FC2ブログ

京都・静岡巡礼 vol.3:予期せぬ別れ

平成25年6月27日
今回の静岡詣での帰りに同行の元校長先生のご自宅が
ある京都・宇治に立ち寄ったことはすでに述べました。
IMG_2336-1.jpg
短時間でしたが奥様の暖かいおもてなしも受け、リビング
でやや寛いでまわりのキャビネットを見たとたんビックリ仰
天しました。経済評論家でおなじみの森永卓郎さんがミニ
カーのコレクターであることは知る人ぞ知ることですが、
それに負けないくらいのミニカー(それも鉄道模型とかで
なくジドウシャばっかり)が壁面キャビネットにずらりと並
んでいました。
金額もさることながらこれだけ集めるには相当の時間と
エネルギーを要したと思われるのですが、いくら掛かった
のかお聞きするのもはしたないと思い伏せたものの、奥
様が言われるには言っても聞かないので諦めています・・。
とのことで、このセリフってTV「お宝鑑定団」でよく耳にす
る同じセリフじゃないかと思い、ということは、ホンモノが
数台は買える額じゃないかと・・・。
ガレージに鎮座する2台の戦闘機もハンパではないでしょ
うから合計額にするとウーン、家がもう一軒建つほどでは
なかろうかとおいしいコーヒーとフルーツを頂きながら、
元兵庫県警の同期生ギーちゃんのように考え込んでしま
いました。
IMG_0897.jpg
もう静岡詣での時に石坂浩二さん風のお顔をバラしてし
まったので、お許し頂けると思うのですが、彼の愛車で
ある現代の零戦ランサーエボリューションターボとやや
年食った零戦乗りです。
タバコ屋はおしりに羽根を生やすまでの度胸はありませ
んが、このヒコーキはフルチューンにて推定400馬力近
くは出ており、やはりヒコーキ用の羽根が必要なのだと
思います。
(関連記事:零戦の末裔参照願います)
ミニカーコレクションのことです。アタマのいい彼らしく、
ミニカーのジャンルごとに分かれており、拝見する方と
しては非常に見やすく整然としていました。またフツー
のオクルマ群と特殊車両群(いわゆるラリーカーやレー
シングカー)が別々のキャビネットに整理されておりその
特殊車両だけでも相当な数でした。
平尾ギャラン2
突然で恐縮ですが彼が某ナイトラリーで優勝した時の写
真です。彼は学生時代よりミツビシの熱烈な信奉者でミ
ツビシ京都地区PTA会長を自他共に認める入れ込みよ
うなのですが、そのミツビシラリー車をはじめニッサン等
のラリー車を中心にコレクションされていました。
DSC_0037-1.jpg
どうも数年前の東京モーターショーで思い出の写真展と
いう企画があったらしく、その優勝時の写真を彼が満足
げに指差しています。
蛇足ながら、お召しになっているジャケットは当然ですが
ミツビシワークス御用達、ラリーアートデザインのものと
思われます。
98dakar[1-1]
話は飛びますが、ミツビシはランサーエボリューションを
擁してWRCに参戦し平成10年には悲願の世界チャンピ
オンとなるのですが、ミツビシのイメージとしては、WRC
よりもパジェロでのパリ・ダカールラリーへの挑戦と昭和
60年(1985年)以降10数回に及ぶ優勝また日本人ドライ
バー篠塚、増岡選手たちの活躍のイメージが強いと思い
ます。
story3_03_2[1]
これは平成15年(2003年)パリダカで2年連続優勝を遂げ
た増岡選手の力走ですが、並み居る世界の強豪を相手
によくやったと驚嘆します。やはりかつて零戦を生み出し
たメーカーは伊達ではありません。
(関連記事:復刻と改造参照願います)
MiEV Evolution II-1
SUBARU等他の日本メーカー同様、リーマンショックの後
はモータースポーツ活動を控えていたミツビシですが、昨
今は舞台を換え、今度はアメリカのパイクスピーク・ヒル
クライムに電気自動車レーサーで再び増岡選手が挑みつ
つあります。挑戦2年目にして今年はEV部門はもとより、
総合優勝するんじゃないかという予想も出るくらいのスゴ
イ性能らしいです。もうかつての庭先をつつましく走る程
度のEVとは次元の違う進化を遂げつつあります。
長時間走るには電池の充電量に問題があり、やはりハイ
ブリッドが優れているのですが、単純にパワーだけだと圧
倒的に電気モーターの方がパワフルなのです。
p11[1-1]
しかし我々世代としては写真のパジェロが連戦連勝を重
ねたパリダカの方がなじみ深いのは年のせいなのか、
ミツビシPTA会長の元校長先生に本音を聞いてみたいと
ころです。
DSC_0674-2.jpg
そのようなことをぼんやり考えているうちに、日はすっかり
傾きタバコ屋は大阪からフェリーに乗らねばならないので、
至福の時を過ごしつつも別れの時間が近づいてきました。
IMG_2929-1.jpg
奥様にお別れの挨拶をしている時、彼がキャビネットの
中から何やらゴソゴソ取り出してきて、これ君にあげるわ
と言うのです。見るなり腰を抜かしてしまいました。何と
それは忘れもしない昭和46年(1971年)、NISSANワーク
スがエドガー・ハーマンを擁してサファリラリー総合優勝
を勝ち取ったカーNO.11のワークスカーズバリの精巧な
メタル製ミニチュアモデルでした。またタバコ屋が4年を
要してレストアを敢行したDATSUN 240Zそのものでもあ
りました。
IMG_2932.jpg
コクピットやリアのスペアタイヤ搭載状況などホンモノそっ
くりに作られていて、全長が20cm以上もあったのでかな
り高価なものであると思われ、頂く訳にはいかず固辞しま
したが、元校長先生曰く「今回はレストア成った240Zに静
岡で一緒に試乗することも出来、帰りのロングツーリング
も一緒に出来たんだから、その思い出にどうしても取って
おけ」と言い張るのです。タバコ屋は予期せぬ別れ際の
ビッグサプライズにどぎまぎするばかりでしたが、奥様も
少しは家の中の粗大〇〇を持って帰って下さいなと意外
なことを仰るものでしたから、お二人の意味の異なる?
ご好意にあえて甘えることにしました。

後ろ髪を引かれながらも現代の零戦のご先導により2台
とも周りのお家にひけめを感じるようなエキゾーストノート
を発しつつ、閑静な宇治のご自宅を後にし、京滋バイパ
スへと向かいました。
その後のことは前回申し上げたとおりで、フェリーの中で
の少量の日本酒にクラクラ酔っ払ってしまった理由の一
つも賢明な読者諸氏にはこれでお分かり頂けたと思うの
です。

それにしても、かつての零戦の末裔として、世界を相手に
果敢に戦ったこの3車が一緒の写真に収まることはもう
二度とないかも知れず、若干の感傷を覚えたタバコ屋で
はありました。


コメント

No title

こんばんわ!
何という偶然でしょうか、実は私も少しだけ(7個)ミニカー(プラスチックのモデルで10cmほどですが)を購入して埃をかぶっているのがあって、その中にサファリZ(同じゼッケン11番で詳細も全て同じ)があったので、レストア記念にチャンさんにプレゼントしようかと考えていたところでした。
タイヤとかをみるとやはり精巧さはかないませんね。
もし、もう一つ手元においてもよければ差し上げます。
私は555subaruが3台に、アルピーヌA110、セリカ、ランエボがありました。
今は自分が乗っていた車をミニチュアで揃えたいなと思っています。
subaru ff-1がオークションに出ているので何とか落札できないかと目論んでいるところです。
(まさか 1300Gが出て来ることはないでしょうし)

平尾さんもすごいですねー!! 

Re:夢見た時代

拝復、京都・静岡巡礼番外編をお読み頂き、有難うございます。
上山青年も秘かに平尾と同じことを考えておられたとは・・・。偶然と言うか何と言うか、四面楚歌のタバコ屋にしてみれば涙が出るくらい嬉しいコトです、涙もろいタバコ屋はすでにウルウル来ています。

平尾から頂いたから言うのではありません。そのモデルは上山エンジニアにとっては青春の熱き思い出、夢見た時代の記念碑でもあるのですから、お手許に置いておくべきものです。平尾の時も固辞しましたが、奥様も別の意味でやたらとお持ち帰りを勧めるし?、ここだけの話ですがどうやら平尾も別物をもう一つ持っているらしいのです。(残念ながら未確認)
上山エンジニアのミニチュアカーコレクション内容をお聞きしますと、実車のご遍歴にたがわずマニアックでありかつスバリーな方であるのがよくわかります。FF1は是非手に入れて下さい。悔いが残らないように。

平尾も好き者ですがあそこまでとは知りませんでした。子供相手に動くおもちゃの全国大会の指導を性懲りもなくやっており、要するに動くものなら何にでも食らいつくというダボハゼ性格+子供の心を失わないオジサンな訳でして、煽られるタバコ屋もたまったものではありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

★★島のタバコ屋の独り言★★
【7月31日:ああ創業100年】 島のタバコ屋、即ち富永呉服店が創業100年を迎えたことは先般お伝えした通りですが、皆さんよくご存知の世界的宇宙物理学者、故ホーキング博士によれば、100年なんて宇宙的時間軸で言えば、一瞬のまばたきに過ぎない訳で「島でのことも夢のまた夢」ということになりましょう。それはともかく4才の頃から道端の草にも「コンニチハ」なんて愛想を振り撒いて来たタバコ屋にしてみれば「店は客のためにある!」以上、未来永劫、店の続く限りそのテーゼを実践し続けるしかないのです。京都で300年続く老舗料亭、老舗呉服問屋もその志があったのかどうか、お聞きしたことはありませんが、当らずとも遠からじではないでしょうか。
◆◆島のタバコ屋メニュー◆◆
メニューの見方について
各カテゴリー別に最新記事10件が表示されます。10件以上の場合は最下行のホーム右の矢印で次のページをご覧頂けます。
記事の見方について
島のタバコ屋手帳のタイトルをクリックすると最新記事10件が表示されます。また個々の記事のタイトルをクリックするとその記事と投稿コメントが表示されます。
最新記事(30件)
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる