FC2ブログ

今出川慕情 vol.6:野尻君の青春3

平成29年3月8日
青春のカケラ
さて北ノ庄福井から上洛した野尻青年も地獄の1~2回
生を経験し、花の3回生幹部となり青春絶頂期を迎えよ
うとしていました。その後はアルバイトをしない限り収入
は仕送りに頼らざるをえないにしろ、部内においては過
酷な幹部生活からも解放され、お殿様生活が味わえる
4回生の後期を残すのみとなります。
自動車部、贅沢などは望みもせぬが、せめて成りた
や4回生
」という句があるように、卒業までの一瞬ながら
上げ膳据え膳、夢心地のクラブ生活が待ち構えている
のです。ちなみにその句は誰の作かですって?、何を
隠そうタバコ屋の自作です。
高石かつ枝4
突然の写真で恐縮ながら、元青春スターの高石かつ枝
さんです。かつ枝さんは昭和37年(1962年)コロムビアレ
コードから「旅の夜風」でデビューしその後「林檎の花咲
く町」の映画化では主演及びその主題歌を歌い大ヒット、
60年代を代表する青春歌謡歌手の一人になりました。
高石かつ枝9-1
昭和39年(1964年)にはその前年、不滅の学園ソング
「高校三年生」で衝撃のデビューを果たした我らが舟木
一夫さんとデュエットで「東京新宿恋の街」をリリースす
る予定でしたが、かつ枝さんは日本クラウンに引き抜か
れたためこの夢の企画は没となり舟木一夫さん単独で
歌うこととなりました。ちなみに舟木一夫さんの数多くの
ヒット曲の中でタバコ屋が最もお気に入りはこの曲です。
しかし残念なことにこの曲はCDにもカラオケ店にも残っ
ておらず、今やマイク片手にほろ酔い気分で歌うことが
出来ないのです。
(関連記事:荒ぶる心 vol.5:ポルシェのこと参照願い
ます)
高石かつ枝1
高石かつ枝さんはタバコ屋より4つ年上のお姉さんなん
ですが永遠の美女夏目雅子ちゃんとはまた違ったやや
親しみのある顔立ちでしかも何ともいえぬ優しさとほの
かな品性を備えており、恥ずかしながらタバコ屋の最も
お気に入りの青春スターの一人です。

タバコ屋なんかその目で見つめられると、ハイライト10本
吸ったくらいクラクラが来てしまうので、かつ枝さんあまり
タバコ屋を見つめないで下さい。

かつ枝さんはその後、タバコ屋が同志社大学自動車部
に入部する以前に数々のヒット曲を出しましたが、その可
憐さとトップスターだったゆえに吹原産業事件と言う政治
スキャンダルに巻き込まれ、不遇な後半生を送り引退さ
れました。タバコ屋に一言ご相談頂ければ名も知らぬ遠
き島「中島」にかくまって差し上げたのにと思うと今でも心
が痛みます。
高石かつ枝2
タバコ屋は何を喋っているのかわからなくなりそうですが
そのときめきのヒロイン、高石かつ枝ちゃんが歌った
夢見る頃」という歌がタバコ屋のお気に入りなんです。
ちなみに一番の歌詞をご紹介しますと、
「♪あの頃、その頃、楽しい夢の日~
輝く瞳に若さが一杯、若さが若さが一杯~
喜びも悲しみも共に泣いたり笑ったり~
みんな良かった~、みんな良かった~」
何ともまあ乙女チックな青臭い歌詞ではありますが、
上山青年や野尻青年、はたまたタバコ屋世代が過ごし
た今出川での4年間は「♪喜びも悲しみも、過ぎてしまえ
ば懐かしい~」夢の日々だったのだと思います。
大阪産業大ラリー2
さてまたもや突然の写真で恐縮ながら、これは同釜同
期の平尾センセが先輩である大阪ミナミのパチンコ王
西山先輩のチーム・サンダースに所属し大阪産業大学
主催のラリーに出場した時のもので、左から一期後輩
の上田君、平尾センセ、タバコ屋と小森酒店で同居して
いた佐々木氏、かつて高校時代岡山の神童と言われて
いたらしい三宅氏、同志社香里高校元水泳部のター坊
こと井上氏の面々です。平尾センセの愛車はギャラン
1600GSセダンラリー仕様だったように思うのですが。
(関連記事:平尾先生の青春 vol.1:ラリーへの熱き思い
参照願います)

