体では700馬力前後出ている
のではないかと思うのです。それに補助モーターの180
馬力程度が加わり、合計900馬力出ればメルセデスや
フェラーリと互角に戦えるはずなんです。
HONDA-F1エンジン2A
しかし現実は遅く、最下位の周辺を低迷という状態です。
これは恐らく180馬力のモーター出力の持続時間が少なく、
わかりやすく言えば充電性能が悪く、すぐに電池切れの
状態となりモーターが機能しなくなり、エンジンだけでの
走行となって、上位のチームとまともに戦えない状態で
あると思います。

電池切れの原因をさらに突き詰めると、MGU-H(充電ジェ
ネレーター)を回転させる、排気ターボに直結した特殊な
設計の軸流コンプレッサーに問題があるようです。
HONDAとしてはすぐにでも再設計し、対策部品と交換
したいところです。

余談ながら、タバコ屋の素人考えでは今でも真の原因は
熱処理問題だと考えており、もし規定が許されるのであれ
ば、画期的な水冷モーターを採用し、あまり電力を使用
せずに、例えば他メーカーの1/2しか消費しない省エネモ
ーターで、しかも高性能を維持出来れば、電池切れの問
題も解決出来ると思います。笑って頂いて結構です。
HONDARA109(V10)-8-4.jpg
どうでもよいことながら、現行エンジンのヘッドカバーは
モダンながらも味気ないペロンとしたものですが、昔日
の伝統的な凹凸のあるHONDAスタイルにしてほしいと
思うのは、タバコ屋の単なるノスタルジーなのかも知れ
ません。
もう一点、歯がゆいと思うのは、パワーユニットの裸の
部分を公開してない点です。現状ではカバー類に覆わ
れまくって、エンジン本体がどれで、モーターがどのよう
にくっ付いて、ターボがどうなっていて、ふむふむという
ことが全くわかりません。現在のパンチラ状態ではタバ
コ屋のフラストレーションは溜まる一方です。全部見せ
ろとは言いませんがHONDAに猛省を求めます。
マクラーレンHONDA-MP4・30-29
悲しいことに、現在のF1規定は複雑かつ保守的でシーズ
ン途中での抜本的なエンジン改良は事実上出来ないよう
なしくみになっており、HONDAが弱点を発見しすぐに改善
しようとしてもそれは来シーズンまで待たねばなりません。
F1マクラーレンホンダMP4・4-5-4
かつてのマクラーレン・HONDAが栄光を極めた時代は、
規定が大変ゆるやかで、排気量及びターボか自然吸気か
と言った基本的なスペックを守りさえすれば、あとはそれを
V10にしようがV12にしようが自由でした。またエンジンが
ぶっ壊れても取替え自由で、エンジンメーカーにとっては
走る実験室、研究室としてやりがいのあるものでした。
現在はそこが大きく異なります。
マクラーレンHONDA-MP4・30-40
ああHONDAよF1復帰のこの一年は屈辱にまみれて過ご
さねばならないと思うのですが、現在のF1は昔日のエン
ジン単体でのパワー競争ではなくハイブリッド・システム
によるトータルパワーで競われており、その分野ではお
得意のはずのHONDAゆえに、やや舐めてかかった点が
あるのではないでしょうか。
近未来F1・LF1-1
全く別の話題になりますが、最近F1でも電動モーターの
フォーミュラEでも死亡事故が起こっており、ドライバーの
安全のため、コクピットをキャノピー(風防)で覆うべきだ
との議論が起きています。
タバコ屋は大賛成です。いつまでもクラシックなフォーミュ
ラ・スタイルを守る必要はなく、キャノピーは元よりタイヤも
半分くらいは覆ってもよいルールにすれば、フィンのいっ
ぱいくっついたあの醜悪な空力ノーズなど、今とは随分違
ったスマートなものになると思うのです。
マクラーレンHONDA-MP4・30-36
HONDAにエールを送って差し上げたいところですが、
上記の理由により、タバコ屋ではどうしようもありません。
ただ若干の救いがあるとすれば、モンツァやスパのような
パワーサーキットでなくハンガリーやシンガポールのよう
なテクニカルサーキットではまんざら捨てたものではない
性能と成績が期待出来ると言うことです。
鈴鹿ですか~、それはビミョーな問題ではないでしょうか。

燃えよ剣とタバコ屋が力んでみても、肝心のHONDAは、
燃えるのを通り越して足元から炎上しているのですから。
(関連記事:燃えよ剣参照願います)

