FC2ブログ

島のビックリポン酢開発 vol.1

平成28年3月23日
プロローグ
ポン酢というのは日本の伝統的な調味料であり、お鍋の
付けダレや焼き物に、また和風ドレッシングとして酢の物
やサラダ等々、多様な用途に使われています。
基本的にはお醤油+お酢+香りのベース+ダシ他調味
料をブレンドしたものですが、香りのベースとして古来より
日本の伝統的な芳香性柑橘であるゆず、だいだい、すだ
ち、カボス等々が使われ、種類も多く、またそれぞれの素
材を用いて様々なメーカーさんが製造しているため、もう
日本には星の数ほど製品があり、市場は完全に飽和状
態であり今更ポン酢開発なんてビックリポンの暴走行為
かも知れません。
ドラッグレース12
しかし、しかしです。捨てる神あれば拾う神ありと言うじゃ
ないですか。もし香りが独特の個性的なもので、お味が
万人に受け入れて頂ける美味なものであればやってみ
る価値はあるのではないでしょうか。タバコ屋はサントリ
ーで働いたことはありませんが、サントリーの経営理念
は「やってみなはれ!」であるとお聞きしています。
トリス1
タバコ屋も雌伏65年、亀のごとく伏したまま黄昏を迎えつ
つある島の商店主。物狂いで始めたみかんの産直事業
やジュース等製造業で慣れない事業ゆえ当初はうまくい
かず、一時枝ぶりの良い松を探した時期もあったものの、
果たせず今日まで生き長らえることになりました。

ある時、タバコ屋の同志社大学自動車部の一期後輩で
このブログにも度々ご登場頂く、京都の紙製品の老舗
である福井朝日堂のいとはんである福ちゃん(石川女史)
にお話したところ、大阪には旭ポン酢さんゆうて結構有
名なポン酢屋さんがあり、タカジンさんがTVで紹介して
から爆発的に売れ出し今では年間200万本!も売れて
るそうやから参考にしはったら?とアドバイス頂きました。
旭ポン酢1
調べてみるとたしかにそのとおりで、斜陽商品、飽和商
品であるはずのポン酢ながら実際にはメチャ売れている
商品もある訳で、内心意を強くした次第です。
ここはサントリーさんでもないでしょうが「死に土産にやっ
てみなはれ」と自分に言い聞かせました。
大浦湾遠景3
発想の原点は、中島が日本でも有数のいよかん産地で
あることでした。みかんの事業を手掛けている事もあり
いよかんはふんだんに入手出来る立場にあります。
またいよかんは主に生果実で食べるほかジュース、マー
マレードに加工されてきましたが、もともと芳香性の柑橘
で、その爽やかなフレーバーは和のテイストを持ち、心な
しか春の訪れを感じさせるものがあります。
いよかん園地2
またここに至るまでには伏線がありました。実はジュース
の製造を始めて間もない頃、ラインナップを充実するため
ジュースだけでなくレモンやだいだいのストレート果汁を、
香りを楽しむエッセンスとして開発しました。これはこれで
一定のニーズがありジュース程ではないにしても根強い
人気を頂くことになりました。
レモンイメージ
余談ながら、果汁の殺菌にあたりレモンは特に熱に弱く
加熱しすぎると独特の薬品臭がしてくるため低温殺菌が
必要で、それをマスターすることだけでも随分時間と労
力を要し、試行錯誤と失敗を繰り返した末、今では本来
の香りを保ったレモン果汁をお届けすることが出来るよ
うになりました。
わらべイメージ2
次に試みたのは温州みかんやいよかんの青摘み果実を
皮ごと搾り、香りの果汁として製品化することでした。何
故青摘み果実を使用したかと申しますと、まだ青い果実
にはこれから成長しようとする生命力に溢れたエネルギ
ーと若々しい芳香に満ちており、お肉で言えば子牛や子
羊の肉であって、良いものが出来ると考えたからでした。
世に出すにあたりさてその名前を何にするか悩みました
が、成熟する前の青い果実を搾ったもの故「わらべ果汁
とすることにしました。写真はそのわらべ果汁なんですけ
ど、内緒の話ながらわらべの文字はタバコ屋の直筆です。
IMG_1156_2.jpg
これまた余談ながら自然の命を丸ごと頂くという考え方は、
マクロビオテック等自然食の世界においてもかねてより主
張されていることであり、当社ではその考え方にもとづき
搾汁方法は果実丸ごと(皮ごと)搾る方法を採用していま
すが、欠点としてはきつく搾ると果皮の苦味がでるのでゆ
るく搾るため(搾汁率30~40%、大手メーカーは異なる
搾汁方法で70%)大変効率の悪い方法です。その搾汁
方針は製品名にも生かされており、当社製品名はすべて
丸しぼり果汁」として統一されています。
蛇足ながら、商標登録はポッカさんがされていますが、当
社の方が早くから開発使用していたため並行使用が認め
られている因縁のブランド名です。

またレモン果汁のところでもお話しましたが、果汁の風味
を生かすという点では、一般的にジュース業界で行われて
いるプレート殺菌法(100度以上の高温で瞬間殺菌)を用
いず、蒸気釜による中温度殺菌法(80~90度で10分程度
殺菌)を採用しており、自然の風味を損なわないような配
慮がなされています。これも搾汁方法同様大変効率の悪
いやり方ですが、レモン果汁の場合はそれでも風味を損
なうので低温殺菌(65度で20分程度殺菌)を施している訳
です。

世の中そんなに簡単に行く訳もございませんが、案の定
温州みかんは香りが弱く、また果汁の色がジュースのよ
うにややオレンジがかっていたので不評で結局廃止とな
りました。一方いよかん果汁のほうは香りがよく、色もレ
モン果汁とよく似た薄いクリーム色にてまずまずの仕上
がりでした。しかしレモンやだいだいのように香りの果汁
としての認知度が全くなく、近年では窓際のトットちゃん
のお立場となっていました。
旭ポン酢3
島のポン酢開発に当たり、タバコ屋が心がけたことは以
下のようなことでした。
1.世にポン酢と名の付くものは地場産、メーカー品を含
め数えきれないほどあり、あえて世に出すにはそれなり
の個性や話題性はもとより、歴史や物語を持ったもので
なくてはならない。
2.愛媛・中島がいよかんの代表産地であることから加工
製品化の一環としていよかんの更なる活用を図りたい。
3.現状、いよかんをベースにしたポン酢は殆んど市販さ
れておらず、さらにいよかんの芳香、特に青摘み果の、
みずみずしくも初々しい香りは個性的なポン酢のベース
として適していると考えられる。
IMG_1056.jpg
さて基本コンセプトは固まりました。しかしタバコ屋は自社
製造にてジュースやその他のストレート果汁及びジャム
等は賄えるもののポン酢の製造は専門メーカーさんにお
願いしなくてはいけません。幸いなことに松山の三津浜
地区に、タバコ屋のスーパーに戦後古くからお取引頂い
ている村要本店さんというお醤油とお酢のメーカーさんが
あり、創業100年以上の老舗で中島に住む人たちには長
年の馴染みの味であり、またそこの社長ご夫妻とは地域
のイベントや催事等でもよくご一緒していたので顔なじみ
でもありました。恐る恐るお願いしてみたところ、快く引き
受けて下さることになり、さあやるぞという気持ちになって
きました。

失敗は成功の元とは言うものの、よわい65才にして大失
敗というのもお恥ずかしいので、タバコ屋の基本作業は
この辺までとし、製品プロデュース及びブランディングは
タバコ屋がいつもお世話になっている広島のギミックさん
にお願いすることに決めたのですが、ギミックさんも西日
本一帯で広域にクライアントを抱える売れっ子デザイナー
ゆえ引き受けて頂けるかどうか心配でしたがこれも快諾
頂きあとは村要さんにお願いして試作を重ねベストな商
品を作るというところまでこぎつけました。
どんな製品開発であれ、幾度も試作を重ね、これならと
いう納得のもとで世に出す訳ですが、今回も試作につい
ては紆余曲折ありなかなか大変でしたし、現在も試作が
続いています。その模様については次回の記事にてお
話しようと思いますのでお楽しみに。

時事雑感 vol.7:アベノミクスの是非

平成28年3月6日
ここ最近、円安の進行で、日本国内の輸出を主たる業
務とするオクルマ産業は莫大な利益を上げつつあり、
VWのディーゼル排ガス規制の不正問題等の追い風?
等もあり、トヨタは世界NO.1の座を勝ち得ています。
その波及効果で日本全体が景気良くなってほしいと
安倍総理も願い、タバコ屋も祈っていた矢先、どういう
訳か、その状況は一変し急激に円高が進行しつつあり
大企業の好業績を背景に日本の好景気を誘導すると
いう安倍総理の目論見は先行き不透明な状況になりつ
つあります。
安倍晋三首相5
安倍総理は野党のバッシングにもめげずよく頑張って
いらっしゃると思うのですが、僭越の極みながらタバコ屋
が仮にもし総理であるなら、大企業への他力本願ではな
く、自力本願での行政施策により、日本を好景気に導き
たいと思います。その施策とは何でしょうか。
ピラミッド3
それは「クフ王のピラミッド建設」プロジェクトなんです。
皆さんご存知のように、有史以前の紀元前2,500年以上
という気が遠くなるような昔、悠久のナイル川の恩恵を受
けた古代エジプトは、穀物(小麦)の生産によりその歴代
王朝に莫大な富をもたらした訳ですが、さてそれをどう使
うかという段になって、クフ王は考えました。ロールスや
フェラーリ?を何百台買ったって、たかが知れていると。
戦車1-1
最新の戦車(2輪馬車)だって周辺諸国最強の台数を揃
えており今の戦力で十分である。それよりもその莫大な
富を下層民に提供して(お給料として)ピラミッド作ったら
皆に喜ばれ、長期的な好景気循環みたいなシステム作
れるんじゃないだろうかと。それには短期間で出来てしま
うようなショボイ物ではだめで、完成に何十年もかかるよ
うな巨大プロジェクトでなければ経済効果が薄い・・・。

余談ながら、クフ王がどこの大学出たのか知りませんが、
こんな巨大プロジェクトを一人の思い付きで出来る訳も
なく、それを支えるテクノクラート集団がいた筈なんです。
具体的には、王の構想(コンセプト)を具体化する総合プ
ロデューサーから始まって、設計、施工、労務者管理、
経理、賄い、その他諸々のエキスパートが大勢いた筈
です。そもそもピラミッド建設はクフ王よりも数代前の王
から始まったようですが、その構想を王が言い出したの
か側近のブレーンが言い出したのか、今となってはミス
テリーの部分ではあるにしてもです。
ピラミッド1
クフ王は実践しました。しかしピラミッドは純粋な王墓で
はなかったと思うんです。それは公共事業プロジェクトの
モニュメントであり、副次効果として当時崇拝されていた
太陽神の象徴として空前絶後の巨大王墓兼神殿?とし
ての役割も果たすと言う、一石二鳥の大プロジェクトだっ
たと思うんです。
ご愛嬌にスフィンクスなどという可愛い脇役を添えたりし
て。まあ、仏教(真言宗)で言えば守護神の不動明王み
たいなもんでしょうが。
(尚、一般的な通説は王墓ということになっています。)
スカイツリー1-1
それにしても建設後4,000年も耐える建造物を作るなん
て凄いことだと思いませんか。東京スカイツリー、4,000
年後はどうなっているんだろう。
兵馬俑2
中国でも隋の煬帝(ようだい)が北方騎馬民族(当時は
突厥)の侵入に備えて万里の長城を建設したほか、大
運河の整備や兵馬俑で有名な巨大墳墓、始皇帝陵を
作ったりしましたが、数十万人に及ぶ労働者を奴隷とし
て働かせ、お給料は払っていなかったと思うんです。
従ってピラミッドのような公共性、普遍性はなかったと思
います。それが証拠に隋は煬帝の死と共に脆くも消滅し
てしまったじゃないですか。
仁徳天皇陵2
日本ではこのようなビッグスケールの公共プロジェクトは
少ないと思うのですが、古代では仁徳天皇の前方後円
墳が有名で、すべて人力であった当時ハンパではない
オシゴトだったと思うんです。また平城京とか平安京の首
都建設や大仏殿のような巨大建造物の造営が挙げられ
ます。
大阪城7
近世では普請好きだった豊臣秀吉が聚楽第を始め信長
の安土城コンセプトを一歩進め、戦国時代の集大成とし
ての巨大プロジェクト、大阪城の造営を果たしました。
大阪城を一言で言い表すならば、基本的には商人であっ
た秀吉の戦略思想、人生観をカタチにしたモニュメントだ
と思います。
大阪城2
余談ながら信長・秀吉時代から家康の治世に移行した
歴史的意味を申しますと、事業家、商人感覚の信長と
その遺志を引き継いだアグレッシブ感覚の秀吉に対し、
百姓感覚の保守性一点張りだった家康の世となり、徳
川260年の安泰は勝ち得たものの、その間日本はルネ
サンスに始まるヨーロッパ世界の急激な近代化という
潮流からは完全に取り残されてしまったというのが真の
日本史です。わかりやすく申しますと、信長・秀吉=ゼニ、
利害、得失、華美、先進的、片や家康=米、身分制によ
る上下秩序、質素、引きこもり、といった図式でしょうか。

蛇足ながら、巷間良く知られているお話でホトトギスを例
にトップリーダーの性格を言い表しているたとえがありま
すよね。「鳴かずんば」の後に続ける言葉として、信長=
殺してしまえ、秀吉=鳴かせてみせよう、家康=鳴くまで
待とう、ズバリその性格を言い得ていますよね。
では「鳴かずんば、諦めましょう」というリーダーの場合
はどんな評価となるんでしょうね。
鹿鳴館1
やがて明治維新と言う一大クーデターにより、徳川家に
とっては賊軍であり虐げられた薩摩(島津)と長州(毛利)
は積年の恨みを晴らすことにより皮肉にも世界史でも稀
な奇跡的近代化を果たすことになりました。
東京オリンピック7
話を、ピラミッド建設に戻します。
現代では戦後の高度成長時代の引き金となった東京オ
リピック、大阪万博による大規模な国家レベルのインフ
ラ整備が行われ、また今太閤とも言われた田中角栄首
相の列島改造論に基づく新幹線網の整備、及び全国レ
ベルでの砂防堰堤、防波堤の整備(いわゆる公共土木
工事)により日本全国コンクリート漬けになってしまいは
したものの、こと景気推進ということに関しては絶大な効
果を発揮して来たと思うんです。
リニアモーターカー3
さて、アベノミクスです。東京オリンピック開催が決まり、
それなりの一大効果はあるでしょう。またリニア新幹線
構想とその推進も景気を押し上げる大きい要因だと思
います。しかしアベノミクスの神髄は円安誘導によりまず
大企業の業績を向上させそれによる波及効果により景
気拡大を狙っている訳で、株価の下落等により円高にな
ればその目論見が怪しくなるという他力本願的な要素が
あると思うんです。

そこで、悠久のピラミッドまで遡る必要はないにしても、
国民が納得するような超巨大プロジェクトを立ち上げ、
その推進をすることで数十年に及ぶ好景気循環システ
ムを作ってはどうかと思うんです。

具体的には荒唐無稽なお話ながら、以下タバコ屋ミクス
プラン
をご提案したいと思います。
白き砂浜11-1
1.国土復刻プロジェクト
かつて田中角栄首相によって日本総コンクリート要塞化
された沿岸部をかつての白き砂浜、青き松原の状態に
復刻(レストア)する。ご存じのように沿岸部には大抵主
要道路が走っており、その保全の意味もあって防波堤
がある訳ですが、例えば道路を陸地側へ移し替え、また
道路のない海岸部は防波堤の必要もないと思うので壊
し元通りにする。(三陸地方等津波の心配が大きいとこ
ろは逆に防波堤を強化するのは当然ですが)
では壊したコンクリートの瓦礫はどこへ捨てるのですかっ
て?。それは簡単です。沖の海に投入して魚礁にすれ
ば減ってしまった魚がまた戻ってくると思います。
50年かかろうが100年かかろうがいいじゃないですか。
それにより新たな雇用が生まれ、国土が美しくなるんだ
ったら、何でも反対の某政党だって反論出来ないんじゃ
ないでしょうか。
(関連記事:夏の日の思い出 vol.1:プロローグ参照願い
ます)
原爆7
2.核兵器無力化プロジェクト
以前の記事でも書いたことがありますが、現在日本がい
くら核兵器を廃絶しようと世界に呼びかけても既に核兵
器を所有している5大国は真剣に向き合ってはくれず、
北朝鮮に至っては世界の良心を踏みにじるが如く更なる
核兵器開発に邁進するという暴挙に出ています。

こうなったら、日本の取るべき道は只一つ、核兵器ハン
タ~イなんて言ってないで、世界唯一の核被爆国として、
かつては日本国そのものが滅亡寸前まで追い込まれた
訳ですから、ここは毅然として実力阻止に出ようではあり
ませんか。即ち現在の核爆弾(原爆、水爆)を無力化して
しまうシステムを作ればいいんです。世界に冠たる日本
の優秀な頭脳を結集すれば出来ないことはないと確信
します。ニュートリノの研究もいいですけど、ここは国家
プロジェクトとして10兆円かかろうが100兆円かかろうが
最優先で取り組むべきです。そのお金は決して無駄には
なりません。その開発過程で無数の周辺技術が確立し、
例えば原発の危険性問題なんかも嘘のように解決する
かも知れません。だって核兵器の無力化ということは原
発を自在にコントロールする技術の確立と言うことじゃな
いですか。声を大にして言いたいです、東大、京大の優
秀な諸君、あれこれとっ散らかった研究しないで、今こそ
世界平和のために核兵器無力化の研究をせよと!。

それに対する研究者のモチベーションが必要だと仰るな
らば、簡単なことです。安倍総理が「今後我が国は核兵
器の無力化に関する研究に対し最大限の支援を致しま
す。」と一言仰ればいいんです。
(関連記事:時事雑感 vol.4:ヒロシマ・ナガサキ参照願い
ます)
海上基地4
3.祖国防衛のための基地は海上基地とせよ!
この提言は手前味噌ながら以前にも申し上げたことにて
多くを申しませんが、要するに陸上のしかも生活者圏内
に航空基地があるために諸々の難しい問題が起こる訳
で、それを移動可能な海上基地に換えればいいんです。
メガフロートもしくは軍事的にはMOBと言うそうですが、
何兆円かかったっていいじゃないですか。それで基地周
辺の生活者の困窮と危険が解消されるのであれば皆が
幸せモードになれますし、また海上基地建設ともなると、
そこには新しいテクノロジーと消費需要が生まれます。
だって一つの海上基地だけで3,000~5,000の人が生
活することになる訳ですから。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.3
参照願います)


以上3つの巨大プロジェクトの内、一つを実施するだけで
も自力本願による巨大なGDPと言う名の需要が発生する
訳で、為替や株価に一喜一憂しない日本国としての将来
基盤が出来ると思うんです。

タバコ屋手帳の読者の方で、安倍総理と親しいお方はい
らっしゃらないものでしょうか。いれば仲介のお世話を頂
き、このことを御提言申し上げたいと思うのですが・・・。

今回はNHK朝ドラのあさちゃんのカミヒコーキみたいな
飛んだお話にて島のタバコ屋もついに頭に来たかと思わ
れる読者の方もいらっしゃるかも知れませんが、体温計
では36度台ですし血圧も130前後にて発狂の自覚症状
はございません。

★★島のタバコ屋の独り言★★
【4月10日:ああ創業100年】    島のタバコ屋は先々代が呉服屋を創業以来3代目となり、その間戦後間もない頃には島のバス運営事業を試みる等様々な営みを経て今日に至っています。皆さんよくご存知のNIKONも創業100年なんですが、比較にはならないものの同じ時代を生きてきた訳です。かつてオハイオのメアリーズビルで活躍する夢を抱いたこともあった青年も年を取りました。さて今後の100年をどのように生きて地域のお役に立っていくか、タバコ屋にとっては後継者である倅への「死に土産」としてそのコンセプトを確立しておく必要があると考えています。しかし倅にとっては年寄りの余計なおせっかいに写るかも知れませんよね。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる