FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EとHの相克

平成26年11月24日
EとHの相克と申しましても、何も「君の名は」での氏家真知子と
後宮春樹の関係のごとく、どっちになるのかはっきりしてよといっ
たじれったいものではなく要するにエレキと水素のお話なんです。
君の名は4-1
3丁目の夕日世代なら薄っすらとご存知のごとく戦後間もなく昭和
22年にラジオドラマ化され、その後映画化やTVドラマ化され一世
を風靡した「君の名は」のストーリーは荒唐無稽でハチャメチャでは
あるものの、世の女性をとりこにして、「君の名は」の放送時間帯は
銭湯の女湯が空っぽになったと言うくらい、今の韓流ドラマそこのけ
の一大ブームで、そこに当時の女性をハラハラ、ドキドキさせるドラ
マチックな何かがあったんでしょうね。まドラマでは皆をやきもきさせ
ながらも最後は余韻を残したハッピーな場面で終わるのですが・・・。
ニッサンリーフ1
さて、EとHのドラマのことです。賢明な読者の皆さんはもうお気付き
のことながら、昨今E=エレキ(電気)を動力とする電気自動車(EV)
が普及しつつありますが、従来型のバッテリーを動力源とする現行
EVに対し、H=水素を主燃料とし水素と酸素の化学反応により生じ
る電気を動力源とするFCV(Fuel Cell Vehicle=燃料電池車)が
注目されつつあります。写真はNISSANのEV車リーフですが、メカ
の先進性には敬意を表するもののデザインは劣悪でまるでヒキガエ
ルの様でもありバッテリーの化学反応が起きる前にタバコ屋はアレ
ルギー反応を起こしてしまいます。ああかつての栄光のNISSAN
はどこへ行ったんでしょう・・・。
舟木一夫4-1
余談になりますが、リーフと言えば、タバコ屋お気に入りの青春歌謡
歌手舟木一夫さんの初期のヒット曲「高原のお嬢さん」の中の歌詞
に「♪リーフ~、リーフ~、君に僕の恋を語ろう」という部分がありま
すが、NISSANリーフ相手ではとてもそのような気分になれません
よね。尤も「高原のお嬢さん」の発表が昭和40年のことであり今と
なってはカビの生えた遠い過去の話なので、読者の皆さんにとって
は、タバコ屋が何を言っているのか意味の分からない話ですよね。
余計なことながら、当時は歌と映画がセットになっていて、ヒットを
目論む場合の定番方程式でした。つまり「高原のお嬢さん」という
歌と映画が同時に発売され相乗効果を狙ったという訳です。
FCXクラリティ-2
オクルマに戻ります。FCVも言ってみれば電気自動車の一種なの
ですが、従来のEVが充電によってエネルギー補給をするのに対し
FCVは水素を注入することによりエネルギー補給をする点が異なっ
ています。そもそも既存のオクルマはもとよりEVの動力源である
カーバッテリーは他の発電装置(ジェネレーター等)によって発電
された電気を貯めておく電気貯蔵庫であるのに対しFCVの動力源
である燃料電池は自家発電所である点が根本的に異なっています。
また最近は同じハイブリッドながら、外部コンセントから充電可能
なPHV(プラグインハイブリッド車)が出てきて、皆さんも何が何だ
かわからなくなっているのではないでしょうか。
写真はHONDAのFCVコンセプト車であるFCXクラリティですが
実は10年以上前からコツコツと開発が続けられてきて一部公共
機関等でテスト走行が実施されて来ました。時節到来を待っていた
という面もあるでしょうが、今迄はHV(ハイブリッド車)の華々しい
活躍により、脚光を浴びることはありませんでした。
FCEVコンセプト15-1
ところがいよいよ時機到来と判断したのかどうか、また満を持して
準備をしてきたのかどうか、この度FCXクラリティを大幅に改良し、
デザインも一新した次世代のHONDA-FCVを発表しました。うー
ん、最近のHONDAデザイントレンドに忠実に沿ってはいるものの
なかなか斬新な近未来的フォルムです。かなりGOODです。
FCEVコンセプト18
エンジンに相当する電気発生装置(燃料電池)とモーターはフロン
トボンネット下に収まっているそうですが、かなりの熱を発生する
ためその排熱の工夫がいろいろされているようです。フロントフェ
イス左右の縦方向のスリットもその一環だとは思いますが目障りで
他に方法はなかったものかと思います。それさえなければ近未来
カーとして、タバコ屋好みの塊感のあるモダンなデザインだと思い
ます。
FCEVコンセプト12
そのリアデザインです。全体のフォルムはセダンながら4ドアクーペ
とも呼べる流麗なもので、次期NSXにも通じるモダンなリアエンドの
造形とも相まって大変ハイカラでかっこよいと思います。当初のコン
セプトモデルであるクラリティと比べ、随分進歩していると感じます。

ここだけの話ですけど、このFCVのリアデザインはNSXよりも洗練
されておりタバコ屋がHONDAのオーナーならNSXのリアデザイン
はこれに変更しろと言うくらいです。何故ならばデザインの良さは元
より、ナンバープレートがトランクリッドに配置されてバランスがいい
のと格納式のリアウイングを組み込むのに丁度良い形状であるため
です。最初から露出したリアウイングがある車はレーシングカーでも
あるまいし、これ見よがしで思わず腰が引けてしまいます。
その点ポルシェ、マクラーレン等はほとんど格納式のリアウイングを
採用していますよね。
FCEVコンセプト25
このFCVに搭載される燃料電池というシステムは一種の発電機
でもある訳で何もオクルマだけでなく事業所もしくは家庭用の電力
供給源としても開発されています。タバコ屋は以前水素をどうやっ
て定期充填するのかという素朴な疑問を持っていましたが、何の
ことはない都市ガスから水素を取り出す装置(モジュール)を作り
それと発電装置(セルまたはスタック)をくっつければ良く、都市ガス
会社にとっては新たなショウバイの種になるというお話です。そこ
が直接水素を燃料とするFCV(燃料電池車)とは基本的に異なる
ところです。
FCEVコンセプト24
尚、事業所もしくは家庭用のシステムは屋内への電気の供給は
もとより排熱を利用して給湯器としても利用しています。つまり
水素発電&湯沸かし器という訳です。エネファームという統一名称
で市販されていますが、エネルギー効率が70%以上という理想的
なシステムで補助金制度もあるもののFCV同様高価で(300万?)
まだ一般普及には程遠い状態です。
FCEVコンセプト19
また、FCVは水素を燃料として走行するだけでなく、外部に対し電力
源としても利用できるオマケの効用があるのです。さきほどの写真
でHONDA-FCVのボディ横に写っている装置がこれですが、車体
と繋げばバッテリーとして利用することが出来ます。
トヨタFCV-16-1
さて、総本家トヨタのことです。トヨタは一見保守的なメーカーに見ら
れがちですが、どうしてどうして結構アバンギャルドでそれが証拠に
HV(ハイブリッドカー)はプリウスにより世界に先駆けて開発発売に
至りました。FCVにおいてもHONDA同様数十年前から地味な開発
が進められていたのですが、奇しくもHONDAと時を同じくして市販
車の発表となりました。ショウバイ上手でもあるトヨタのことゆえ機を
見るのに敏なはずで、時機到来と判断したのだと思います。
そのFCV、名前はMIRAI(未来)だそうですが、今迄のセダン離れ
した先進的なデザインです。フロントボンネット下の燃料電池(セル)
部分にかなりの熱が発生するため、大きなお口をパックリ開け、
またヘッドライトまわりにも隙間を開けた独特のデザインですが、
レクサスがプレデター顔ならMIRAIはダースベーダー顔とも言える
えぐいデザインでもっとほかに選択肢はなかったものかと思います。
トヨタFCV-17
そのリアデザインです。特に破綻もなくまともだと思います。ただし
特徴的なのはエキゾーストパイプが見当たらないことで、当然なが
ら、出るのは水だけなので、それはボディ下部の穴から排出される
ようになっているらしいです。
トヨタFCV-25
ある意味とても危険で不安定な気体である水素を貯めておく燃料
タンクです。超高圧に耐えられるよう炭素繊維等で幾重にも保護
されているようです。多分このタンクだけでもトヨタは相当数の特許
を取得しているのではないでしょうか(タバコ屋の独断推測です)。
FCEVコンセプト30
さて究極のエコカーとしてFCVはHONDA、トヨタ両社の発表以来
マスコミを賑わしているようですが、問題は水素供給のインフラが
整備されないとこのシステムは働かない訳で、HONDAは岩谷と
組んでSHSと呼ばれるコンパクトな水素ステーションを開発し、
FCVの普及に向け総合的な取り組みをしているようです。
FCVカー1
現在主流となりつつあるハイブリッドカーに続き恐らくFCVカーの
分野でもトヨタとHONDAがしのぎを削ることでしょう。NISSANも
参入を表明していますが、残念ながら問題外だと思います。
現在の世界中の自動車メーカーの関心は、果たして近未来のオク
ルマの動力システムの主流がいかなるものになるのかでしょうが、
その点リスクを恐れず世界に先駆けハイブリッドカーを世に出した
トヨタ、HONDAはあっぱれだと思います。多分FCVの分野でも世
界をリードしてくれることでしょう。一番悔しがっているのはVWで、
彼らもFCVを開発しているものの、難題が多く実用化に踏み切れ
ないかあるいはまだ機が熟していないと判断しているのが本音では
ないでしょうか。
トヨタFCV-27
今まで、欧米諸国のマネから始まりやがて追いつき追い越しつつ
ある訳ですがHVカー及びEVやFCVの最先端テクノロジーの分野
で日本の独創技術が世界に認められる時が来れば、その時こそ
NIPPON車のアイデンティティが確立する時であり、未来に向けた
基本戦略のベクトルは間違ってなかったと胸を張れると思います。

タバコ屋個人の考えではEとHの相克はHが優勢となり、現在主流
となりつつあるHV(ハイブリッドカー)及びPHV(プラグインHVカー)
の次はEV(電気自動車)ではなくFCV(燃料電池車)が主流になる
と思うのです。何故ならばFCVは1回の水素充填で600km程度も
走れる航続性を持っているからなのです。今後量産効果で現状の
700万という価格が半分になり水素ステーションの設置が進めば
一気に普及することでしょう。

コメント

No title

ちわっ!
EとH、車よりE・H・エリックという名前のほうが懐かしく響きます。 このブログのどこかに書いてあったように記憶しているのですが、あまりにも文章が多すぎて探しきれません。 東芝日曜劇場か日産提供のミュージックショーかなんかの番組に出ていたと思いますが、懐かしい響きです。 前田美波里や岡田美里ともつながっていたような。
もう一人、舟木一夫は私が最初に就職した会社の同期の男が追っかけやっていたことを思い出します。

ところで、EとH、最近どうでも良いかという気になっています。
すぐに乗りたいほどの魅力はないし値段は高いしということで、化石燃料世代としてはエンジン音と振動が五感に気持ち良いというところに落ち着きます。
世の流れは日用品としての車であり、嗜好品ではない方向に向いているので、そういう意味からも遠い世界に感じてしまいます。 
どちらが良いかと問われればやはり水素でしょう。 エネルギーや環境を考えれば水素に座布団1枚!
原子力で電気作って電気自動車を走らせるのだけは勘弁願いたいもんです。

Re:混沌のEとH

拝復、ちわっすです。いつもながらユニークな上山式感想論文を頂き、恐縮です。う~ん、EHエリックさんですか。タバコ屋世代なら懐かしく思い出される名前ですよね。シャボン玉ホリデーとか・・・。

上山氏の同期に舟木一夫の追っかけがいたとは驚きです。タバコ屋の島でも後輩の女子に同じく舟木さんの追っかけが約1名いて、京都の南座で関西公演がある時は必ず!!行っているみたいです。アホや。

上山理論のオクルマ日用品化説はタバコ屋も同感なんです。かつての猛々しくもハツラツとしていたNISSANを懐かしみ、セナ時代の栄光のHONDAを想い、かつ現在の両社の不甲斐なさをぼやいているタバコ屋ではあります。

EとHの相克については上山博士はH有利とお考えのようです。タバコ屋も同感なんです。少なくとも日本ではEVは定着しないように思います。上山博士おっしゃる、ヌメ~として音のしないオクルマなんか気持ち悪いですよね。FCVも同じ電気自動車ながらこちらは水素を燃料とする発電モジュールからそこそこサウンドが発生するようなのでやや救われるかも知れません。プシューでもシュワシュワーでもウイーンでもとにかく音がしていればああメカが動いているという実感が湧こうと言うものです。

上山理論で言うところの原子力発電極悪説、タバコ屋も大賛成です。あんなもん、大雑把なアメリカ野郎が作った史上最悪のエネルギー源な訳で(有害うんこの始末が不可能)、今後はオクルマ同様エナジー分野においてもNIPPONが世界のリーダーシップを取る時が来ているのです。ゼロ戦で鍛えた省エネ、マルチパーパスというビンボーNIPPONコンセプトはエナジーの分野でも応用出来ると思うのです。だって池にある藻からガソリン作りましょかという時代ですから。

これは大切なテーマにつき、さらなる上山博士の独創コメントを頂きたい心境です。

No title

ちわっす!
エネルギー問題は深いでしょうね。 なにせいろんな考えの人や利害関係者が多すぎて、独裁的な手法以外は解決できないでしょう。
エネルギーを好き放題使うのが当たり前の時代になっているものだから余計にややこしいと思います。 
私の実家は、敦賀原発からは20km近く、もんじゅ・美浜原発からもほぼ30km圏内にあるので、福島は他人ごとではないのですが、福島の後始末を見ている限りとても運転再開など許せるものではありません。 誰も責任取らない、賠償もろくにしないのに立ち入り規制やらするだけで住民のことはなにも手当できていない状況を見るにつけ、一体この国の政治は誰のために行っているのかと憤りしか感じません。 都会の人は自分の自宅が立ち入り禁止になって、そのうえもう戻れないから買い上げますといっても立ち入規制がかかった現状の値段でしか買えませんと言われたらどう思うのでしょうか?
地元自治体や電気をいっぱい使用する地元企業は電源立地給付金などと結構な金が動いていますが、一般市民には直接恩恵などほとんどありません。 地元自治体はそのお金を残しておいていざというときに市民を助けるなどという施政者など存在しないし。 
個人的には、どうしても原発を運転したいならもし事故があったときに損害賠償なり具体的にどう手当することを約束してからなら、リスクと原発の必要性と何かあったときにしてもらえることを天秤に図って決めればとは思いますが、天文学的な賠償なんかできるわけがありません。
廃棄物にしても持っていくところがないものを単に先送りして、自分たちだけが良ければ的な都合のよいことしか考えません。 東京の地下にでも廃棄物を埋めるくらいのことをするならまだ救いはありますけど。
今が良ければ将来はどうなっても良い、自分たちさえうまくいけば他の人はどうでも良い的なところは、現在の自民党の政治にもいたるところに現れていると感じています。
根本的な問題を、時間と犠牲も伴いながら解決しようとすることから逃げているとしか思えませんし、国民も他人事みたいに思って、日本や日本経済の現実を見ようとしていないのではないでしょうか?

Re:イノベーション

拝復、ちわっすです。力のこもったコメント有難うございました。
う~ん、上山氏のご実家福井はよく考えたら関西一円の電力を賄う越前原発団地の真っ只中にあるんでしたよね。うがった見方かも知れませんが、会津藩といい、福井藩といい、松山藩といい、元賊軍の幕府親藩の県は軒並み原子力発電所と言う途方もなく危険なシロモノを背負わされていますよね。タバコ屋の島もすぐ向かい(西方)の山口県上関(かみのせき)というところに原発を作ろうという動きがあり猛烈な反対を受けています。もう原発は稼働させてはいけないのです。

では誰がA級戦犯なのかと言われればトルーマン、オッペンハイマー、果てはアインシュタインまで断頭台に送らねばなりません。しかしここまで原発が拡散されてしまった以上現実的な手段としては早く原発に依存する電力供給システムを解体し、他の方法で電気を賄う社会に移行すべきでしょう。

タバコ屋に妙案がある訳ではありませんが、こんな無茶なコンセプトを推進してきた欧米人にはその主役の座から降りて頂き、今こそNIPPONが未来に展望の開けるエナジーシステムを構築し世界にプレゼンすべき時が来ていると思います。欧米人には今まで間違ってました、お次はこれでどうでしょうなどといった厚かましい振る舞いをさせるべきではありません。

オクルマではHV、EV及びFCVテクノロジーで世界をリードし、ヒコーキでは炭素繊維による軽量化技術で世界を席巻しつつあるNIPPONじゃないですか。エナジーの分野でもきっと安全で革新的なコンセプトを打ち出せると思うのです。欲を言えばコンピューターのカテゴリーでもマイクロソフトにはご退場頂いて、もっと使いやすい日本的気配りのある総合基本ソフトをプレゼン出来るポテンシャルがNIPPONにはあります。何も規模や研究員の数で決まるのではなく、少数の精鋭のヒラメキこそが大切なのですから。ここのところは踏ん張ってもらって中国やインドに負けるわけにはいかないのです。

タバコ屋もややオーバーヒートしたようです。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

★★島のタバコ屋の独り言★★
【4月10日:ああ創業100年】    島のタバコ屋は先々代が呉服屋を創業以来3代目となり、その間戦後間もない頃には島のバス運営事業を試みる等様々な営みを経て今日に至っています。皆さんよくご存知のNIKONも創業100年なんですが、比較にはならないものの同じ時代を生きてきた訳です。かつてオハイオのメアリーズビルで活躍する夢を抱いたこともあった青年も年を取りました。さて今後の100年をどのように生きて地域のお役に立っていくか、タバコ屋にとっては後継者である倅への「死に土産」としてそのコンセプトを確立しておく必要があると考えています。しかし倅にとっては年寄りの余計なおせっかいに写るかも知れませんよね。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。