FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島のビックリポン酢開発 vol.4

平成28年7月3日
島の特産品であるいよかんを使ったビックリポン酢を作
りたいという構想は実は5年ほど前から温めていたんで
すが自社製造という訳にもいかないので、古くから当社
とお取引のある松山三津地区の村要本店さんにお願い
しようと決めていました。折に触れての村上社長とのお
話しで、そのうち、あすなろ、で3~4年ほど経ち、タバコ
屋の内部体制も整ってきたので、昨年正式にお願いし
たところ快諾頂き、約1年を要して試作を重ねやっと満
足出来るものが仕上がりました。
あさが来た6
商品プロデュース及びパッケージデザインについては
これも以前からお世話になっている広島のギミックさん
にお願いしたところ快く引き受けて頂きました。商品試作
と平行して作業を進めて頂いた結果、この度デザインも
仕上がり、いよいよ我が子を世に出す運びとなりました。
あさが来た18
さてパッケージデザインです。タバコ屋がぼんやりとイメ
ージしていたのはかつて幼かった頃、昭和30年代の原
風景、即ち三丁目の夕日の世界の瀬戸内海版でした。
あさが来た24
モチーフとしては朝ドラのあさが来たのタイトルバックが
大好きなんですがこれはタバコ屋と同級生の副田高行
さんがプロデュースし、7才年上の藤枝リュウジさんとい
うおじさんがイラストを担当しました。
副田高行3 藤枝リュウジ
意外でしょうが、言ってみればタバコ屋と同世代のおじさ
ん連中が創作したものであるからこそ、共感出来るもの
があるのかも知れません。
秋元康 AKB48山本彩
またテーマ曲は作詞が今をときめく秋元康さん、作曲が
角野寿和・青葉紘季さんの共作で、歌うのは山本彩さん
を中心とするAKB48の皆さんということで意表を突いた
構成ですよね。
島ぽんPOP1
そのタバコ屋のささやかな願いをギミックさんに託して待
つこと数ヶ月、デザインが出来上がりました。ギミックさん
はやってくれました。力作です。タバコ屋の祈りのような
思いをズバリ表現してくれました。VERRY GOODです。
(関連記事:島のビックリポン酢開発 vol.3参照願います)
キャッチ
最重要なキーワードとして「お口に広がる瀬戸内海」の
キャッチコピーが採用されました。これは今回が初めて
ということではなく、スイーツを中心とするタバコ屋の加
工製品に一貫して使用されてきたもので、お口の恋人
ロッテの玉置さんでもないでしょうが、京都出身の名コピ
ーライター、仲畑貴志さんの代表作である「お尻だって洗
ってほしい」にひけを取らない作品であるとタバコ屋は秘
かに思っています。
お尻だって洗ってほしい
ここだけの話しながら、TOTOはこのキャッチコピーにより
ウォシュレット市場で爆発的な売上とシェアを獲得するに
至った訳で、仲畑さん様々だった訳ですが、タバコ屋にも
同様のことが起こるやも知れないのです。しかしそれは
獲らぬ狸の皮算用と申しましてタバコ屋は初めからそん
ないかがわしい考えは持ち合わせていません。
だって人生は紙飛行機、風の中を力の限りただ進むだ
けなんですから。
(関連記事:島のスイーツ開発 vol.1:プロローグ参照願
います)
島ぽんラベル2
さて肝心の商品名ですが、島のビックリポン酢のコンセプ
トにちなみ「ほやけん島ぽん」に決定致しました。当初は
「ほやけん島ぽん酢」というネーミングも検討されましたが
インパクトに欠けるので「島ぽん」でいくことにしました。
ところで頭にほやけんというのが付きますが「ほやけん」
というのは伊予ことばで「だから」という意味なんです。
特別な意味と言うよりは伊予の中島らしいネーミングを
ということでギミックさんが頭を捻ってくれました。
「ほやけん島ぽん」何か懐かしいほのぼのとしたノスタル
ジー(郷愁)を感じませんか。

キャラクターとして、可愛らしいAKBならぬ中島きよみさん
を抜擢しました。今回製造を担当して頂く村要本店の若
奥様のイメージにもやや似たところがあり、気に入って
います。奥様の名誉のために申し添えますと、実際はず
っとお綺麗なお方です。