余談ながら、平尾センセはもともとアタマの良い男で、
工学部という超多忙な学部に所属していたにも拘わら
ずラリーに熱中し、数々の輝かしい戦績とともに同志社
に平尾ありと言われるようになりました。それにしても
4年で卒業出来たというのは奇跡を通り越してミステリ
ーです。

かく言うタバコ屋も4回生の時、上記の夢のお殿様生活
が送れると思いきや、抜き差しならぬ事情で卒業論文を
二人分書くこととなり(時効ながら出石教授には内緒で
す)余裕生活どころではなかった苦渋の思い出がありま
す。前代未聞の事件であったにしても、それについては
あまり多くを語りますまい。(学校関係者はこの項を読ま
ないように)
240Zサファリ4
NIPPONのラリー熱というのは我らがNISSANが昭和
45年(1970年)灼熱のサファリでブルーバードP510を
擁して初の総合優勝を飾り、続く翌昭和46年(1971年)
にはハイスピードラリーに対応した待望のマシン、新星
フェアレディ240Zを駆って2年連続総合優勝を果たした
時から始まったと言っても過言ではなく、それはタバコ
屋がハタチの多感な時期でもありました。
一方ミツビシはやや地味な挑戦ではありましたが、奇し
くもDATSUN-240Zがサファリで総合優勝を飾った翌
年の昭和47年(1972年)オーストラリアのサザンクロス
ラリーに於いて名手A・コーワンがギャランを駆って総合
優勝を飾ることになりました。それはDATSUN240Zが
雪のモンテで名手R・アールトーネンの手によりFR車と
しては奇跡の3位入賞を果たした年でもあり、それらの
輝かしい実績により国内のラリー熱は最高潮に達しま
した。
(関連記事:NISSANについては今出川でのこと vol.1
及び零戦の末裔参照願います。ミツビシについては
校長先生の青春 vol.2:されどもラリー参照願います)
ギャランサザンクロス
ちょうどその頃、タバコ屋世代は同志社大学自動車部で
の4年間を過ごした訳で、そのNIPPONの栄光にあやか
りたいたいと思うのは人情というもので、部内でもラリー
は大人気でした。しかし光には影がつきもので、ラリー
熱がさかんになるにつれ、競技者、オフィシャルを問わ
ず重大な事故や大怪我、はては死亡事故も発生する
ようになり、警察としてもこれを放置する訳にはいかず、
我々が現役時代に主催した同志社ラリー第4回と5回を
もって、その後は公道でのラリーは許可が降りなくなり
ました。

その間タバコ屋は幹部を拝命していた訳ですが、同志
社ラリーは平尾センセを始めとする熱心な部員とOBの
献身的な努力によって4回、5回と奇跡的な成功を収め
たのでしたが、その前後では重大な事故も発生し、死亡
事故には至らなかったものの、タバコ屋としては最終責
任者としてのトラウマが今でも残っています。
多分、上山君、野尻君の代でも似たような苦い経験をお
持ちではないかと推察致します。
16071210.jpg
この写真は、それから数年後、懐かしの新町ガレージ前
と思われる場所で恐らくミツビシ・ギャランGSハードトップ
ラリー仕様車をバックに写した写真と思われます。右端
の「パンタロンな人」上山青年と森君はわかるのですが
あとは誰なんだろう?。
後日追加
上山青年よりのご指摘で、左横は野尻君の同期の樋口
君、また左端は同じく同期の山藤君であることが判明しま
した。
S30Z-6-1.jpg
血気盛んな野尻君も、居ても立ってもおれず、前の記事
でご紹介したように立っちゃんの先輩から幸運にもS30Z
を購入し、幹部時代以降を過ごしたのでした。
(関連記事:今出川慕情 vol.3:野尻君の青春1参照願い
ます)
7月22日12
ビックリポンなことに、野尻君はオクルマ競技用の国内
A級ライセンスを取得していたようで、大したものだと感
心します。タバコ屋なんかせいぜい簿記の3級を取得し
たくらいですから。
S30Z-12-1.jpg
夜間走行における野尻君の愛車S30Zです。こうして見
ると、かつてNISSANワークスのエース、R・アールトーネ
ンが240Zを駆り、雪のチュリニ峠をサイドブレーキターン
という神技を駆使しながら力走しているようなイメージが
浮かびそうです。
S4792-1.jpg
そのような訳で、かつてのように公道でのラリーが大らか
に認められない社会風潮とそれに伴う警察の規制の中
で、大学自動車部連盟が模索した新たな活路はクロー
ズドされたサーキットを使用した変則的なラリーである
サーキットラリー」なる新競技でした。これもタバコ屋が
幹部時代に始まったものですが、尾篭な話しながら丁
度その頃、タバコ屋は痔を患い郷里の中島に帰って島
の赤ひげ先生に執刀手術を受け療養中でしたので、
この新しい競技であるサーキットラリーは全く未経験の
まま卒業に至りました。

写真はその第1回サーキットラリーが鈴鹿サーキットで行
われた時のものだと思うのですが、同期の平尾センセ、
九州のラーメン王こと末永氏、同期一番の力持ち庄坪氏、
一期後輩のジャンボ奥村氏、らが中心となって精力的に
チャレンジしてくれたことを後から聞かされました。

尚、競技車であった部車のスカイライン2000GTのエンジ
ンフードは全開にされ、誇らしげに同志社のロゴマーク
が描かれていますよね。間違っても放射能のマークでは
ありませんので念のため。タバコ屋は我が母校のマーク
はシンプルでお気に入りです。
(関連記事:異説:007私を愛したスパイ参照願います)
16071214.jpg
さて上山、野尻君の代の鈴鹿サーキットラリーの模様で
す。タバコ屋は松山出身の明治期を代表する俳人正岡
子規でもないでしょうが、当時病に臥せっていたので、
未だにルールさえわかっていないのです。
7月19日 (11)-1
その時の、同志社自動車部オールキャストです。この時
は妙にこざっぱりした上山青年が左端に見て取れます
が後日のギンギラギンにパンタロンで決めまくった上山
青年とは別人のようでタバコ屋にとっては謎の一つです。
16071216-1.jpg
野尻君から頂いた膨大な写真の中から拾い出したカケ
ラの中で、これだけはご紹介しておきたい写真です。
野尻君からかつて鈴鹿サーキットでバイトがありその時
生沢徹選手からジャンパーにサインをもらった話しは前
の記事でご紹介しましたが、後ろのフォーミュラカーから
判断してどうもその時の写真ではないかと思うのですが
右端の肥塚君と隣の鈴木君はタバコ屋の2期後輩で、
二人とも人柄の良い好青年でした。特に鈴木君はかつ
てF1日本GPにおいてNIPPON人初の3位入賞を果たし
た鈴木亜久里選手似の長身ハンサムボーイでした。
タバコ屋の記憶では性格は極めて温厚で、しかも要領
が悪く、損な役柄を率先してやるようなタイプだったと
記憶しています。
IMG_1941.jpg
これはタバコ屋が4回生の時に実施した北海道遠征で
函館郊外において例の抜き打ちランニングを強行して
いる模様です。全員かなりバテておりしんがりの鈴木君
はあえぎながらも完走を目指しています。
これを旗艦スカイライン2000GTの車中で指示したのは
誰あろうタバコ屋だった訳で、鈴木君ばかりをしごいた
のではないことを実証するためタバコ屋は数日後旭川
へ向かう見渡す限りの直線道路に於いて同様のことを
自らに課し実施しましたので、鈴木君始め部員達への
トラウマはありません。
(関連記事:今出川でのこと vol.3:地獄の北海道遠征
参照願います)

ただ極めて残念なことに、鈴木君はよもやまさか卒業を
待たずして天に召されてしまったのです。心残りです。
後日訂正
上山氏よりご指摘があり、鈴木君が亡くなったのはご卒
業後、住友生命にご勤務の時だったそうで、推察ながら、
生き馬の目を抜くような激しい職場の中で彼の優しい性
格が災いしてしまったのかも知れません。タバコ屋に一
言ご相談頂けていれば、上司のところに殴り込みを掛け
ていたものを。返す返すも残念です。
北海道遠征15
さてこの写真は野尻君の代に同志社大学創立100周年
を記念して実施された遠征の時のものだと思われます
が、それが北海道だったのかどうか、タバコ屋には判断
が出来ませんが、いすゞエルフを先頭に整然とコンボイ
で艦隊走行が行われている様子です。
後日追加
野尻君のコメントにより、この写真は一連の北海道遠征
時の記録写真の一枚と判明しました。
北海道遠征18
さてここは何処なんでしょう。部車の大量部員輸送車で
あるMAZDAマイクロバスが停まっています。我々の時
代から現役だったこのオクルマは直線走行が苦手種目
でダッチロールが得意でした。少しスピードを上げた時
などはかなり怖い思いをしたのはタバコ屋だけではなか
ったと思います。ご覧の通り、ボディに対しホイールベー
スが極端に短か過ぎますよね。
後日追加
野尻君のコメントにより、MAZDAマイクロバスに同志社
創立百周年記念遠征と書かれているのは北海道遠征
であったことが判明しました。よくよく見れば後ろに大雪
山国立公園の看板が見えますのでまぎれもなく北の大
地北海道です。
北海道遠征17
旗艦スカイライン2000GTです。L型エンジンはこれがGT
かと思うくらい眠くて重いものでしたが、とにかくノントラブ
ルで、我々の北海道遠征の時も他のオクルマが次々と
へたってしまうのを横目に無傷で5,000キロ以上を走破し
ました。トテモ頼りになるオクルマでした。
後日追加
後で見直してみてやや気になったのが旗艦スカイライン
2000GTをドライブしている某幹部のドライビングポジショ
ンです。少なくともタバコ屋時代には大切な部車を運転
する場合、片肘運転というのは許されるものではありま
せんでした。とっさの対応が出来ないばかりではなく、
同志社大学自動車部という看板を背負っている訳です
から人目というものもあります。ちなみにP・フレール先
生にしろ、R・アールトーネンにしろ、A・セナにしろこの
ようなドライビングポジションを取っているのをタバコ屋
は見たことがありません。
DSCN9568-1.jpg
余談ながら、その40年後にそのエンジンと基本的に同じ
シロモノを搭載したくず鉄同然のS30Z-280改を入手し
5年を要してレストアとフルチューンをやってしまい、後で
死ぬほど後悔しつつあるタバコ屋はここだけの話し自分
でもバカなOSSANだと思います。ただしエンジンだけは
チューニング次第でこれがあのL型かと思うくらい軽い
吹け上がりとなりましたが、それはSOLEXという特殊兵
器で武装する必要がありました。
(関連記事:蘇る青春 vol.2:旧車恋しや参照願います)
北海道遠征14
さてこの写真は北海道なのかどうか、そうであるとすれ
ば、数え切れないほどの湖の名所の一つでしょうが、
霧の摩周湖なのかはたまた阿寒湖なのかそれとも・・・。
後日追加
野尻君のコメントによりここは霧の摩周湖であることが
判明致しました。それにしては見事な快晴ですよね。
ちなみに左端が「パンタロンな人」の若き日のお姿であ
るとはタバコ屋には信じがたいのですけど。
北海道遠征25
蛇足ながら、タバコ屋の代の北海道遠征時の霧の摩周
湖です。高石かつ枝ちゃんでもないでしょうが、あの頃は
みんな若かったんです。ちなみに左より憂いを含んだ表
情から同志社の太宰治と言われていたギーちゃんこと元
兵庫県警のエライさん森本氏、同志社自動車部のマドン
ナこと鈴木女史、三条麩屋町のイトハン福ちゃん、九州
のラーメン王こと末永氏(実家を継ぐより二谷英明先輩
を頼って日活に入社したほうが良かったのでは)、それ
と恥ずかしながら、夢もTOUHATUも一杯あったかつて
のタバコ屋です。
7月22日2-2
かくして野尻青年の今出川での4年間は終わりました。
数々の甘苦い思い出を残して、恒例の弁慶楼にて昭和
52年度卒業生歓送会が挙行されました。こうして見ると
野尻君の代は卒業生が14名おり、タバコ屋の代が13名
でしたからそれよりも一人多い訳で40年経った今、今後
のOB会での活躍が切に望まれます。
duac-09.jpg
これは伝統的に卒業生に対し自動車部より送られる卒
部の記念ペナントでタバコ屋も当時の品はほとんど残っ
ていないにも拘わらずこのペナントだけは後生大事に保
存しています。TO M.NOJIRIと書かれているのがはっきり
見て取れますよね。野尻君卒部おめでとう。
7月29日2-1
最後になりましたが、この写真があの野尻青年だなんて
今の上山青年同様、誰が信じてくれましょう。しかし、
頭部のあるパーツは上山青年やタバコ屋よりも格段に
まともで羨ましい限りです。

現役の大社長を前に釈迦に説法ながら、今元気で生か
されているご自分に感謝し、自動車部OB会が何をして
くれるかではなく、OB会のために何が出来るかをご一
緒に考えようではありませんか。でも既に野尻君は今回
自動車部時代の貴重な思い出写真を提供されることに
より多大な貢献を果たしつつあると思います。

次回はいよいよ野尻青年シリーズの最終回として、卒業
後の野尻君のオクルマ遍歴をご紹介したいと思います。
お楽しみに。

コメント

No title

ちわっ!
またまた続編が出てきましたので、立て込んだ仕事の処理に行き詰って休憩がてらのコメントさせていただきます。
いきなり出てきた「高石かつ枝」 全然知りませんでした。私はまだ小学生ですしテレビも無かった田舎暮らしですから当然かもしれません。
さて、ギャランハードトップの写真ですが、私の隣に写っているのは3年前の宝ヶ池の集まりにも出席していた"樋口くん”です。
彼の印象は私の独断で「チャラ男」です(失礼)、左端は”山藤くん” いずれも野尻君の同期です。 なぜ私が写っているのでしょう?
さらに、野尻くんがAライセンスを持っているとは思いませんでしたが、森君のナビをしていたからその流れで取得していたのかも知れません。
そして鈴鹿サーキットの写真のイケメンの鈴木さんは、卒業して住友生命に勤務の時に無くなっているのですが、性格が災いしたのかもしれません。 
さらにさらに、マツダのマイクロの写真は 信州遠征の時でしょうか。 この時は酒井くんがマイクロバスノラジエターキャップをウェスをかけずに外そうとして熱湯がかかり火傷してしまったのを思い起こします。 彼は途中退部していたような。
ここだけの秘密ですが、北海道遠征では4回生の我らがサッポロビール園とジンギスカンに目がくらんで神様のお告げで計画変更して、野尻君らの3回生に突き上げを食らいましたが、神様の特権で乗り切りました。
私は野尻君と同郷ではありますが、彼は県庁所在地に住んでいるので、私の田舎は遠いもんでなかなか不問する機会はありませんでしたが、このブログをきっかけにまた昔に戻れればとおもっています。

酒井君…

そうですね。酒井「火傷事件」がありましたね。
酒井はちゃんと卒業までクラブに在籍していましたよ。
私が提供した歓送迎会の写真の左隅に写っています。
不鮮明なので原画を確認しました。
親元は高松の建設屋さんだったけれど、
今、どうしているんでしょうね。
あと、すきっ歯山藤の「屈斜路湖飛び込み事件」がありました。
深いと勘違いして飛び込んだところ、
水深が浅くて底にあった岩に顔面を強打して
大量出血して病院に走りましたね~。
だんだん思い出して来ました…。

鈴木先輩

上山先輩の記憶の通りで
鈴木先輩は卒業、就職されてから
亡くなられました。
とてもびっくりしたのを覚えていますよ。

摩周湖

湖をバックにした写真は摩周湖だと思います。
試走した時には霧だけの摩周湖でしたが
本番はスカッと晴れていたのを
鮮明に記憶しています。
上山先輩が左隅に横を向いて写っています。
北海道遠征は中西、衛藤、野尻の3名で試走して
コースや宿泊場所を決めたんですよ。
100周年記念遠征でしたから力が入っていたんです。

札幌ビール園事件

上山先輩、覚えておられますか?
札幌のビール園で主将の二村が酔っ払って
上山先輩を一本背負いで噴水の池の中に
投げ込んでしまったのを…。
彼は東筑高校の柔道部だったんですよ。

Re:坂の上の雲の人

拝復、ちわっすです。
野尻君のコメントにより、今回掲載した遠征の写真は同志社創立百周年記念の北海道遠征だったことが判明しましたが、その時は上山青年は神様4回生だった訳で、タバコ屋が2回生の頃までは春木のおっちゃんが改善提案していた昔の封建性、閉鎖性がまだ色濃く残っていました。従って遠征においても4回生は神であり、その行動はたとえ理不尽でも絶対的なものがありました。タバコ屋が幹部を拝命した3回生及び4回生の時には手前味噌ながら、後輩連中との関係は非常に良く普段も遠征時も感情的なトラブルはありませんでした。カズ君こと奥村氏やヘータこと井村氏が我慢強かったのか、はたまた逆だったのかは永遠のミステリーながら、厳しい中にも仲の良さというものがなければ、卒業後のしこりとなって良くないですよね。その点上山青年は皆に愛されていたご様子が写真からも伝わり、無事坂の上の雲の時代を過ごされたものと推察致します。

Re:過ぎてしまえば懐かしい

拝復、ちわっすです。
先般より野尻君の速射砲による艦砲射撃の集中砲火を浴びたタバコ屋ですが、今度は雷撃機による集中魚雷攻撃を受けつつあり、もうタジタジながらも当時の状況が良くわかってきました。まあ野尻君の青春を数編のブログ記事で書き表すことは到底出来ないにしても、そのカケラを皆さんにご披露することで、かつて共有したIMADEGAWAを懐かしく思い出して頂ければ、その意義は果たせると思っています。

No title

二村君に噴水に投げ込まれたのは本当でしょうか? 私は全然記憶が飛んでます。山藤君の事件も記憶にないし。
酒井君にも申し訳ない。 彼が水中メガネのHONDA・Zに乗っていたのは覚えてますが。 
樋口君は因縁があり、彼が部車のスターレットを運転中にお釈迦にしたときに私は後席に乗っていたのでありました。皆無事でよかったんですが、謹慎は避けられませんでした。 
エルフを最後に乗っていたのも私で、 八日市のインターのところで焼き付きを起こして廃車でしたね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

★★島のタバコ屋の独り言★★
【4月10日:ああ創業100年】    島のタバコ屋は先々代が呉服屋を創業以来3代目となり、その間戦後間もない頃には島のバス運営事業を試みる等様々な営みを経て今日に至っています。皆さんよくご存知のNIKONも創業100年なんですが、比較にはならないものの同じ時代を生きてきた訳です。かつてオハイオのメアリーズビルで活躍する夢を抱いたこともあった青年も年を取りました。さて今後の100年をどのように生きて地域のお役に立っていくか、タバコ屋にとっては後継者である倅への「死に土産」としてそのコンセプトを確立しておく必要があると考えています。しかし倅にとっては年寄りの余計なおせっかいに写るかも知れませんよね。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる