福井巡礼 vol.4:ああ旧車よ(前編)

平成29年6月15日
前の記事で、タバコ屋は何故「ゆのくにの森」などという
名前を付けたのか意味がわからなかったのですが、ま
わりをよく見ると加賀温泉を始め山中温泉、その他温泉
だらけで後になってなるほどそうだったのかと思った次
第です。印象深いその「ゆのくにの森」を後にし、同釜4
人は自動車部OBとして是非とも訪問しておかねばなら
ない聖地「日本自動車博物館」を目指します。ここは我
々にとってはエルサレムよりも永平寺よりも本願寺より
も果てはガンジス川の畔よりも崇高な場所なのです。
モーゼ3
その聖地はあっけないほど近くにありました。「ゆのくに
の森」から北へ少し走って国道8号線に行き当たる少し
手前の閑静な場所にいきなり場違いとも思われる建物
が出現したのでした。ああモーゼよ、紅海が二つに割れ
ようが割れまいが、約束の地カナン改め小松の地に導
いて頂いた事に感謝致します。

これも後から知ったことですが、「ゆのくにの森」も「日本
自動車博物館」も加賀市ではなくお隣の小松市に所在
しており小松市としては加賀温泉に来られたお客をうま
く取り込むというなかなか賢いやり方です。
14737417385.jpg
建物の外観はまるでベルサイユ宮殿か赤坂の迎賓館か
と思わせる重厚なもので、やはり美術館とかコレクション
ホールと言われるものはまず入れ物からして「華」がなく
てはなりません。大英美術館にしてもルーブル美術館に
してもドロボーして自分のものにした世界の遺産を誇らし
げに見せびらかすその神経は厚顔無恥レベルではある
ものの、そのプレゼンテーション自体は洗練されたもの
ですよね。(但し、今からでも遅くないから返却しなさい)

英国よ、フランスよドイツよロシアよ、強欲、搾取、強奪、
あなた達は時代に沿ったとは言え何と破廉恥なことをし
て来たのでしょうか。大航海時代の前段で活躍したスペ
イン、ポルトガルに至っては言語道断で、強盗国家と断
定してもよく、当時のチンケな世界地図を前にして半分
っこしようやなどと笑止千万な目論見を企てたと言いま
すから呆れ果てます。
帆船9
勝てば官軍という言葉があるのはタバコ屋とて知らない
筈はありませんが、人類としてあまりにも品性に欠ける
行為をやり過ぎたと思わないのでしょうか。タバコ屋の
独り言、「おまえら毛唐連中、許さへんど

ま、今回のテーマとは関係ない事でカッカすることもない
ので、しばしクールダウンすることに致します。
DSC_3865-1.jpg
実は福井巡礼の少し前、スケジュールが決まった後、何
もかも皆さんにMARUNAGEでは申し訳ないと思い「日本
自動車博物館」にどのようなオクルマが保存展示されて
いるのか調べてみようと思い立ちました。博物館のHPを
拝見するとタバコ屋お目当てのフェアレディS30Zが展示
リストにないのです。え~日本屈指のコレクションを誇る
この博物館にS30Zがないなんて、嘘やろ~と思いました
がその代わり後ろに補助座席の付いたフェアレディZ2+2
とGTRと同じDOHCエンジンを搭載したフェアレディZ432
がリストアップされていました。ま、百聞は一見に如かず
でまずは見学あるのみです。
DSCN3535-1.jpg
建物に入る前からして、すでに他を圧する威容を漂わせ
つつ、かつての大英帝国のオクルマのシンボルである
ロールスロイス・シルバーシャドウのお出迎えです。我ら
同釜4人のうちアオリイカ3人衆がさっそく記念撮影です。
DSC_3866-1.jpg
余談ながら、シルバーシャドウが発売されたのは昭和40
年(1965年)で、タバコ屋がまだ中学生の頃でしたので
知る由もなかったのですが、後日今出川時代にオクル
マに興味を持って以降はプレステージサルーンとして
世界で最も気品と格調のあるデザインだと思うようにな
りました。
ゴースト12-1
ちなみにその後継車種であるゴーストはプレステージカ
ーのカテゴリーにおいてタバコ屋が世界で最もお気に入
りのデザインです。乗ることは一生ないでしょうけど・・・。
DSCN3537-1.jpg
気のはやる一行は横のリンカーンには目もくれず、正面
エントランスからそそくさと入館したのでしたが、さて膨大
なコレクションをどのように見学するか、修学旅行ではな
いので、別に打ち合わせた訳ではありませんがタバコ屋
なりに一定のテーマは携えて来ました。そのテーマとは
我ら同釜が今出川時代に親しんだオクルマ」を見学す
ることでした。