ビンのデザイン及び容量は村要本店さんの充填キカイ
の制約があり、360ml入りのシンプルなものとなりました。
尚、キャップはヒンジ式で少しづつふり掛けられる切り口
のものを採用しました。
島ぽんしおり1
ここまで来て、ギミックさんは粋な計らいをしてくれました。
販売時に添えるしおりのデザインもして頂いたのです。
タイトルは「思い出の島からこんにちは」で、このコピー
も他のスイーツ製品に使用されている一貫したものです。
そこには、かつてタバコ屋が運行していた島の三輪バス
ヂャイアント号や汽船のはやとり、くれひめ、また村要本
店さんのマツダ三輪トラック等、昭和30年代前半の懐か
しい風景が散りばめられています。このような環境の中
で、ボクらは育ったんです。
(関連記事:あこがれの宮島 vol.2:再訪参照願います)
島ぽんPOP2
このブログをご覧頂いているご縁の方々には随分気を
揉ませましたが、1年近くに及ぶ開発を経ていよいよこ
れで島のいよかんポン酢の完成です。
まだあげ初めし前髪の乙女の如き恥じらいの香り立ち
ゆく「ほやけん島ぽん」
、今後一体どのような評価を頂く
ことになるのでしょうか。

さて我が子を世に出すにあたりいくらのおネダンにする
かですが、大量生産のミツカンさんなどは比較にならず、
また関西では有名な旭ポン酢さんが同容量で700円程
度(税別)でお売りになってはいますが、知名度は比較
になりません。島ぽんは自家製造品ではなく一部の原
材料を村要本店さんに持込み製造して頂くいわゆる委
託製造品であるため、おネダンも全くの自由にはなりま
せん。色々迷った挙句、600円(税別)程度でスタートさ
せて頂けないかと思っています。実質ハンドメイドの品
ゆえ割高なのは重々承知ながら一度ご試食頂き、ご意
見を賜りたいと思っています。

島のビックリポン酢開発ストーリー、今回を以って取りあ
えずの区切りと致します。長期間のご精読有難うござい
ました。

(尚、NHK朝ドラ「あさが来た」に関連する写真は、ヤフー
画像より流用させて頂きました)

コメント

「ほやけん島ぽん」のヒットを期待!

島のビックリポン酢開発Vol.1~4まで、拝見させていただきました。村要さんとのタイアップは、理に適った選択であると思います。この商品の価値を増大するとしたら、どのような「場」を設定すべきなのか。設定された「場」の主人公は誰なのか、価値を増大させる場所は何処なのか、また、その商品のライフサイクル(時間)を、どのように想定すれば良いのか。さらに、商品の価値を増大させるシステムは、どのように設計すべきなのか?考えるべき事は無尽蔵に湧いて来ますね。部外者の気楽さから、無責任なコメントを書いていますが、事業を担当する責任者の苦悩は、PMを経験した私には、ある程度理解できるつもりです。「ほやけん島ぽん」、ヒット商品になる事を期待しています。

Re:ヒットの予感

長たらしい記事でブーイングが定評のブログ記事vol.1~vol.4を全巻読破頂き恐縮です。励ましに近いお言葉頂きまして、参議院選挙に臨むが如き心境です。ご指摘の「島ぽん」誰に売るのということですが、想定ユーザーはもちろん地元中島及び松山の方々ということでありまして、次には通販事業をしている関係上、県外の顧客の方々ということになります。またライフサイクル及び付加価値増大の件ですが「馬路村」ほどには至らないにしても、認知されるまでにはかなりの時間がかかる(約2年?)ことも予想されますので、じっくり地道に展開し、その間シリーズ第二弾としてやはり中島特産である芳香柑橘の「だいだい(地元呼称カブス)」バージョンを開発する考えです。だいだいは関西では古くからゆず同様ポン酢の原料として使われてきましたので自然な流れであり、逆にいよかんを使用するというのは異端であり(市販品皆無)それが逆に個性派ポン酢の誕生にも繋がったと言う訳です。ただ二匹目のドジョウというのは大体失敗していますので、ラインナップ化が成功するかどうかは微妙です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

★★島のタバコ屋の独り言★★
【4月10日:ああ創業100年】    島のタバコ屋は先々代が呉服屋を創業以来3代目となり、その間戦後間もない頃には島のバス運営事業を試みる等様々な営みを経て今日に至っています。皆さんよくご存知のNIKONも創業100年なんですが、比較にはならないものの同じ時代を生きてきた訳です。かつてオハイオのメアリーズビルで活躍する夢を抱いたこともあった青年も年を取りました。さて今後の100年をどのように生きて地域のお役に立っていくか、タバコ屋にとっては後継者である倅への「死に土産」としてそのコンセプトを確立しておく必要があると考えています。しかし倅にとっては年寄りの余計なおせっかいに写るかも知れませんよね。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。