時事雑感 vol.5:エンブレム

平成27年9月5日
新国立競技場のゴタゴタに続いて、東京オリンピックの
エンブレムもトラブルとなり白紙撤回という無様な結果
となりました。タバコ屋はもとより皆さんも随分歯がゆい
思いをされたのではないでしょうか。
東京五輪エンブレム2
選定の経緯や責任をとやかく言う気はありませんが、
新国立競技場の時と同様、選定にあたっては日本を代
表するようなデザイナーや有識者が関わった筈なのに
このような事態になったことは残念でなりません。

日頃から日本のカーデザインについては、苦言を呈し
ているタバコ屋ですが、今回のエンブレムのデザインに
ついても一言意見を述べさせて頂きたいと思います。
アルファロメオ・エンブレム1
そもそもエンブレムとはシンボル、象徴のことで、具体
的には特定の人や組織、あるいは物を表現するための
図案を指します。厳密に言えば紋章とは異なりますが
近年では混同して使われている例が多くあります。
またエンブレムという言い方よりも、似たような意味の
ロゴマークと言った方が、一般的でわかりやすいと思い
ます。
ポルシェ・エンブレム2
従って特定のものを象徴的に表すエンブレムは、自己
証明書(アイデンティティ)を形にしたものなので、類似
のものがあってはならず、個性的であるべきで、また
ビジネスがからむ場合は商標登録をして盗用(パクリ)
を防止する必要があります。
また新規にデザインする場合は、過去の商標登録され
たものや、登録されてなくても一般に認知されているよう
なデザインは確認しておき、それと類似することを避け
なければなりません。

尚、余計なことながら、商標がらみで良く見かけるものに
®とTMのマークがありますよね。
R(レジスタードマーク)は特許庁で認められた登録商標
に付けられ、一方申請はしているもののまだ正式に商標
として認められていないものにはTM(トレードマーク)
付けられます。
(関連記事:アイデンティティ及び
ブランドに秘められたもの vol.2:外国車参照願います)
東京五輪エンブレム4
そのような常識はすべてわかっている方々が関わった
今回のオリンピック・エンブレムが何故ベルギーのリエー
ジュ劇場のロゴとそっくりなデザインを採用してしまった
のか。

肝心のデザイナーである佐野研二郎氏は盗用を全否定
していますが、その他の事例で次々に盗用や流用が明る
みに出て、抜き差しならない事態となり、採用辞退を申し
出、大会組織委員会がそれを受けて採用中止を決定した
という結果になったことは皆さんご存じの事柄です。
佐野氏に盗用の意図があったかどうかは別にしてそれを
採用した大会組織委員会と選定委員会にも責任はあると
思いますが、誰も責任を取らないようなので、ある意味
佐野氏は可愛そうな気もします。

白紙撤回により再度デザイン募集し、選定し直すという
いわば仕切り直しということなので、かなりの時間ロスと
発注済みのポスター等の廃棄による金銭の損害が出る
ことは当然ですが、今度は十分な吟味をして、NIPPON
らしい個性的なエンブレムを作って頂きたいと思います。
東京五輪エンブレム3
さて佐野氏が提案したデザインですが、タバコ屋は素人
ながら、コンピューターを駆使したいわゆるCG(コンピュ
ーターグラフィックス)であることは容易に想像出来ます。
CGそのものはデザイナーにとっては有力なツールで
あり、それを全面否定しようとは思いませんが、近年は
それに依存し過ぎて、またいろんな事例データの取り込
みや組み合わせ等が簡単に出来過ぎて、ついついこの
ような事例が起こりやすいのではないかと思います。

盗用騒ぎになる前は、佐野氏のデザインは、モダンで
力強いGOOD-DESIGNであると高い評価を受けていまし
た。しかしタバコ屋はいかにもCGを駆使した安易なデザ
インであり、あまり感動を覚えませんでした。

思うに、もっと自分の感性に素直に手書きのスケッチを
描き重ね、最後の最後でそれをCGに落とし込むという
ような地道な作業が出来なかったのでしょうか。
シエンタ1
話はうんと飛びますが、昨今の国産車デザインについて
どのメーカーもCGを駆使した複雑な曲線を多用し(タバコ
屋に言わせればチンケで無駄な曲線)逆に肝心な全体の
フォルムのバランスを台無しにしている例が多く、また
大切なエンブレムとも言うべきフロントフェイスもモデル
チェンジごとにくるくる変えて、そのクルマのアイデンティ
ティや固有のモチーフといったものはその都度使い捨て
状態となっています。
アウディA3コンセプト-1
悲しいです、何もメルセデスの引きつりオメメやアウディ
のパックリお口を真似なくてもいいんです。以前から申し
上げているように、NIPPONは面ではなく線の民なので
すから、線でも特に直線の民なんですから、直線を生か
したシンプルで品性のあるデザインは出来るはずです。
欲を言えば全体のフォルムがバランス良くしかも塊感の
表現が出来れば二重丸を差し上げてもいいと思います。
N-BOX・カスタム1
一番残念なのは、現在国内最大市場となっている軽四で
各社競ってチンケでグロテスクなオクルマの総合展示場
みたいになっています。
この際成長著しい新興国を視野に入れて、ワールドスタ
ンダードなボディサイズに修正し、シンプルなデザインと
最新のメカを搭載した新世界国民車を構想したらどうか
と思うのです。
VWワゴン6
具体的には、軽四ではハイトな1BOXでなければ軽四に
あらずという風潮ですが、いくら乗降が便利とは言えちょ
っと強い横風が吹いたら倒れそうな程、アンバランスな
縦横比を改め、1BOXと言うのであればあのグロテスク
な鼻づらをいっそボディで覆ってしまい、本当の1BOXに
すれば良いのにと思います。
N360-4.jpg
かつてのワーゲンが、ミニが、また日本ではN360が
果たしたあの役割を再びNIPPONのメーカーが果たし
てくれることを期待しています。そのさえあれば技術
大国NIPPONにとって実現は難しいことではないと思い
ます。
ヴィジヴ3-1
トヨタ、日産には申し上げても仕方がないですが、せめて
アバンギャルドのHONDAとSUBARUには独創的なメカ
もさることながら、独創的かつ持続性のあるモチーフを
伴ったデザインで世界に冠たるオクルマ大国のアイデン
ティティ
を示してほしいものです。

蛇足ながら写真はSUBARUのコンセプトカー「ヴィジヴ
ですが、シンプルで力強い躍動感に溢れており、また
SUBARUのアイデンティティである、特徴的なフロント
グリルはもとより、その中心部にはSUBARUのエンブレ
ムである六連星が光っています。
アイデンティティ(他とは違う自己の証明)と言うのは
こういうことを指すのではないでしょうか。
(関連記事:好みの基準 vol.4:品性とダイナミズム参照
願います)
スバルロゴ1
蛇足の付け足しながら、SUBARUはかつてのフォーク
歌手、高石友也のヒット曲「受験生ブルース」に似たとこ
ろがあり、「♪相手に優越感(期待感)与えておいて、後
でショックを与えるさ~」の一面があって、必ずしもこの
通りの市販車が販売される保証はありません。

今回のオリンピック・エンブレムの話題に関しデザイナー
である佐野氏及び大会組織委員会の志の低さを感じた
タバコ屋ですが、合わせて国産車デザインへの苦言と
なってしまいました。

余談ながら、新国立競技場問題、タバコ屋はイラク出身
のザハ・ハディド女史のデザインは独創的ながらお金が
掛かり過ぎなので没となったのは良しとしたいです。
ただタバコ屋の予想では2,600億円を2,000億円以内で
出来れば良いのにと思っていたら、1,550億円以内でや
るそうなので、国税を使う以上そうあるべきながら、極端
なダイエットとなり果たして中身は大丈夫かという要らぬ
心配をした次第です。

★★島のタバコ屋の独り言★★
【7月31日:ああ創業100年】 島のタバコ屋、即ち富永呉服店が創業100年を迎えたことは先般お伝えした通りですが、皆さんよくご存知の世界的宇宙物理学者、故ホーキング博士によれば、100年なんて宇宙的時間軸で言えば、一瞬のまばたきに過ぎない訳で「島でのことも夢のまた夢」ということになりましょう。それはともかく4才の頃から道端の草にも「コンニチハ」なんて愛想を振り撒いて来たタバコ屋にしてみれば「店は客のためにある!」以上、未来永劫、店の続く限りそのテーゼを実践し続けるしかないのです。京都で300年続く老舗料亭、老舗呉服問屋もその志があったのかどうか、お聞きしたことはありませんが、当らずとも遠からじではないでしょうか。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる