FC2ブログ

時事雑感 vol.8:とと姉ちゃんのこと

平成28年8月19日
最近のNHK朝ドラはビックリ・ポンのあさが来たを始め
ヒットの連発で、只今放送中のとと姉ちゃんも大人気に
て、タバコ屋も前回のあさちゃんのめざましい活躍以来、
毎朝TVにかじり付いています。
今は故人となりましたが、京都長岡京に在住だった叔父
がお勤め中はTVなんか見ない人でしたが、定年退職後
は当時の朝ドラにかじり付いていたのを思い出し、ああ
自分もそのような年になったのかと感慨深いものがあり
ます。
(関連記事:島のビックリポン酢開発 vol.4参照願います)
とと姉ちゃん2
さてこの物語は戦後荒廃した日本の日常生活を憂い、
衣食住にわたりその生活文化の検証と提言及び啓蒙
に多大な影響力を及ぼした雑誌「暮しの手帖」を創刊し
た大橋鎭子とそのパートナーだった花森安治が苦闘を
重ねた実話をもとにしていますよね。
(関連記事:アイビーで朝食を vol.1:いざ倉敷へ参照
願います)
とと姉ちゃん7
高畑充希(たかはた みつき)さん演じるとと姉ちゃんこと
小橋常子は幾多の困難を乗り越えて「あなたの暮し」と
いう雑誌を支えていくのですが、これは今風に言えば
生活情報発信誌とも言える斬新なもので、当時の生活
者、特に女性からは圧倒的な支持を受けました。
とと姉ちゃん9
只今ドラマは佳境に入りつつありますが、そのキモは
2つあり一つは雑誌に広告を載せないということで、広
告を載せるとそのスポンサーからの影響を受け記事内
容が歪められるおそれがあったからです。
二つ目は戦後当時粗悪商品の多かった時代にあって
メーカーに頼らず自社で商品テストを実施し、雑誌を通
じて読者に商品の優劣やその選択及び正しい使用法
を啓蒙したことでした。
暮しの手帖1
そのような熱き編集理念を実践した雑誌ですから当時
公平な情報など皆無に等しかった生活者から圧倒的な
支持を得たことは当然だったのかも知れません。
朝鮮戦争特需1
「暮しの手帖」が創刊されたのは昭和28年(1953年)で
すが、昭和30年代に入ると朝鮮戦争による特需により
日本が奇跡的な復興を果たし、高度成長を始めた頃で
白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫が3種の神器としてもては
やされました。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.1
参照願います)
零戦-11
話しはいきなり飛びます。戦争により完膚なきまでに破
壊された航空機産業は戦後アメリカにより、封印されて
しまった訳ですが、そのかわりに台頭してきたのがオク
ルマ産業で、行き場を失った多くの優秀なヒコーキ技術
者が心機一転、今まで培った技術を駆使して国産車の
開発、製造に乗り出すことになりました。
(関連記事:零戦の末裔参照願います)
アメリカンドリーム3
皆さん意外でしょうが、当時オクルマで世界最高峰の技
術と品質を誇っていたのはアメリカでした。2番3番はな
きに等しい状態でしたが、しいて言えば大衆車の分野で
イギリス、フランス、ドイツが続いていたくらいでしょうか。
つまり戦争により国力を消耗し尽くしてしまっていた各国
はオクルマをまともに作る力が残っていませんでした。
唯一アメリカだけはあれほどの戦争でもびくともせず逆
に戦後の一大繁栄を謳歌した訳です。
(関連記事:混沌と秩序 vol.3:流通編(後編)参照願い
ます)

しかし時間が経つにつれ、アメリカ以外の戦勝国も敗戦
国も徐々に国力を回復し、国産車の開発、製造により
急速に力を付け、果ては豊かな国アメリカへの輸出を
開始するに至りました。

奇跡の復興を遂げた日本も例外ではありませんでした
が、戦時中世界でもトップクラスの技術を誇った航空機
はともかく、オクルマでは欧米各国に比べ歴史と技術の
蓄積がなく、国産車とはいえお粗末なものしか作る能
力がなかったのです。
CG創刊号1-2
そのような時代背景のもと昭和37年(1962年)ジャーナ
リストの小林彰太郎氏を中心とするメンバーにより二玄
社からCARグラフィックが創刊されました。
その編集理念は「暮しの手帖」とよく似ており、厳正中立
な評論と豊富な海外レース情報を中心に、美しい写真で
紙面を飾るというもので、ややこじつけながらオクルマ版
「暮しの手帖」とも言えるものでした。
小林彰太郎1-1
ただ編集長の小林彰太郎氏はイギリス車の熱心な信奉
者であり、創刊当時から一貫してイギリス車はもとより
ヨーロッパ車は大絶賛で、一方国産車はボロクソという
評価でした。当時日本はそれだけの実力しかなかった
訳で厳正中立な評価と言う点では当然でした。
当時の国産車メーカーの技術者はCARグラフィックの記
事により随分悔しい思いをしたと思うのですが、それが
バネともなり、短期間で飛躍的な性能向上を果たすこと
になります。
つまり「暮しの手帖」が日常生活のバイブルならCARグラ
フィックはオクルマのバイブルであり啓蒙書でもあった訳
です。
(関連記事:アイビーで朝食を vol.1:いざ倉敷へ参照願
います)
CG2
その後、昭和40年代に入りタバコ屋が同志社大学自動
車部に在籍していた頃には誌名もCAR GRAPHICと改
められ、我々オクルマ好きのビンボー学生にとっても
バイブルとなっていきました。ただし当時かなり高価な
雑誌だったので常時は購入することが出来ず、今出川
キャンパスに程近い本屋のおじさんのハタキを覚悟で
立ち読みをさせて頂いたことは1度や2度ではありませ
んでした。
CG5 雑誌NAVI-4
やがてCAR GRAPHICは絶頂期を迎え、昭和59年(19
84年)には姉妹誌としてNAVIを創刊しました。
CAR GRAPHICがハードウエア主体の記事に対しNAVI
はソフトウエア主体の記事で、各界専門家の対談やエッ
セイ等、ユニークな記事が満載でした。
著作1
今は故人となりましたがヘタウマ漫画やマルビ・マルキ
ン等のおもしろ流行語を発明する等で有名だったナベゾ
画伯こと渡辺和博氏が「エンスーへの道」というタイトル
のコラムにユニークな漫画入りの記事を連載していまし
た。
著作4
ちなみに、今では当たり前となったオクルマ・オタクを指
すエンスージアストを略した「エンスー」という流行語は
渡辺氏が発明したものです。
(関連記事:島のスイーツ開発 vol.5:ナベゾさんのこと
参照願います)

「暮しの手帖」の最大の特徴であった独自の商品テスト
を行い公正な評価をするという点においてはCAR GRA
PHICでも自社で最新のオクルマを購入し長期テストに
よる性能の総合評価を実施していました。
ただとても高価な商品なので注目されている一部の車
だけを購入しあとはメーカー広報車を借り出してその性
能をチェックする現実的な方法を採っていました。
暮しの手帖3
さて現在です。商品は過剰なほど溢れ返りまたその品
質も戦後当時とは雲泥の差で向上しました。またそれ
を伝える雑誌等の情報も同様に溢れ返り、おまけに
インターネットという瞬時に世界を駆け巡る情報伝達手
段が普及するに及んで、「暮しの手帖」やCAR GRAPH
ICのような雑誌による情報発信は時代の役割を終えた
ように思います。両方とも存続しているものの、かつて
我々が熱病にうなされるように読みあさり、影響を受け
たそれらの雑誌は時代の主役ではなくなりつつあります。
(注:NAVIは平成22年(2010年)より休刊)

ただいくら時代が変わろうとも、生活者、消費者に正し
い情報を伝えたいという熱い理念は残るべきで、その
手段は雑誌ではなくインターネット(WEB)によって引き
継がれていきつつあるのだと思います。

当世オクルマ寸評 vol.2:HINATAのこと

平成28年8月8日
暑中と言うべきか、残暑と言うべきか連日猛暑の日々
が続いていますが、皆さんお変わりないでしょうか。
さて冒頭タイトルのHINATAって何のことだろうと思われ
る読者の方もいらっしゃると思うので若干説明をさせて
頂きます。HINATAとは昨年度の東京モーターショー及
び大阪モーターショーにおいて発表されたダイハツの
現行ムーヴ・コンテに代わる次世代コンセプトカーとして
発表された意欲的なモデルのことです。
ムーブ・コンテ1
写真は現行のムーヴ・コンテですが、カクカク・シカジカ
などというCMコピーで皆さんはご記憶のオクルマかも
知れません。このオクルマはタントのようなトールボーイ
(背高車)やミラのような這いつくばったようなオクルマ
でもなくその中間的な車高サイズにて、縦・横・高さとも
バランスの取れたデザインにて、タバコ屋は秘かに気に
入っていたオクルマでした。ただダイハツらしくと言いま
しょうか、エンジン音はゴーという味気ないサウンドで、
また乗り心地は可も無く不可も無くのレベルにて、ダッシ
ュボードに至っては、冷蔵庫の操作パネルをコピーした
かのような味気なさであり、エクステリアデザインのみは
気に入ってはいたものの到底購入意欲は起こらないシ
ロモノでした。
ヒナタ1-1
そこへ颯爽とプロトタイプデビューしたのがHINATAでし
た。縦・横・高さのバランスの良さ、塊感がありしかも温
かみを感じさせるような丸っこい全体のライン、ハイカラ
かつカジュアルな感覚はタバコ屋お気に入りのセンスで
した。
ヒナタ2
以前にもタバコ屋の好みは別記事にてくどくどと申し上
げていますが、このダイハツHINATAはズバリその感性
をカタチにしてくれたものでした。
ヒナタ5
ただしダッシュボードは最悪で、幼稚園のお絵描きボード
みたいな感じで、幻滅の悲哀を感じましたがコンセプトモ
デルと言う事で市販車段階では修正されるだろうという
かすかな望みは持っていました。
(関連記事:東京モーターショー異聞 vol.5:国産車編
参照願います)
ヒナタ3
実はタバコ屋の愛車である赤いお嬢ちゃんを普段のゲタ
代わりに使用するには土台無理があり、2人しか乗れな
いのはもちろんのこと、特に夏には完全暖房仕様のオク
ルマに乗ることは地獄を意味しており、セカンドカーを取
得することは現実問題として、どなたにも納得して頂ける
ことではないでしょうか。
クロスポロ17
第一候補としてはタバコ屋お気に入りのVWクロスポロ
なんですが、その理由は機能としては4ドア+リアハッチ
の5ドアタイプで使い勝手が良く、しかもFWD(前輪駆動)
のお手軽SUVながら車高が高いので乗降性に優れて
いることなんです。
それと同等にお気に入りなのがその愛くるしいデザイン
でそれも2代目ではなく初代でなくてはなりません。
クロスポロ8
またダッシュボードはタバコ屋好みのシンメトリカル(対
称的)でシンプルながらも品性の漂うものです。大衆車
なので高級感はありませんがチープな安物感はないで
すよね。国産車ではこのクロスポロに匹敵するオクルマ
は見当たりませんが、唯一ダイハツの意欲作HINATAの
みが気を吐いておりタバコ屋としても大変気になる存在
でした。
キャンバス1
さて最近のスクープニュースによりますと、これが次期
ムーヴ・コンテでコンセプトモデルHINATAの市販車版だ
そうです。ネーミングはキャンバスになるそうで、断定的
なことは言えませんがそれが事実とすれば、え~何これ
と言いたいです。角と丸のデザインがごちゃ混ぜでオカ
オは漫画チックであり、もうHINATAと同じデザイナーが
関わったとは思えないほど別物になってしまいました。
タバコ屋流に言えばチンケなデザインです。
キャンバス3
そのリアデザインですがHINATAの良さであった丸みを
帯びたラインは失われ、ありきたりのカクカクシカジカな
デザインとなっています。残念です。こんなもんどこにで
もあるやんか~と叫びたい気分です。HINATAのデザイ
ンを返せと言いたいです。コンセプトモデルどおりに市
販しなさいと命令したいです。
(関連記事:大阪・京都・奈良・巡礼 vol.1参照願います)
キャンバス2
後部ドアは常識的なスライドドアのようですがHINATAで
は観音扉となっており現実的ではないと思っていました。
ここはまともに修正がされているようです。
キャンバス4
ダッシュボードもお絵描きボードから現実的な家電製品
の操作パネル感覚に修正はされたようですが、これでは
新しい製品に対する何の感動も起こりません。ああまた
かくらいの感情しか起きません。何もBMWミニのように
超個性的なダッシュボードにしろとは言ってないのです
が、これではステアリングのロゴを替えるだけでスズキ
の新車ですと言ったっておかしくないと思います。

問題はコストではないと思うんです。限られた予算の中
で高級感は出せなくてもいいからいかに知性と品性が
表現出来るかということでしょうが、そこには確かな経
験と先見性に裏付けられたデザイナーの卓越した感性
が必要になるでしょう。

以前の記事で国産車のデザインの不甲斐なさを嘆き、
感性の限界という言葉を使いましたが今回のHINATA
の市販化においてまたもや同じ言葉を使用せねばなり
ません。ダイハツのデザイナー諸君これは一体どういう
ことなんでしょうか。彼らの感性はHINATAに対するタバ
コ屋のいじらしいほどの期待を無残に打ち砕いてくれま
した。(関連記事:感性の限界 参照願います)

つい最近、トヨタとは親戚関係を通り越して家族の一員
となったダイハツですが、タバコ屋は今後ダイハツに対
しハイカラとかカジュアルとかデザインに関わる期待と
いうものを持てないような気がします。HINATAの市販化
への期待が大きかっただけに、その失望も大きいと言う
ことでしょうか。
(関連記事:好みの基準 vol.7:カーデザイン参照願い
ます)
クロスポロ3
かくなるうえは現在は市販されていない初代クロスポロ
を中古車で入手する以外、タバコ屋のセカンドカー構想
は多分実現することが出来ないでしょう。
(関連記事:ダウンサイジングのススメ 及び
終わりなき旅 vol.6:同窓会余話参照願います)

★★島のタバコ屋の独り言★★
【7月31日:ああ創業100年】 島のタバコ屋、即ち富永呉服店が創業100年を迎えたことは先般お伝えした通りですが、皆さんよくご存知の世界的宇宙物理学者、故ホーキング博士によれば、100年なんて宇宙的時間軸で言えば、一瞬のまばたきに過ぎない訳で「島でのことも夢のまた夢」ということになりましょう。それはともかく4才の頃から道端の草にも「コンニチハ」なんて愛想を振り撒いて来たタバコ屋にしてみれば「店は客のためにある!」以上、未来永劫、店の続く限りそのテーゼを実践し続けるしかないのです。京都で300年続く老舗料亭、老舗呉服問屋もその志があったのかどうか、お聞きしたことはありませんが、当らずとも遠からじではないでしょうか。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる