スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時事雑感 vol.4:ヒロシマ・ナガサキ

平成27年8月9日
核兵器廃絶への提言
広島、長崎にあの忌まわしい原爆が投下されて今年70
年目を迎え、両市で平和祈念式典が行われました。
その間、日本は唯一の核被爆国としてその廃絶を世界
に訴え続けてきましたが、核保有5か国は建前論に終始
し恫喝の武器としての核兵器を手放す気配はありません。
原爆1
祈りと平和活動で世界にその廃止を訴え続けている日本
ですが、かつての遠い幕末の時代アヘン戦争による敗北
を機に欧米列強に蹂躙された中国を間近に見た日本は
危機感を募らせ、尊王攘夷を声高に叫び始めましたが、
その間アメリカのクロフネが出現し大砲一発でその観念
論は消し飛び当時の幕府は世界最先端軍事技術の前
に為すすべもなく、開国に踏み切ったものの、攘夷のエ
ネルギーは余計に燃え盛り、それは革命運動に発展し
やがて明治維新に繋がったという歴史事実があります。
原爆2A
つまり、祈りは大切なことですが科学技術によって引き起
こされた困難な現実は、科学技術によって解決されねば
ならないというのがタバコ屋の考え方です。忌まわしい核
兵器は無力化によって廃絶しなければなりません。
原爆5
そんなことが出来るのならアメリカ、ロシア等がとっくの昔
に開発して新たな恫喝兵器として実用化しているよ、と言
った議論があります。しかしそうではありません。小さい
国の国家予算に匹敵する膨大なお金をかけて開発して
来た核兵器(原爆、水爆)をそうたやすく無力化すること
にお金をかけることにはためらいがあると思うのです。
また核兵器製造には巨大なシカケが必要であり、国営
にしろ民営にしろそれに関わる産業もハンパではなくそ
れを否定するような装置を開発することには大きな抵抗
が起こるのは間違いありません。
原爆4
核兵器の無力化、これは唯一被爆の経験国であり、また
真に世界平和を願いつつも世界に冠たる科学技術を持
つに至ったNIPPONが成すべきことなのです。今は祈りと
ともに最先端の科学技術をもってこの困難な現実を解決
すべき時です。
H2Bロケット8-3
科学には門外漢のタバコ屋ながら、日本は世界で唯一
それが出来ると確信しています。何故ならばかつて第二
次世界大戦で完膚なきまで破壊しつくされた中、零から
の出発で自動車産業を起こし、今や世界のトップリーダ
ーの地位に上り詰めました。また破壊どころかアメリカ
により封印されてしまった航空機産業も今後再び世界の
トップクラスに返り咲くことは間違いありません。宇宙分
野においても徐々にその道を歩みつつあります。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.2
初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.3
及び零戦の末裔参照願います)
LED-5.jpg
昨今では青色発光ダイオードの発明に端を発したLED
世界の照明を変えつつあり、日本の英知によってもたら
された平和技術が世界中の人々に福音を与えつつあり
ます。日本の科学技術者にとってやるべきことは山ほど
あるでしょうが最優先で取り組むべきこと、それは核兵器
の無力化技術
だと思います。
原爆6
具体的に言えばある種の移動物質(レーザー、マイクロ
波、ニュートリノ?等)を核兵器に照射することにより事
前爆発を起こさせるか、または内部機構を破壊する装
置を開発することです。尚爆発させても核反応は起こり
ませんからご安心下さい。実際の照射は、核兵器の製
造工場、貯蔵庫、発射場等へ行う場合と、飛行している
ミサイルに直接照射する場合が考えられると思います。
原爆7
ただこの場合は、対処療法と言いますか、核兵器を破壊
するという考え方なので、これはこれで大変な技術が要
求されると思いますが、核物資を根本的に無力化すると
いうことではありません。
究極の無力化とは主原料である濃縮ウラン等を核反応
しない安定物質に変えてしまうことなのです。これが出
来れば核兵器の根本無力化はおろか、原発の使用済み
燃料の無害化や稼働中の原発の安全性が飛躍的に高
まり、原発にまつわる種々の解決不可能な問題は一気
に解決することになります。
もっと言うならば、人為的に濃縮した物質の原子を人為
的に分裂させたり融合させたりして副産物として膨大な
熱と放射性物質を生み出しているのですから逆に放射
性物質にある物質をくっつけるか、化学変化させて放射
能を出さない安定物質に変えてやればいいのです。
荒唐無稽な話ながら研究すれば必ず出来ると信じます。
わかりやすく言えば、燃料として危険なガソリンも、水や
他の燃えない物質に化学分解してしまえば安全という訳
です。現にオクルマ業界では水素を燃料とし水と電気に
分解して走るFCV(燃料電池車)が実用段階にきている
ではありませんか。
(関連記事:EとHの相克参照願います)
米海軍空母1
タバコ屋は原子力を無くせとは言いません。それを無力
化する技術を我がNIPPONが開発し、恫喝の武器として
使用しようとする国に対してはそれが空しい努力だと悟
らせ、原子力は大型艦船の動力源や原発等の熱源とし
て大いに活用し、その後処理も安全に出来るという夢の
ような世界をNIPPONの科学技術によって成し遂げるべ
きだと考えます。
MAZDA787B-5A
世界で唯一の被爆都市である広島と長崎、二つの都市
は見事に復活を遂げ更なる発展をしつつあります。広島
にはMAZDAというユニークなオクルマメーカーがありま
すが、かつて世界中の誰も実用化出来なかったロータリ
ーエンジンを苦難の末実用化し、世界最高峰のスポーツ
カーレース、ルマン24ではNIPPONの自動車メーカーで初
めて、総合優勝という栄冠を勝ち取りました。MAZDAの
テストコースには故山本健一社長が残した「飽くなき挑戦
という言葉を刻んだ石碑があるそうですが、核兵器の無
力化は世界中の誰も出来ないにしても、NIPPONならば
やれると思います。その最困難な研究が広島の地でスタ
ート出来ればなおさら感慨深いものがあると思います。
(関連記事:荒ぶる心 vol.4:栄光のルマン参照願います)
長崎出島1A
一方長崎にしてもかつての鎖国時代、外国との唯一の
窓口として日本にもたらした西洋(オランダ)文化の重大
さはその後、アジア唯一の近代化を成し遂げた日本の原
動力になったことは言うまでもないことで、その歴史と素
地のある長崎の地で、核兵器の無力化技術に取り組む
科学者や研究組織が現れてもいいような気がします。
IMG_0886-1.jpg
また広島、長崎とは逆に第二次大戦中唯一空襲を免れ
た古都、京都は世界で最も人気のある観光都市という
表の顔とは裏腹に京セラを始め世界に冠たるハイテク
科学技術の集積都市という側面を持っており、京大を中
心とする最先端の研究環境がある中で、官民あげて核
兵器の無力化への研究は出来るはずです。
(関連記事:校長先生西瀬戸を行く vol.1:中島編及び
校長先生の見果てぬ夢 vol.1:プロローグ参照願います)
D:クラーク記念館2-1
手前味噌ながらタバコ屋の母校同志社大学にも一枚噛
んで欲しいのですが、そうなれば創始者新島襄、八重夫
妻も泉下から諸手を上げて喜んでくれることでしょう。
同志社の設立理念である「良心の全身に充満したる丈夫
(マスラオ)の起こり来たらんことを
」と願うのは新島襄だ
けではないと思います。
(関連記事:八重のこと vol.1及び八重のこと vol.2参照
願います)

当然、研究開発には膨大なオカネも掛かるでしょうが、
それは誰が出すの?と言えば安倍さんが出せばいいん
です。究極の世界平和と福音に繋がる尊い研究に対し、
野党の方々も無駄遣いだと仰る方はいないと思います
が、いらっしゃるとすれば議員バッジを付ける資格はな
いでしょう。
サターンⅤ型ロケット6-1
かつてケネディ大統領は70年までに人類を月に送り込ん
で見せると豪語しました。その時点では何の科学技術的
な裏付けはなかったそうですが、ソ連にボロ負けで悔しさ
のあまりハッタリ半分で言ったことは有名な逸話ですよね。
(関連記事:初夢、イノベーション・オブザイヤー vol.3参照
願います)
安倍晋三首相5
安倍総理も、真に平和を願い世界のリーダーシップを取
って行かねばならないお立場ゆえ、ここはハッタリ半分で
もいいから「今後NIPPONは核兵器廃絶のための科学技
術を確立します
」と宣言すればいいんです。核保有5ヶ国
は嘲笑とともに苦々しく受け止めるでしょうがその他の平
和を願う多くの国々は賞賛と尊敬をもって拍手喝采だと
思います。ああNIPPONこそ呪われた核兵器を無力化し
世界を真の平和に導く救世主であると。
HONDARA270-1
かつてHONDAも創業者本田宗一郎氏がリンゴ箱の上に
立ち「我社は世界最高峰のレースであるF1に挑戦する」
と宣言したそうですが、その通りになりました。
(関連記事:鈴鹿サーキットのこと vol.2:発展期参照願い
ます)
F1マクラーレンホンダMP4・6-16C
再挑戦中の今は大苦戦をしていますがかつてはマクラー
レンと組んで世界中を席巻し、HONDAエンジン以外では
F1で勝てないと言わしめた時代もありました。
(関連記事:鈴鹿サーキットのこと vol.4:絶頂期参照願い
ます)
安倍晋三首相3
安倍総理も、リンゴ箱の上には立たなくて結構ですが、
どうしても箱が必要であれば希望の島のみかん箱を差
し上げますので、その上にお立ち下さい。その上で
NIPPONは核兵器廃絶を具体的な科学技術をもって
実現します
」とただ一言宣言すればいいんです。

その毅然たる姿勢が、かつて滅亡の危機に立たされな
がらも奇跡の復興を遂げ、世界をリードする科学技術大
国となったNIPPONの矜持というものではないでしょうか。

ショウバイ人であるタバコ屋はついオカネのことが心配に
なりますが、何百兆円かかろうともそれは実現すべきで
それが実現した暁には世界中の尊敬とプレステージが
NIPPONに対してより高まると共に副次的には核兵器無
力化と原発の安全化技術を世界中に輸出出来ることに
なり「NIPPONは核無力化技術でガッチリ!」などと打算
的な空想が浮かんだりもします。頑張れNIPPON!

広島、長崎の平和祈念式典を迎えるにあたり、タバコ屋
の妄想を一言述べさせて頂きました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

★★島のタバコ屋の独り言★★
【4月10日:ああ創業100年】    島のタバコ屋は先々代が呉服屋を創業以来3代目となり、その間戦後間もない頃には島のバス運営事業を試みる等様々な営みを経て今日に至っています。皆さんよくご存知のNIKONも創業100年なんですが、比較にはならないものの同じ時代を生きてきた訳です。かつてオハイオのメアリーズビルで活躍する夢を抱いたこともあった青年も年を取りました。さて今後の100年をどのように生きて地域のお役に立っていくか、タバコ屋にとっては後継者である倅への「死に土産」としてそのコンセプトを確立しておく必要があると考えています。しかし倅にとっては年寄りの余計なおせっかいに写るかも知れませんよね。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。