タバコ屋の定義によれば、戦前から敗戦直後(昭和30年
年代前半まで)のオクルマをクラシックカー(ビンテージカ
ー)と呼び、昭和30年代後半から40年代及び50年代にか
けてのオクルマをネオクラシックカー旧車)と呼びます。

今回、「今出川時代」と言うことはNIPPONのオクルマ産
業が最も輝き熱病にうなされた如く成長、発展した昭和
40年代のオクルマ達を見たいという下心がありました。
DSCN3559.jpg
博物館側では粋な計らいをしていて、昭和30年から40
年にかけて日本のライフスタイルをイメージする展示ブ
ースをしつらえていました。そうなんです、こういうイメー
ジのもとでボクらは育ったんです。
梅ちゃん先生16-1
つつましくも向上心に燃え、3種の神器(じんぎ)と言われ
た、白黒TV、冷蔵庫、洗濯機を購入するという夢に憧れ
た時代でした。昭和40年代になるとその夢は更にエスカ
レートし3C即ちカラーTV、クーラー、マイカーへと高度化
していきました。我々同釜4人はまさにそのうなぎ上りの
狂気の時代に青春時代を過ごした訳です。
B29空襲4-1
さて太平洋戦争の敗戦によりアメリカによって完膚なき
までに叩きのめされたNIPPONのヒコーキ産業ですが、
敗戦後行き場のなくなったそのヒコーキ産業の若きエン
ジニア達は活路をオクルマ産業に求めました。その萌
芽となったのは昭和20年代に試みられた数々の国産車
開発でした。お目当ての狂気の時代(昭和40年代)のオ
クルマを見る前に、それまでの時代のオクルマを見学す
ることに致します。
DSCN3569.jpg
まずは昭和30年(1955年)発売のフライングフェザー号
です。メーカーは何と現在ではカーペット製造の大手で
あるスミノエ織物の子会社であった住江製作所製で、
日産自動車出身の富谷専務が中心となって開発されま
した。当時の国産小型セダンと言えばダットサンでした
が、それよりも更に小型軽量のオクルマを企画開発し
発売したものの、前輪ブレーキを省略する等の超合理
化!や、簡素すぎる装備・デザインにより評判が悪く、
わずか50台足らずの生産で中止されたようです。

ただタバコ屋は世間の評判とは全く逆で、このオクルマ
を実用軽自動車としてではなくスポーツカーとして見た
場合、タイヤはまるでバイクのように超大径で、ボディは
超軽量(400kg!)、まるでイギリスのライトウエイトスポ
ーツカーの趣があり、前輪ブレーキがない等は論外と言
うか笑ってしまうものの、造形も斬新かつ個性的でむしろ
GOODデザインだと思うんです。
オースチン・ヒーレースプライト6
愛嬌のあるヘッドライトなんかオースチン・ヒーレー・スプ
ライトを彷彿とさせるじゃないですか。
DSCN3570.jpg
リアデザインにしても、初代フェアレディZで松尾良彦氏
が試みたコーダトロンカ(リアエンドをスパッと切ったデザ
イン)が採用されていて、なかなかモダンで渋いです。

本日の見学評価の目安としてフライング・フェザー号に
は「アッパレ!」印を差し上げたいと思います。以下、
関口宏さんのサンデーモーニングのパクリにて、タバコ
屋のお気に入りには「アッパレ!」、気に入らないものに
は「喝(かつ)!」を差し上げたいと思います。
DSCN3574.jpg
続いて、コニー・グッピーです。このオクルマはかつて存
在した愛知機械工業が、昭和36年(1961年)に発売した
軽商用自動車(ピックアップトラック)なんですが、今とな
っては笑ってしまうほどつつましいスペックで、排気量は
何と200ccの空冷エンジン、車両重量は290kgとメチャ軽
く、しかも4輪独立懸架を備えたユニークなものでした。

さてこのオクルマの評価ですが、商業的にはデザインが
ダサく、性能もメカがユニークな割にはパッとせず、失敗
作としてやがて生産中止となりました。したがって「喝!」
印を差し上げたいと思います。
ヂャイアント号1
実はこのオクルマにまつわるオハナシが2つ程あるんで
す。一つは昭和20年代の新興メーカーだった愛知機械
は「ヂャイアント号」というトラックを製造していて、島の
タバコ屋の先代はゴフク屋でありながら島で最初のバス
事業を試みるにあたり、その運行車両としてコンパクトな
「ヂャイアント号」をバスに改造し、ろくな道とてない島の
デコボコ道を果敢に走らせたのでした。
IMG_0048-1.jpg
しかし道路整備に金はかかるは、しょっちゅう故障で走る
よりピットに居座る時間の方が長いはではショウバイに
はならず、結果大赤字となり、悪戦苦闘した訳でしたが
昭和28年の開業5年後の昭和32年に旧中島町がバス
事業を丸ごと引き受け町営バスとなり、それにより先代
は危機を脱したのでした。

タバコ屋は当時4~5才だったのですが、ガソリンの懐か
しい匂いと、子供なりに大きなオクルマだったのを鮮明
に覚えていますが実際は現在のミニバン程度の大きさ
で乗車定員も10人程度だったのではないでしょうか。
ダットサンベビー1
もう一つのオハナシはその後、愛知機械工業はうまくい
かなくなり昭和40年(1965年)頃より日産自動車と業務
提携するに至ったのですが、昭和45年頃(1970年頃)
その日産が神奈川県の遊園地「こどもの国」の遊戯車
用にダットサン・ベビイという可愛いオクルマをコニー・
グッピーのパーツを使って開発し100台程製造したので
したが、何とそのデザインには初代フェアレディZの主な
デザインスタッフだった松尾良彦氏が入社前の職場体
験時に関わったそうで、知る人ぞ知る意外な裏話ですよ
ね。

愛知機械工業は結局、昭和45年(1970年)日産自動車
に吸収され日産の子会社となったのですが、生産面で
はエンジン、トランスミッション等一部の精密部品の製
造に特化しまた販売面では日産・コニーから日産・チェ
リーを経て現在のレッドステージ店系列に吸収されまし
た。

ビックリ・ポンながら、愛知機械工業の技術力は相当優
秀で、現行ZやGTRのトランスミッションを始めミツビシ・
ランエボⅧのマニュアルミッションは愛知機械製だと言い
ますから大したものだと思います。元「故障だらけのヂャ
イアント号」の末裔?として誇らしく思います。
コニーフランシス1-1
脱線ついでの余談ながら、コニーと言えば我ら団塊の
端っこの世代で思い出されるのは、コニー・フランシス
ですよね。戦後のオールディーズと呼ばれるアメリカン
ポップスの代表的な歌手としてその甘ったるくも伸びの
ある歌声で世界中を魅了しました。
コニーフランシス3
代表曲は「大人になりたい」「ボーイハント」「夢のデイト」
「ヴァケイション」など多く、日本では弘田美枝子や伊東
ゆかり等がその日本版を歌いこれまた大活躍しました。

コニー・フランシスはその歌もさることながら、イタリア系
のオカラダもよくご成長され、上半身のある部分などは
重いほどたわわに実っており、吸引?は望めないまでも
せめて両手で支えてあげたいほどです。
DSCN3585.jpg
さて続いてダイハツ・初代ミゼットです。昭和32年(1957
年)発売のこのオクルマは通称「バーハンドルミゼット」と
呼ばれます。特徴は単座(座席が一つ)でバーハンドル
という最低限の仕様で、屋根と背面は幌であり、ドアも付
いていませんでした。エンジンは空冷2ストローク単気筒
249 ccで最高出力は8馬力!、最高速度60 km/h、燃
費は驚異的で28km/L、最大積載量は300 kgで車両総
重量は306 kgという超軽量でした。

タバコ屋が7才の時に発売されたシロモノであり、奇しく
もヂャイアント号が中島町営バスに移管された年です。
映画3丁目の夕日を彷彿とさせるノスタルジックな造形
で、ほのぼのとしたジドーシャの黎明期を感じさせます
よね。
さてこのオクルマの評価ですが、プリミティブなメカと造
形ながらシンプルで無駄がなくまた可愛さを感じるデザ
インにて「アッパレ」印を差し上げたいと思います。
カラーリングなんか黄色とグリーンの2トーンカラーに塗
り分けられていてまるでロータスのようでもあり、なかな
かオシャレじゃないですか。
DSCN3583.jpg
初代ミゼットに続きわずか2年後の昭和34年(1959年)に
発売された2代目ミゼットは通称「丸ハンドルミゼット」と呼
ばれるものです。特徴は嘴の形状を連想させるノーズ部
分とジドーシャらしく一体化されたキャビンで、先代と異な
り随分スタイリッシュになりました。仕様はエンジンが空
冷2ストロークながら305ccにボアアップされ、扱いやすく
なり、また最大積載量は350 kgで車両総重量は重くはな
ったものの僅か415 kgでした。各部が随分リファイン近代
化されたこの2代目ミゼットは「NIPPONの元祖軽トラック」
と言えるのではないでしょうか。
評価としては初代からわずか2年で大進化を果たしたそ
の努力に対し「アッパレ」印を差し上げたいと思います。
DSCN9656.jpg
タバコ屋の島でも親戚のオクルマ好きのおじさんがいて
このライトグリーン?色のミゼットを買って農作業に使っ
ていました。そのおじさんには悪ガキの弟がいて中学生
のくせにその虎の子のオクルマを無免許で乗り回してい
ました。2人乗りでしたので小学生のタバコ屋はチャッカ
リ横に乗せて貰ったセピア色に褪せた楽しい思い出が
あります。これを学術用語で「小判ザメ商法」と申します。
紫電改引き上げ1
余談ながら、そのおじさんと言うのはキカイ好きが高じ
てお百姓をやめて民間ヒコーキのパイロットになりまし
た。しかし悲しいことに宇和島沖の海中で「紫電改」が
見つかりその引き上げ作業をセスナで取材中に墜落死
してしまったのです。
F1マクラーレンホンダMP4・4-16
時は過ぎ、その息子さんは最初上記のダイハツに入社
してエンジン研究室にいましたが一念発起、HONDAに
途中入社、HONDA-F1チームの一員として当時F1界を
席捲したアイルトン・セナのサポートをしていたそうです。
バブルの終焉と共に昭和の時代が終わりつつあった頃
の懐かしいお話ですが、彼は今頃どうしているんだろう。

さて昭和30年代はこのくらいにして早く昭和40年代のオ
クルマを見たいのですが、脱線しまくりで紙数が尽きて
しまったようです。今回はこのくらいで終わりとし、次回
また40年代のオクルマをご一緒に見ていくことに致しま
しょう。お楽しみに。
(尚、文中ダイハツ初代及び2代目ミゼットの解説につい
ては一部ウィキペディアより引用させて頂きました)

コメント

No title

ちわっ!
コニーというメーカーはほとんど知らない名前ですが、頑張っていたんですね。
DATSUN BABY はマツダのキャロルに似ていると感じるんですが参考した車なんでしょうか?
そのあとのミゼットからはほぼ記憶の中にあります。 バーハンドルにセンターにある座席に座って運転というのはオートバイの延長のようで、今から思う地非常にユニークであり、現代に車に流用して両サイドに座席を配して両手に花でドライブというコンセプトなんてのも面白くて良いんじゃないでしょうか。
たったの40~50年で劇的な進化を遂げている自働車ですが、そろそろ進化をやめて人間が車を動かす方向に動いて欲しいと思うけど、現実は自動運転に向かっているので、自動車文化はそろそろ終焉で、現代の車は皆博物館行きの運命でしょうか。

No title

こんにちはチャンタクロースさん。今回の日本自動車博物館見学の前置き、モーゼとか訳の分からないおっさんが出てきたりして、メチャ長くないですか?。本文に入る前にすでにバテているかも?。なるほど、イギリス、ドイツ、スペイン、ポルトガルなど、大航海時代に他国を武力で勝手に植民地化して貴重な絵画、宝物など、ドロボーして自国に持ち帰り抜け抜けと美術館に展示しているなど、チャンタクロースさんの言う通り悪者(悪国)ですよね。兵庫県警の管轄であれば不肖本官が徹底的に懲らしめるのですが、政治絡みの国際捜査に付きそうもいきません。
 
自動車博物館で老人会4人組のちん?道中楽しいですね!。昭和30~40年代のライフスタイルを展示の写真いいね!。ノスタルジック・・・自分の少年時代そのものです。懐かしく思い出します。展示車も私が知らない車がほとんどで、知っているのは「ミゼット」くらいです。テレビCMで大村昆さんが「ミゼット、ミゼット」とやっていたのを思い出します。30年代に走ってましたね。また「サンデーモーニング」の「アッパレ」「喝(かつ)」のパクリいいですね!
 
愛知機械は今では部品メーカーだそうですが凄い技術を持っているのですね!。脱線版の「コニー・フランシス」さん、私は知りませんでしたが「ナイスバディー」です。チャンタクロースさんは「豹柄」を着ているコニーさんの上半身の「お乳」が非常に気になっているのですね!。彼女の歌よりも「ナイスバディ」の方がが気になりますね。チャンタクロースさんと同感です。私も下から支えて「モンダミン!?」したいです。
 
今回珍しい戦後の国産車、写真入りで、デザイン、諸元などの説明がありなかなか読み応えありました。しかし昔の車は本当に「エコカー」だったのですね。後編も楽しみにしてます。
神戸のギ~です、なめたらいかんぜよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

★★島のタバコ屋の独り言★★
【4月10日:ああ創業100年】    島のタバコ屋は先々代が呉服屋を創業以来3代目となり、その間戦後間もない頃には島のバス運営事業を試みる等様々な営みを経て今日に至っています。皆さんよくご存知のNIKONも創業100年なんですが、比較にはならないものの同じ時代を生きてきた訳です。かつてオハイオのメアリーズビルで活躍する夢を抱いたこともあった青年も年を取りました。さて今後の100年をどのように生きて地域のお役に立っていくか、タバコ屋にとっては後継者である倅への「死に土産」としてそのコンセプトを確立しておく必要があると考えています。しかし倅にとっては年寄りの余計なおせっかいに写るかも知れませんよね。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる